マツダ・CX-8(ソウルレッド) PRO PCX-S7ガラスコーティング

 

昨年12月発売のCX-8、マシーングレーメタリックに続きソウルレッドの御入庫。

ディーラ-様より紹介を頂きましたが当店の都合で1週間ほどお待たせしてしまい申し訳ありませんでした。

 

 

※お車はすでに出庫しております。

詳しくはこちらをご覧ください。当店の考え方です。


励みになりますので1日1クリック、よろしくお願いします♪

にほんブログ村 車ブログ 車 洗車・コーティングへ

——————————————–

恵庭市よりご来店

マツダ・CX-8(ソウルレッド)

コーティング:PRO PCX-S7(低撥水タイプ・温かみのある艶・対すり傷性・防汚性)

—下地処理—

研磨:LEVEL2

ディティール:スタンダード(無料)

—オプション—

ウィンドウ撥水コーティング:PRO PGS33 フロントガラス


納車より1週間ほど経ったためか、至る所にシリカスケールが見受けられます。

米国BAF社製クリーナーでスッキリさせてます。

研磨のためのマスキング処理

新車磨き LEVEL2ですので簡素ではありますが要所を確実に保護します。

職人は段取り8割、現場は2割と言いますが、まさに段取りの部分です。

きちんとマスキングする事によってキワまで磨くことが出来ます。

また目印があることで余計な加減をせず全力で集中できます。

ワイパー部分を確実に養生を行い、液剤が飛び散っても汚れないようにする。

※使用するものは経費が掛かりますがビニールにテープが付いている「マスカー」になります。

※高級車を扱う板金屋さん曰く「新聞紙で保護するのは擦れて微細な傷が発生する」ので大変好ましいと評価を頂いております。

今回は大丈夫でも、数年後の事を考えてます。

マスキングの必要性」

○パネルのエッジやプレスラインなど、塗装の薄い部分や弱い部分の塗装を剥がさない為。
○パネルのエッジやプレスラインなど、塗装の薄い部分や弱い部分の塗装を更に薄くしない為。
○樹脂部分の保護
○すき間にコンパウンドの粉を入れないようにする。

※ボンネットやドアにプレスラインが多いので、磨きすぎて薄くなり過ぎないようにする。

※ヘッドライトを保護することで、今は大丈夫でも将来、傷んだ部分から変色(黄ばみ、白濁)する事を、ハードコートを守り劣化を遅らせます。

宜しかったらこちらもご覧下さい。

当店へご入庫いただいたお車で気が付いた点

マスキング処理は当店は非常に重要な位置づけとしております。

これは私が過去に嫌な経験もさることながら、この工程をずさんに行う業者さんが少なくないからです。

この様に書くからでしょうか?

一部の業者さんで「マスキングのやりすぎ」と言う話が出てきました。

マスキングするとその部分が磨けませんからね。

でもね、そんなの解り切って保護してます。

この程度の事を批判できる施行者って、教えられた事が100%で、そこから思考停止でもされているのでしょうか?

または伸び代と知力が足りないのかな?

お客様の大切なお車、今だけではなく将来を考えていれば当然と思いますが‥

またカービューティープロの開業前の新人より考えが及ばないと言う事ですね。

はい、もう一度「マスキングの必要性」

○パネルのエッジやプレスラインなど、塗装の薄い部分や弱い部分の塗装を剥がさない為。
○パネルのエッジやプレスラインなど、塗装の薄い部分や弱い部分の塗装を更に薄くしない為。
○樹脂部分の保護
○すき間にコンパウンドの粉を入れないようにする。

※ボンネットやドアにプレスラインが多いので、磨きすぎて薄くなり過ぎないようにする。

※ヘッドライトを保護することで、今は大丈夫でも将来、傷んだ部分から変色(黄ばみ、白濁)する事を、ハードコートを守り劣化を遅らせます。

宜しかったらこちらもご覧下さい♪

当店へご入庫いただいたお車で気が付いた点

これぐらいのスケールであればLEVEL1でも可能ですが、今回は光沢を目指しLEVEL2

イメージ的に鏡面研磨ですかね。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

線傷

LEVEL2が必要

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポットライトで見ると微細な線傷ですが、実際には長く範囲が広い。これはスノーブラシの痕跡と思われます。

研磨量は1~2μです。

近年環境保護のための水性塗料はLEVEL2以上の下地処理を行うとパール部分が強調され鮮やかになります。

コーティングはお客様の使用環境を考慮して低撥水性のPCX-S7をセレクト

PCX-S7は温かみのある光沢、対すり傷性、防汚性と多機能です。

コロコロ撥水ではないのでビジュアル的な感動は少ないですが、

水が筋状に流れスピードをコントロールする事によって汚れも一緒に流してくれますので、

汚れにくく、かつ拭き取り性も良いのが特徴です。

詳しく見る

氷点下のこの時期、そのまま施工ではパネル温度が低すぎコーティングが定着しませんので

予備過熱を行いますよ~

PCX-S7の基本施工は本州を想定しているので、寒い札幌市ではコーティング特性に合わせた施工法を独自に確立

その上でカーボンヒーターにて焼付処理

エージング(熟成時間)を行い出庫の時を待つCX-8ソウルレッド

今年2台目のソウルレッド

何となくですが色が濃くなったような感じですね。

LEVEL2で美しさが更に向上してます。

 

 

※お車はすでに出庫しております。

詳しくはこちらをご覧ください。当店の考え方です。


励みになりますので1日1クリック、よろしくお願いします♪

にほんブログ村 車ブログ 車 洗車・コーティングへ

——————————————–

 

恵庭市よりご来店

マツダ・CX-8(ソウルレッド)

コーティング:PRO PCX-S7(低撥水タイプ・温かみのある艶・対すり傷性・防汚性)

—下地処理—

研磨:LEVEL2

ディティール:スタンダード(無料)

—オプション—

ウィンドウ撥水コーティング:PRO PGS33 フロントガラス


昨年12月発売のCX-8、マシーングレーメタリックに続きソウルレッドのご入庫。

ディーラ-様より紹介を頂きましたが当店の都合で1週間ほどお待たせしてしまい申し訳ありませんでした。

ご紹介いただきました北海道マツダ販売㈱様にはこの場を借りて御礼申し上げます。

濃色車の場合はLEVEL2相当が良いと説明させて頂きましたが、スケールの付着、スノーブラシ痕がありましたので正解でした。

線傷の除去を行い、LEVEL2の研磨でソウルレッドメタリックにさらなる光沢を演出

対擦り傷性に優れるPCX-S7は赤などの原色系には更なる発色がプラスされますので美しく輝きます。

洗車セットをご活用して頂ければ良い状態が長続きしますので是非ご活用下さいませ。

---お手入れ---

洗車をする場合は中性のカーシャンプー(ノーコンパウンド)を使用し、たっぷりの水を使った手洗いを行ってください。

○カービューティープロの専用シャンプーはR-011 or R-012(撥水タイプ)です。

1,620円

洗車スポンジは216円で販売しています。

コーティングをしていても、徐々に水垢が付着し艶が少なくなってきますので、そのような場合はメンテナンスをお勧めします。

ご自身で施工される場合はR-115 or R-113(低撥水タイプ)

R-111 コーティングメンテナンスクリーナー

またはR-511 ウォーターアドヴァンスを使って下さい。

詳しくはこちらをご覧下さい。

低撥水、滑水タイプのコーティングをされている方

札幌市白石区からのご利用、ありがとうございました。

——————————————————————

コーティングの考え方詳しくはこちらご覧ください。

ガラスコーティングの施工にあたって大切な事

セキュリティーについて

コーティング剤について

施工温度について

照明について

焼付処理

入庫されたお車で気が付いた点

 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

セラミックプロ 9H 認定施工店

2018年 札幌モーターショー出品車 施工技術協力

2017年 東京モーターショー出品車 施工技術協力

2015年 東京モーターショー出品車 施工技術協力店

2014年 札幌モーターショー出品車 施工技術協力店

2013年 東京モーターショー出品車 施工技術協力店  

カービューティープロ 札幌ドーム前
〒 062-0051
札幌市豊平区月寒東1条17丁目4番29号

ホームページ
TEL  :011-799-0865

店長ブログ

         

——————————————————————————–

 励みになりますので1日1クリック、よろしくお願いします♪

にほんブログ村 車ブログ 車 洗車・コーティングへ

——————————————–

—キャンペーンのお知らせ—

SPGコート(完全2層式ガラスコーティング)

同車種2台目まで単層式コーティングと同額で施工できるチャンスです♪

フェイスブック クーポン 及び口頭でお伝えください。

 

 ——————————————————————————–

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)