【新車トラブル】スバル・インプレッサ STI SpecC 

 

走行距離180kmのインプレッサ

コーティングのための下地処理を行います。

ホイールはやや鉄粉の反応が見られました。

 

たっぷりの泡で洗車

 

鉄粉の反応を見るため専用液剤を噴霧

 

全体的に鉄粉が付着しておりました。

 

磨きのため、弱い部分にマスキングを行います。

今回のミガキは軽度なため簡素にしてあります。

 

納車されて間もないお車に何故?ミガキが必要か??

 

それはこのようなケースがあるからです。

お解りでしょうか?

ゆらゆらとした痕、いわゆるオーロラです。

工場ラインかディーラーさんで汚れかキズを除去するために部分的に研磨をした痕です。

 

運転席のオーロラ

 

運転席ドアハンドルの上のオーロラ

 

右後ろドア

 

 

 

 

 

 

給油口

 

トランクのすり傷

 

左助手席

 

 

 

左後ろ

一番深かったバフ傷

光の関係で一部分しか見えてませんが連続した巻き傷です。

 

この様にして下地処理を行いますが、新車でも何故磨くのかわかるかと思います。

特に濃色車は、コーティング前には必要と思います。

 

コーティング編へ

 

 

—カルミガキとは—

ヘアースクラッチや水垢、保護シートの糊痕などを取除き、
軽い下地を作った後にコーティングを行います。

 

ミガキ名称「カルミガキ」はカービューティープロHARADA様よりお借りしてます。

 

 

次回はコーティング編です。

 

 ←励みになりますので1日1クリック、よろしくお願いします♪

 


※※2013年 東京モーターショー 展示車施工協力店※※

カービューティープロ 札幌ドーム前

近江谷貴男

(PRO NO 2287)

〒 062-0051
札幌市豊平区月寒東1条17丁目4番29号
011-799-0865

ホームページ

twitter

※ホームページ,ブログの更新を発表します。

facebook

※店舗状況、ブログの更新を発表します。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)