【施工環境】札幌でのコーティング施工は温水の洗浄が常識

温水による洗浄

ガラスコーティングは気温16度以下では加水分解、脱水縮合(固まりません)が出来ません。

 

冬季間、冷え切ったボディーを冷水で洗車するという事は、更に塗装面を冷やすことになります。

なので札幌でのコーティングでは温水での洗車及び洗浄が必要不可欠となります。

また、塗装面の油分除去(脱脂)も冷水では芳しくないです。

 

これは奥様が揚げ物を作った後の洗浄を考えればよくわかるかと思います。

 

2019/3 追記

 

先日、他コーティング店へコーティングお問い合わせの際に温水の洗浄を行っているか質問をされ「温水はゴムパッキンが劣化するから冷水で洗う」と答えを頂き、疑問を持って当店へ質問された方がいらっしゃいました。

 

確かに熱はゴム類を劣化させます。エンジンルームなどの高熱を発する部分でも10年も経てば硬くなりますが、表面にひびが入ってきても油脂類が漏れてくる車は見たことがありません。20~30年では可能性はあるかもしれませんが‥

 

私の前職では営業系で月5,000㎞超走行を行い、車検時に18万㎞、4~5年で24~5万㎞ほどまで乗りました。熱にさらされるのはほぼ毎日ですが、過酷なエンジンルーム内でもゴムの触り心地は特に問題は無かったと思います。重要部品です。

 

熱に晒されればゴム類は確かに劣化はしますが、それは常用温度(夏の日差しや氷点下)でも当然の様に劣化はして行きます。

 

例えば炎天下の濃色車のボンネットでは目玉焼きが焼けるぐらい熱くなります。

 

その温度では多分、素手では車体を触れないでしょうね。

 

しかし熱による劣化のより紫外線の方が痛みの方が深刻と思います。

 

 

確かに熱はゴムを劣化させるかもしれませんが誇大表現のし過ぎです。

 

結論として、温水が無いためゴムが傷むと安直な表現をされたのではないでしょうか。

 

 

 

誇大表現の一例

 

〇塗装面に指紋を付けないで!

 

説明 塗装面へ指紋を付けると皮脂によりクリアー層表面に油分が固着。油分は熱吸収率が高く、そのままではクリアー層を熱による変化を招きます。

 

もっともらしく聞こえますね。

 

でもね、塗装ってこんな程度では変化は招きません。

 

温水でゴムパッキンが劣化するって、こんな程度なのですよ。

 

コーティング業界、いったいどうしちゃったんでしょう?

 

低レベル化と極端で誇大的な説明すぎますね。

 

合わせてお読み下さい「コーティング施工の大事な事」