2018/2 BMW・X1(ブラックサファイア) PRO PCX-S8コーティング(撥水・艶・対擦り傷性能)ブラックサファイアは硬い塗装ですが、経年での小傷、汚れはどうしても目立ってしまいます。 下地処理はミドルポリッシュ。 ミガキと言ってもむやみやたらに膜厚は落としませんので、 どちらかと言うと砥ぐがイメージに合うと思います。 これぐらいのレベルになると映込みがハッキリとしますのでコーティングに頼らない光沢を演出します。札幌市豊平区よりご利用誠にありがとうございました。

 

BMW X1 経年車コーティングを完了し、納車させて頂きました。

ブラックサファイアは硬い塗装ですが、経年での小傷、汚れはどうしても目立ってしまいます。

下地処理はミドルポリッシュ。 ミガキと言ってもむやみやたらに膜厚は落としませんので、

どちらかと言うと砥ぐがイメージに合うと思います。

これぐらいのレベルになると映込みがハッキリとしますのでコーティングに頼らない光沢を演出します。

そちらに対すり傷性に優れる撥水タイプ「PCX-S8」をコーティング!

ガラス皮膜が大変美しく輝き、ワンランク上のX1になりました。

 

 

※お車はすでに出庫しております。

詳しくはこちらをご覧ください。当店の考え方です。

——————————————————————

励みになりますので1日1クリック、よろしくお願いします♪

にほんブログ村 車ブログ 車 洗車・コーティングへ

———————————-

BMW・X1(ブラックサファイア)

コーティング:PCX-S8(撥水・艶・対すり傷性)

—下地処理—

研磨:ミドルポリッシュ

ディティール:スタンダード(無料)

—オプション—

ウィンドウ撥水コーティング 全面 PRO PGS33

———————————

塗装面は汚れと擦り傷が目立ちます。

拡大

細かい部分の洗浄(ディテール洗浄)では隙間などの汚れを取り除きますが、目立つ点をピックアップ

ありがちなナンバープレートの汚れ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

封印の腐食は取れませんがそれでも相当スッキリしてます。

鉄粉がすごい

異物除去作業はまず洗浄で落ちるものは落とし、それでもダメな場合は物理的に落とします。

これを怠ると研磨の際にバフ傷の発生原因になります。

研磨のためのマスキング処理

今回はボンネットの状態から研磨法を変えますので、がっちり養生

コンパウンドは洗えば良いという考えは最終的に必要でしょうが可能な限り守ります。

ワイパー部分を確実に養生を行い、液剤が飛び散っても汚れないようにする。

※使用するものは経費が掛かりますがビニールにテープが付いている「マスカー」になります。

※高級車を扱う板金屋さん曰く「新聞紙で保護するのは擦れて微細な傷が発生する」ので大変好ましいと評価を頂いております。

今回は大丈夫でも、数年後の事を考えてます。

マスキングの必要性」

○パネルのエッジやプレスラインなど、塗装の薄い部分や弱い部分の塗装を剥がさない為。
○パネルのエッジやプレスラインなど、塗装の薄い部分や弱い部分の塗装を更に薄くしない為。
○樹脂部分の保護
○すき間にコンパウンドの粉を入れないようにする。

※ボンネットやドアにプレスラインが多いので、磨きすぎて薄くなり過ぎないようにする。

※ヘッドライトを保護することで、今は大丈夫でも将来、傷んだ部分から変色(黄ばみ、白濁)する事を、ハードコートを守り劣化を遅らせます。

宜しかったらこちらもご覧下さい。

当店へご入庫いただいたお車で気が付いた点

マスキング処理は当店は非常に重要な位置づけとしております。

これは私が過去に嫌な経験もさることながら、この工程をずさんに行う業者さんが少なくないからです。

この様に書くからでしょうか?

一部の業者さんで「マスキングのやりすぎ」と言う話が出てきました。

マスキングするとその部分が磨けませんからね。

でもね、そんなの解り切って保護してます。

 

あまり見せたくありませんがカービューティープロスクールでは開業していない新人さんにここまで徹底させます。

 

ボンネットの画像ですが中心の白い部分がプレスライン

こちらは塗装が薄い上に当たりやすい。

なので通常使用、洗車でも擦れてきます。

プレスラインと言う事は、そこから面が変わるのですが

※仕上げ用ポリッシャーでイメージをお伝えします。

マスキングより右側を磨くと、どうしてもプレスラインに当たります。

これで1回

マスキングより左側を磨くと、やはりプレスラインに当たります。

これで2回

ただでさえ薄いプレスラインが面を磨くと2回も当たってしまいます。

つまり薄い部分が倍研磨されますね。

今回は大丈夫でも将来はどうなるのでしょうか?

きっと、いつか下地が出ます。

それは次かも知れません。

面を磨いた後、保護していたマスキングを剥がし適度に研磨(いや研ぎか)を入れ左右差をなくします。

剥がした痕が見えますね。

これで、このプレスラインは1度の研磨で済みます。

もちろん加圧等は塗装面に合わせて入れますのでご安心を

いかがです。

マスキングをしているから磨けないのではなく弱い部分を守ってるんです。

この程度の事を批判できる施行者って、教えられた事が100%で、そこから思考停止でもされているのでしょうか?

または伸び代と知力が足りないのかな?

お客様の大切なお車、今だけではなく将来を考えていれば当然と思いますが‥

またカービューティープロの開業前の新人より考えが及ばないと言う事ですね。

はい、もう一度「マスキングの必要性」

○パネルのエッジやプレスラインなど、塗装の薄い部分や弱い部分の塗装を剥がさない為。
○パネルのエッジやプレスラインなど、塗装の薄い部分や弱い部分の塗装を更に薄くしない為。
○樹脂部分の保護
○すき間にコンパウンドの粉を入れないようにする。

※ボンネットやドアにプレスラインが多いので、磨きすぎて薄くなり過ぎないようにする。

※ヘッドライトを保護することで、今は大丈夫でも将来、傷んだ部分から変色(黄ばみ、白濁)する事を、ハードコートを守り劣化を遅らせます。

宜しかったらこちらもご覧下さい♪

当店へご入庫いただいたお車で気が付いた点

職人は段取り8割、現場は2割と言いますが、まさに段取りの部分です。

きちんとマスキングする事によってキワまで磨くことが出来ます。

また目印があることで余計な加減をせず全力で集中できます。

 

ではお話を戻り、ポリッシャーも初期研磨用に戻し研磨をお見せします。

以下1stポリッシュです。若干のモヤが見えますが仕上げ工程で鏡面化します。

拡大

この時点でプレスラインのマスキングは剥がしません。

最終

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

最終

研磨中ですがイメージは伝わるかと思います。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

研磨の際は余計な外光を遮り、確実に塗装面の状態を見て研磨を入れます。

また力量のある照明を使用し確実に塗装面を見える状態にします。

照明は研磨には非常に大切な機材になります。

使われる照明によって塗装面の見え方が変わりますので、当然研磨の量が変わります。

上記リンク「照明について」内の「可視深度8」の見え方では濃色車は、これぐらい見えますし撮影できます。

見えないものは研磨することができません。

たった0.1μm程度の差なので削りすぎにも該当しません。

当然の如く光沢度の違いが仕上がりででます。

では、塗装面の見え方、引き続くご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

左クォーターパネル

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

全体

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コーティングは対すり傷性に優れる撥水タイプ「PCX-S8」

PCX-S8とは

施工時には室温は元よりパネル温度に気を使います。

初期の硬化は非常に大事。特に厳冬期は気を使う部分です。

ガラスコーティングは気温16度以下では加水分解、脱水縮合(固まりません)が出来ません。

例えばヒーターを使用して焼き付け用としても室温、パネル温度が低いと初期効果が十分にできず、

PCX-V110のシランを使用したガラスコーティングの場合は塗装の隙間に入り込み定着する事が不可能です。

 

つまり寒いところで施工しても定着しないと言う事です。

定着していないのにヒーターを使っても無駄ですね。

ボンネット

この状態でのルーフ

PCX-S8は20度で硬化時間2時間ですが、これぐらいの温度だとあっという間に固まります。

この状態を低温加熱処理と言っても過言ではありません。

もちろんお見せできない+α熱処理も行ってますよ~

同じく天井

熱は上に逃げる特性を利用してます。冬を考えてるんです。

PCX-S8の膜厚はこんな感じです。

画像撮り忘れてますが、一つだけ残ってました。

元々35度ありますので薄いパネルの場合は間接的に温めます。

何工程にも渡る作業を終え完成します。

※お車はすでに出庫しております。

詳しくはこちらをご覧ください。当店の考え方です。

セキュリティーについて

———————————-

BMW・X1(ブラックサファイア)

コーティング:PCX-S8(撥水・艶・対すり傷性)

—下地処理—

研磨:ミドルポリッシュ

ディティール:スタンダード(無料)

—オプション—

ウィンドウ撥水コーティング 全面 PRO PGS33

———————————

お車は画像でお見せした通り洗車傷が多く発色が全体的に芳しくない状態でした。

しかしながらBMWのブラックサファイアはミドルポリッシュレベルまで研磨を入れると

クリアーが平滑化され大変美しく輝きます。

そちらに対すり傷性に優れる撥水タイプ「PCX-S8」をコーティング!

ガラス皮膜が大変美しく輝き、ワンランク上のX1になりました。

—お手入れ—

スタンドで使われている可能性が高い弱アルカリ性のシャンプー(汚れ落とし成分配合)は撥水機能を落としてしまいますので、絶対に中性のカーシャンプー(ノーコンパウンド)を使用し、たっぷりの水を使った手洗いを行ってください。

※最近は粗悪な融雪剤が多量に撒かれてボディーへ固着してしまう事例も確認されております。

その場合はアルカリ成分が含まれたシャンプーは全く意味がなしません。

○カービューティープロの専用シャンプーはR-012(撥水タイプ)です。

1,620円

洗車スポンジは216円で販売しています。

徐々に水垢が付着し水ハジキが悪くなってきたり汚れが目立ってきた場合はメンテナンスをお勧めします。

ご自身で施工される場合はメンテナンス剤 R-115、またはR-511 ウォーターアドヴァンスを使ってください。

詳しくはこちらをご覧下さい。

撥水タイプのコーティングされている方

ご利用ありがとうございました。

 

——————————————————————

コーティングの考え方詳しくはこちらご覧ください。

ガラスコーティングの施工にあたって大切な事

セキュリティーについて

コーティング剤について

施工温度について

照明について

焼付処理

入庫されたお車で気が付いた点

 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

セラミックプロ 9H 認定施工店

2018年 札幌モーターショー出品車 施工技術協力

2017年 東京モーターショー出品車 施工技術協力

2015年 東京モーターショー出品車 施工技術協力店

2014年 札幌モーターショー出品車 施工技術協力店

2013年 東京モーターショー出品車 施工技術協力店  

カービューティープロ 札幌ドーム前
〒 062-0051
札幌市豊平区月寒東1条17丁目4番29号

TEL  :011-799-0865

ホームページ

店長ブログ

フェイスブック

インスタグラム

グーグル+

 

せっかく高いお金を出したのに‥

この様な悩みのお客様

コーティングの「のりかえ」してみませんか?

【コーティングののりかえ割り】

  • 【提示条件】 予約時、注文時
  • 【利用条件】 施工証明書、施工保証書をお持ちください
  • 【有効期限】 2017/9~2018/3末日 受付分まで
  • 他社でコーティング、新車時ディーラーでコーティングされた方限定!!施工をされて2年以内なら当店のセラミックプロ9HPROMAX EXE他
    最大25%まで割り引きます。
または
【コーティングの下取制度」
  • 【提示条件】 予約時、注文時
  • 【利用条件】 施工証明書または施工保証書、金額の分かる書類をお持ちください
  • 【有効期限】 2017/9~2018/3末日 受付分まで
  • 他社でコーティング、新車時ディーラーでコーティングされた方限定!!施工をされて1年以内なら当店の「セラミックプロ9H」「PROMAX EXE」へ切り替えてみませんか?施工された金額を最大50%まで下取ます。
詳しくはカービューティープロ 札幌ドーム前
店長まで
011-799-0865

 

<