スバル・レガシーB4 バフ傷 PROMAX EXEコーティング 

表題のとおりバフ傷・オーロラ多数で入庫されたレガシーB4、、新車登録半年目のお車。

スバルのフラッグシップ車両に相応しくないバフ傷、オーロラ、コンパウンドのカス多数
でも、お任せください。新車以上に磨き上げますよ!

 

と言ってもむやみやたらに膜厚を落としてしまう無粋な真似は致しません。

※お車はすでに出庫しております。

詳しくはこちらをご覧ください。当店の考え方です。

スバル・レガシーB4(クリスタルブラック・シリカ)

PROMAX EXEコーティング

—下地処理—

研磨:ハードポリッシュ

ディティール洗浄:PROコース


首位陥落(涙)

と言う事で、励みになりますので宜しければ1日1クリック、お願いします ♪♪♪

にほんブログ村 車ブログ 車 洗車・コーティングへ


まず、屋外でのチェックをご覧下さい。

 

こちらからは磨き傷になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

これだけ見えると言う事は深いと言う事です。

 

 

下記はコンパウンドの痕ですね。

マスキングを行わないで磨いたようです。

 

当店は何度もうるさく言っているにはこの様な事があるからです。

 

 

研磨の為の保護「マスキング」は最低でもこれぐらいは必要です

マスキングは磨き過ぎてしまうプレスラインを確実に保護

また、ヘッドライト部分にもバフを当てないようにする為しっかり養生。

今回は大丈夫でも、数年後の事を考えてます。

 

 

注意点

ワイパー部分を確実に養生を行い、液剤が飛び散っても汚れないようにする。

※使用するものはビニールにマスキングテープが付いている「マスカー」になります。

※高級車を扱う板金屋さん曰く「新聞紙で保護するのは擦れて微細な傷が発生する」ので大変好ましいと評価を頂いております。

 

 

今回はボンネットの端までバフ傷が入り込んでいるため、特殊な方法で保護してます。

 

 

 

 

 

マスキングの必要性

〇パネルのエッジやプレスラインなど、塗装の薄い部分や弱い部分の塗装を剥がさない為。
〇パネルのエッジやプレスラインなど、塗装の薄い部分や弱い部分の塗装を更に薄くしない為。
〇樹脂やゴム部分の保護
〇すき間にコンパウンドの粉を入れないようにする。

〇ヘッドライトのハードコートを守り劣化の原因を作らない。

※ボンネットやドアにプレスラインが多いので、磨きすぎて薄くなり過ぎないようにする目的もあります。

宜しかったらこちらもご覧下さい。当店へご入庫いただいたお車で気が付いた点

 

 

以下、ファーストポリッシュに付きクッキリしておりませんがイメージはつかめるかと‥

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

ボンネットはうっすらとオーロラがありましたが‥

写ってない(汗)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

右フロントフェンダー

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

複数の照射角、色温度、光線の強さの違いで傷の深度、および塗装面の状況を見てます。

また外光を遮り、力の強い光源を使う事で初めて塗装面の状態が把握できるのです。

 

近年はエコの関係で徐々にLED化されておりますが、

LEDは明るさはありますが力が少ない(影が出来にくい)ため傷及び塗装面が見えにくく

ショールームなどで車を魅せる場合は傷が見えにくいので良いのですが(傷が見えればだれも買いません)

研磨作業にはあまり向いておらず、当店では使用を差し控えております。

 

力の強い光源を照らすと最低でもこれぐらいは見えます。

見えなけれな当然ながら磨けませんし、研磨レベルの減少を招きます。

 

※照明の悪い状況で研磨されたお車の例

運転席
バフ傷の量が多すぎて曇りが光源に沿って見えますね。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

詳細

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

ドアのプレスラインより上

拡大

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

左クォーターパネル

拡大

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

映り込みも良くなりますよ。

 

右後ドア

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

拡大

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

強い光源ではこれ位ハッキリ見えますし写ります。見えないと中途半端な研磨になってしまいます。

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

左後ドア

拡大

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

助手席

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

バフ傷や曇りが取れハッキリクッキリです。

いわゆる鏡面ですね。

 

 

コンパウンドが入り込んでいた場所はディティール「PROコース」でスッキリしてますよ。

 

 

 

 

 

 

 

コーティングはカービューティープロ最上級のPROMAX EXE

強撥水・艶・耐久性になります。

 

詳しくはこちら

 

 

では、生まれ変わったレガシーB4をご覧ください。

バフ傷の酷かったボンネット側面部

 

 

 

 

 

 

 

※お車はすでに出庫しております。

詳しくはこちらをご覧ください。当店の考え方です。

 

 

スバル・レガシーB4(クリスタルブラック・シリカ)

PROMAX EXEコーティング

—下地処理—

研磨:ハードポリッシュ

ディティール洗浄:PROコース


ご紹介した通り、ボンネットから左右側面にバフ傷、オーロラが多数ありました。

また、コンパウンドのカスは画像が2枚でしたが、実際にはすべてのすき間に入り込み

ルーフのモールも研磨で削れ白くなってました。

 

コンパウンドのカスはディティール洗浄PROコースでほぼ除去できております。

またルーフモールはゴム製の為、ゴム用ガラスコーティング剤にて黒くしっとりとさせましたので目立たないでしょう。

 

この様な状態を見ると、私がうるさく言っているマスキング処理は本当に大事な事と改めて思いますし、

慣れからくる簡素化は今後も決してあり得ないでしょう。

 

バフ傷の方はじっくりと研磨してますので(研磨と言っても研ぐというイメージに近い)スッキリとし

映り込みがハッキリしてますので鏡面研磨です。

 

抜群の光沢のPROMAX EXEにより更なる光沢を纏ったレガシー・B4は、スバルのフラッグシップらしい美しいお車に生まれ変わりました。

お渡しした洗車セットを使って頂くと、よい状態が長続きしますのでぜひご活用ください。

 

 

 

— お手入れ—

 

※最近は粗悪な融雪剤が多量に撒かれてボディーへ固着してしまう事例も確認されております。

その場合はアルカリ成分が含まれたシ ャンプーは全く意味がなしません。

 

○カービューティープロの専用シャンプーはR-012(撥水タイプ)です。

1,620円

 

洗車スポンジは216円で販売しています。

 

徐々に水垢が付着し水ハジキが悪くなってきたり汚れが目立ってきた場合はメンテナンスをお勧めします。

ご自身で施工される場合はセラミックプロ スポーツもしくはメンテナンス剤 R-115、またはR-511 ウォーターアドヴァンスを使ってください。

 

詳しくはこちらをご覧下さい。

撥水タイプのコーティングされている方

 

 

 

——————————————————————

励みになりますので1日1クリック、よろしくお願いします♪

にほんブログ村 車ブログ 車 洗車・コーティングへ

にほんブログ村

—————————————————————–

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

セラミックプロ 9H 認定施工店

2015年 東京モーターショー出品車 施工技術協力店

2014年 札幌モーターショー出品車 施工技術協力店

2013年 東京モーターショー出品車 施工技術協力店  

 

カービューティープロ 札幌ドーム前

〒 062-0051
札幌市豊平区月寒東1条17丁目4番29号

ホームページ
TEL  :011-799-0865

店長ブログ

       

 

——————————————————————————–

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)