2019/3 メルセデス・Gクラスの傷取り 技術というものは タイヤカバーに擦り傷が発生し、自身でコンパウンドの手磨きやWAX等をされたそうですが、特殊光源を当てるとすり傷よりこすり傷が目立つのが良くわかるかと思います。

タイヤカバーに擦り傷が発生し、自身でコンパウンドの手磨きやWAX等をされたそうですが、特殊光源を当てるとすり傷よりこすり傷が目立つのが良くわかるかと思います。

————–

にほんブログ村 車ブログ 車 洗車・コーティングへ
励みになりますので応援よろしくお願いします。

————–

コーティング業者さんは多々ありますが、磨きの技術というものはいくらあっても、見えない事には始まりません。見えない物は磨けませんし、傷が取れたと思われても蛍光灯や車をきれい見せるためのLED照明ではあまりとれていないケースもあります。まず、TOP画像のような画像を撮影できているかが技術のポイントです。

 

今回の事例では1μm程度も磨いてはおりません。これは計測が出来ませんので感覚です。

 

わずか10分で研磨作業終了しましたが、機材液剤の理論のない技術やなんちゃってポリッシャーでは10時間ぐらいかかると思いますよ。それはメルセデスの塗装は堅いからですが、当たり前の方法では深い傷はまず無理でしょう。

 

そのまま工賃では怖いですね。

お車は近くのディーラーさんでコーティング施工されておりましたので、格上の完全2層式ガラスコーティング「SPG Cort Tipe-H」を施工し焼付処理中です。

 

 

 

 

これぐらいは朝飯前です。

ポイントは機材と液剤のマッチングですが、見えないものは磨けませんので大事なのは技術と環境ですね。

 

 

合わせてお読み下さい「コーティング施工の大事な事」
















こちらの記事もどうぞ