【プレミアム】完全2層式ガラスコーティング「SPGコート」お好みに合わせ撥水タイプと低撥水タイプがご選択できます。

 完全2層式 ・ボディーガラスコーティング「SPGコート」

これまでにない質感と安心の被膜、こだわりを持ちたい方には是非ともオススメなコーティングです。

 

ディーラー施工では経験できない仕上がり、そして洗車手軽さ、これまでの悩みは全て解決できるでしょう。

 

既存の液剤で成り立つ仕上げ方法ではこの理論、到達できるものではありません。過酷な利用条件で晒し、検証した結果得られた結論。そこに偽りはございません。どんなコーティング剤なのか、ここは企業秘密。ですが、仕上がりはご満足いただけます。

 

ベースコートは耐薬品性に優れ、塗装の分子のすき間に作用し強固に化学結合します。トップコートには対擦り傷性に優れ光沢を演出する弾力性ガラス被膜。

 

異なる効果を持つ完全2層式皮膜を強力に結合させることによってお車をがっちりガードします。

 

お好みに合わせ撥水タイプと低撥水タイプがご選択できます。

サポート期間 5年

SPG Coatの特徴

これまでのガラスコーティングで感じた被膜よりも厚い被膜

幾度の雨でも固着するほどのシミが残らない(超撥水パターンで得られた結果)

撥水が低下したと思われても、メンテナンス洗車で撥水状態は回復

施工後1年経過しても初期状態とほぼ変わらぬ撥水力(屋外保管の車両で実験)

適切な洗車を繰り返しても、目立つ洗車キズは入らない、又は自己修復して回復

お好みに合わせて撥水タイプと低撥水タイプがご選択できます。

これまでご提案しにくかった超撥水も自信を持ってご紹介いたします。

 

コーティングのTOPコートについて

一般的な多層コート

ベースコートにガラスコーティング、トップコートにシリコン系やポリマー系(中にはWAXと信じられない施工法)を使用されているものがほとんどです。これはガラスコーティングの弱い部分を補うためとしての工夫や紫外線対策ですが、単純に2層と言っても何を使われているかで判断された方が良いと思います。

硬化するか硬化しないか?

見分け方は容器です。硬化する物はビン及び缶に入れられ空気や湿度に触れないように対策されております。

一方、硬化しないものはプラスティック容器に入れられており、微細なガラス成分を入れられている事から「ガラスコーティング」を名乗るものも存在します。当然耐久力も劣ります。本来はガラス被膜(ベース層)を保護させたり水流れを調整するための物ですが誇大広告が多いので注意が必要です。

 

SPGコートで使用されるTOPコート(B剤 C剤)

単体でも施工できるガラスコーティング剤になり、膜厚の向上、水流れ、対擦り傷、対紫外線、耐薬品性、防汚性能を向上するために施工されます。

 

選べるタイプ

SPG Cort Type-S(低撥水)

完全2層式ガラスコーティング「SPG Cort Type-T(低撥水タイプ)」に+α被膜を追加することで光沢と撥水力を増加します。

●3層式ガラスコーティング(2層ガラス+ポリマー系トップコート)
●セルフクリーニング効果で汚れにくい

 

SPG Cort Type-H(超撥水)

A剤を塗装側へのバインダーとして使い、B剤を塗布。

 

A剤は被膜の硬さを長所として塗装分子のすき間にしっかり密着しA剤によりレベリングが上がった状態でB剤を塗布。

 

B剤はA剤と密着が高まり、さらにレベリングが向上。

 

これまでにないツヤ感とB剤本来の超撥水を最大限発揮し塗装を保護します。

 

さらにB剤の柔軟な被膜が洗車キズからも守ります。

●完全2層式ガラスコーティング
●コーティングのビジュアル(水玉コロコロ)を好む方へ
●洗車を良くされる方へ

SPG Cort Type-T(低撥水)

※この筋状に流れをコントロールする事で塗装面の汚れも流して行きますので最低限の汚れで済みます。

 

A剤を塗装側へのバインダーとして、C剤を塗布。

 

A剤は被膜の硬さを長所として塗装分子のすき間にしっかり密着しA剤によりレベリングが上がった状態でC剤を塗布。

 

C剤はA剤と密着が高まり、さらにレベリングが向上。

 

これまでにないツヤ感とC剤本来の低撥水を最大限発揮し塗装を保護します。

 

さらにC剤の柔軟な被膜が洗車キズからも守ります。ヌルッとした手応えのある被膜感が特徴的!

●完全2層式ガラスコーティング
●屋外駐車の方へ
●セルフクリーニング効果で汚れにくい

 

SPGコート 施工例

カービューティープロ 札幌ドーム前の解説

西東京市のカービューティープロ 115様考案の新しいコーティングシステムSPGコート。

超撥水・低撥水をご選択できますので、駐車環境、保管環境、洗車状況によってセレクトが可能

 

SPGコートはベース、TOPコート共に性質の違うガラスコーティングを使用しております。ベースとして使用されるA剤は被膜の硬さを長所として塗装分子のすき間にしっかり密着、トップコートとして使われるB、C剤は柔軟な被膜が洗車キズからも守ります。