Audi・A6 Avant(ミトスブラックM) PROMAX EXEコーティング


Audi・A6 Avant(V6)からのお乗り換えでコーティングでのご入庫でした。

 

以前までのブラックはファントムブラックでしたが、現行はミトスブラックとなったとの事。

車業界に在籍しておりますが多種メーカーについてサッパリ分りませんので、

お客様より詳細を教て頂き、いつも為になります。

 

では専門業としての見解は‥ 

ファントムブラックもミストブラックも研磨としての硬さは同じでした。

参考になりませんね(汗)

 

 —————————-

※お車はすでに出庫しております。

詳しくはこちらをご覧ください。当店の考え方です。


励みになりますので宜しければ1日1クリック、お願いします ♪♪♪ 

にほんブログ村 車ブログ 車 洗車・コーティングへ 


 

お車は納車前にグリルのメッキ部分や樹脂パーツを光沢のあるブラックへ塗装済み

また、窓枠やルーフをマットブラックでラッピングされておりましたので

ブラックアウト化の最終と言う事でエンブレム除去させて頂きました。

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

入庫時はとてもきれいに見えます。

しかし、強い光源を使用すると

 

 

軽度のスクラッチ傷が確認できます。

実はこの状態、お客様も気が付かれておりました。

 

この傷を消す為、下地処理は新車ミガキ LEVEL2としまして、

小傷の除去を行います。

小傷の除去を行うと塗装面が平滑化され、コーティングに頼らない美しいブラックへと変貌いたします。

 

 

ルーフやボンネットに水滴の痕が確認できました。

この様な痕は通常は見えませんので大騒ぎするほどの事ではありませんが、

せっかくコーティングを行うのでしたらスッキリさせてから施工された方が良いと思います。

 

 

では何故にこの様なスケールが付着してしまうのでしょうか?

 

それは下記画像の様に撥水しているからです。

このまま乾燥して残留成分が固着化してしまうのです。

 

でもご安心ください。

この程度のスケールならLEVEL1でも除去できます。

 

 

今回は更にもう一段階研磨‥いや研ぎと言った方がイメージが近いかも知れません。

 

 

 

話は戻りまして作業工程です。

 

 

研磨の為、簡素でありますがマスキングを行い要所を保護

今回はプレスラインの端にスクラッチ傷が確認されましたので、攻めるために変わったマスキングを行いました。

 

まずエンジンルーム内を覆って

 

 

その後、通常どおり

プレスラインは確実に保護、

今回は大丈夫でも数年先の事を考え養生します。

 

 

注意点

ワイパー部分を確実に養生を行い、液剤が飛び散っても汚れないようにする。

※使用するものはビニールにマスキングテープが付いている「マスカー」になります。

※高級車を扱う板金屋さん曰く「新聞紙で保護するのは擦れて微細な傷が発生する」ので大変好ましいと評価を頂いております。

 

マスキングの必要性

○パネルのエッジやプレスラインなど、塗装の薄い部分や弱い部分の塗装を剥がさない為。
○パネルのエッジやプレスラインなど、塗装の薄い部分や弱い部分の塗装を更に薄くしない為。
○樹脂部分の保護
○すき間にコンパウンドの粉を入れないようにする。

※ボンネットやドアにプレスラインが多いので、磨きすぎて薄くなり過ぎないようにする目的もあります。

 宜しかったらこちらもご覧下さい。当店へご入庫いただいたお車で気が付いた点

  

 

 

マスキング処理は当店は非常に重要な位置づけとしております。

これは私が過去に嫌な経験もさることながら、この工程をずさんに行う業者さんが少なくないからです。

   

 

その上で研磨に臨みますが、話を戻して環境を

 

まず、閉め切った環境でチリやホコリが入ってこない事。

余計な外光を施工場所へ入れず強い光線で塗装面を見れる事。

なので屋外での作業、蛍光灯、明かりが差し込む環境は論外です。

 

特に照明は明るいが力が弱いLEDは使わず、強力な光線の特殊光源を使用します。

目が眩みそうですね。

一番大事な照明についてまとめてありますので詳しくは下記をご覧ください。

 

 

ちょっと目立つボンネットの傷

※普通では見えません。

もちろんディーラーさんのLED照明でも見えないと思います。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

他にも微細な傷はありますので処理

 

 

 

ボンネット処理中に付きモヤモヤしてますが最終工程でスッキリさせてます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

コーティングは、前車では新車時、再施工時にて低撥水性のPCX-S7を施工させて頂いておりましたが、

今回はお客様の希望で撥水タイプ・鏡面光沢度102のPROMAX EXE

 

近年のコーティングはシミになりにくいのですが、ならない訳ではありません。

なので濃色車には基本撥水性はお勧めしておりませんが、こちらのお客様なら使いこなして頂けるでしょう。

 

 

このEXEは2液混合式となっており、混ぜてから2時間以内に使い切らなければならず。

施工時にご来店、及び電話があった場合は応対が出来ません。

 

 

PROMAX EXE

強撥水・艶・耐久性になります。

 

詳しくはこちら

 

プロマックス・エグゼの主成分ポリシラザンです。

塗装面に強力に定着するとともに強固な結合力で各素材をつなぎ止め、複合素材による被膜を形成します。

 

シラン化合物との結合ではガラス被膜、フッ素との結合では撥水被膜を形成し、まさにハイブリッド構造を創り出します。
形成された被膜は単純に硬質被膜というだけではなく、柔軟性も持ち合わせ、コーティング効果を長期間持続させます。

 

他業界ですが、10数年前に化粧品は許可を逆手にとって無添加や医薬部外品が横行し

現在は全成分表示が義務づけられております。

 

無添加=体に良さそうですが、表示指定成分が入ってないだけで、表示しなくて良い成分(新しい防腐剤など)が入ってたりとめちゃくちゃですよ。

医薬部外品も簡単に作れましたね。当時は

 

また食品に関しては産地偽装等で相当厳しくなった事は皆様ご存知かと思います。

そんな経緯(よくわからん経緯)もあるので当店はコーティングの成分や名称をきちんと表示してます。

 

 

鏡面光沢度102のPROMAX EXEで艶々のAudi・A6 Avant完成です!

 

 

 

 

 

写りこみが良すぎて

お恥ずかしい‥

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※お車はすでに出庫しております。

詳しくはこちらをご覧ください。当店の考え方です。

 

 

—————————————————————–

Audi・A6 Avant(ミトスブラックM) 

コーティング:PROMAX EXEコーティング

—下地処理—

研磨:新車ミガキ LEVEL2 

ディティール:スタンダード(無料)

 

—オプション—

ウィンドウ撥水コーティング 全面:PRO PGS-33

アルミホイールコーティング:PRO PCW-880 

 —————————

 

Audi・A6 Avant(V6)からのお乗り換えでコーティングでのご入庫でした。

 

以前までのブラックはファントムブラックでしたが、現行はミトスブラックとなったとの事。

車業界に在籍しておりますが多種メーカーについてサッパリ分りませんので、

お客様より詳細を教て頂き、いつも為になります。

 

 

 

 

 

 

では専門業としての見解は‥ 

ファントムブラックもミストブラックも研磨としての硬さは同じでした。

参考になりませんね(汗)

 

お車は、お客様も把握していた軽度のスクラッチ傷が多数あり

強力なライトで塗装面を見るとスケールの付着が見受けられました。

 

それらをスッキリ除去し、鏡面光沢度102のPROMAX EXEを施工

黒光りです!

 

 

 

 

— お手入れ— 

 

※最近は粗悪な融雪剤が多量に撒かれてボディーへ固着してしまう事例も確認されております。

その場合はアルカリ成分が含まれたシ ャンプーは全く意味がなしません。

 

 ○カービューティープロの専用シャンプーはR-012(撥水タイプ)です。

 1,620円

 

洗車スポンジは216円で販売しています。

 

徐々に水垢が付着し水ハジキが悪くなってきたり汚れが目立ってきた場合はメンテナンスをお勧めします。

ご自身で施工される場合はセラミックプロ スポーツもしくはメンテナンス剤 R-115、またはR-511 ウォーターアドヴァンスを使ってください。

 

 詳しくはこちらをご覧下さい。

 撥水タイプのコーティングされている方 

 

 ご利用ありがとうございました。

 

——————————————————————

励みになりますので1日1クリック、よろしくお願いします♪ 

にほんブログ村 車ブログ 車 洗車・コーティングへ 

にほんブログ村

—————————————————————–

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ 

セラミックプロ 9H 認定施工店

2015年 東京モーターショー出品車 施工技術協力店 

2014年 札幌モーターショー出品車 施工技術協力店 

2013年 東京モーターショー出品車 施工技術協力店  

 
 

カービューティープロ 札幌ドーム前

〒 062-0051
札幌市豊平区月寒東1条17丁目4番29号

ホームページ
TEL  :011-799-0865 

店長ブログ

       

 

——————————————————————————–

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)