日産 シルフィー F-coat

昨年12月にEXEコーティング施工した日産シルフィー。

 

除雪費用削減の影響で輸入塩化カルシウムを道路にまかれ、コーティングに悪影響を及ぼした冬期間も終わり、メンテナンスでの入庫です。

 

画像がほとんど撮れませんでしたが、EXEの撥水が滑水状態になっていました。

EXEはポリシラザンを主成分としていますので、機能層の低下=機能層が塩カルに対して頑張ってくれてあとわずかですが働いている。

そんな感じでした。

 

鉄粉除去は専用ケミカルを使い反応を見て、溶かしてしまします。

機能層が頑張ってくれたのか?

それとも通勤している道路状態が良いのか?

それともお手入れか??

多分、どちらもだと思いますが、ひと冬越した割には鉄粉は皆無でした。

 

画像が無くてすみません

マスキングをし、ポリッシャーでF-cortを施工。

ツヤ復活です。

 

 

シャッターを開けて外光を入れてみると

 

これぞEXEて感じのツヤです。