2019/5 BMW・218d(ブラックサファイア)SPG Cort Type-T(完全2層式ガラスコーティング、低撥水・艶・対すり傷・防汚・耐薬品性)1年ほど前に札幌市内他社さんのコーティングを施工しておりましたが雨染みがひどいとのご相談がありました。北広島市よりご利用ありがとうございました。

先にレザーコーティングでご紹介させて頂きましたBMW・218d。

ブラックサファイアですが1年ほど前に札幌市内他社さんのコーティングを施工しておりましたが雨染みがひどいとのご相談がありました。

 

蛍光灯下ではこれぐらいですが

力率の高い照明で確認すると全体にびっちりです。これではブラックサファイアが台無しです。

 

濃度の高い硬化型ガラスコーティングで撥水タイプが原因です。

お客様自体はお手入れを行う方ですが‥

お客様の環境に合わないと判断しましたので、まずは雨染みや汚れの除去を行い低撥水タイプの完全2層式ガラスコーティング「SPGコート タイプT」をお勧めさせて頂きました。

SPGコート関連記事

「羊頭を懸けて狗肉を売る如く」怪しいコーティングが蔓延しております。詳しくは下記をご覧ください。コーティングは信頼性のあるものを依頼しましょう。

当店のポリシーとしまして、出所がハッキリしているコーティングしか使用しません。これは、食品であれば産地や消費期限など当然の事ですがコーティングは明確な基準が無いためです。

PRO ohmiya
高級車ディーラー及び大型中古車販売店、こだわりのない中古車販売店ほど根拠のないコーティング詐欺や詐称に利用されている可能性高いですので、施工依頼される場合は注意が必要です。

SPGコート関連記事

 

当店はコーティング専門店でありますので、様々な環境に合わせたコーティングを取り扱っております。

 

.

このままコーティングするには定着率に疑問がありますので、下地処理研磨を行いますよ。

 

当店の文章を模倣する悪徳コーティング業者が存在します。技術レベル・コーティング剤・機材・液剤すべて嘘ですのでお気をつけください。

 

ワイパー部分は新聞紙を使用してはいけません。それは紙のエッジの部分で塗装面へ傷の入りを懸念するからです。腕の良い板金修理工場職人さんは必ずこの方法を取ります。

ここで注釈。

PRO ohmiya

マスキングはただ行えば良いというものではありません。

適正な場所へ適正な幅を行いますが、基本はお客様のお車を守るためのものです。

 

雑なマスキングは磨く部分がバラバラとなり仕上げが悪くなる傾向があります。普通は年数を重ねれば必然的に上手になりますし、毎日が進歩ですので常に上達するのが当たりまえですが‥

‥思った通りセンスなんでしょうね。

適正なマスキングを行うとスッキリとしたラインに見えますよ。
適正ではない場合は磨けない部分が多く、ヨレヨレし変に見えます。

先日のBMWの件もありますし、この様な画像をしっかり公開出来ないのは、技術レベルを公開できない事、マスキングをそもそも行わないのと同じです。

当店を模倣される低レベルな業者の噂を聞きますが、全国の有名店の画像を盗用する、経歴、業歴、コーティングの嘘を平気でつかれるほど考えが薄く、実績も何もない人間が口だけで研磨を語っても端々に矛盾があり札幌市内の高級店からは数回の施工で取引停止させているようです。また全国有名店からは書いている事と画像の乖離がありすぎでコーティング業でありうながら「お笑い芸人」と称されております。

パクリ業者には気を付けましょう。

マスキングの必要性

〇パネルのエッジやプレスラインなど、塗装の薄い部分や弱い部分の塗装を剥がさない為。
〇パネルのエッジやプレスラインなど、塗装の薄い部分や弱い部分の塗装を更に薄くしない為。
〇樹脂やゴム部分の保護
〇すき間にコンパウンドの粉を入れないようにする。〇ヘッドライトのハードコートを守り劣化の原因を作らない。

 

同じような書き方をする業者は、全てが嘘であり理論がありません。なので文章をまねるのです。

 

〇汚いマスキングは研磨にムラが出ますし、お車を美しくする心に欠けます。
〇汚いマスキングは雑な仕上がりになります。
〇汚いマスキングは仕上げに時間がかかります。

 

※ボンネットやドアにプレスラインが多いので、磨きすぎて薄くなり過ぎないようにする目的もあります。

宜しかったらこちらもご覧下さい。

当店へご入庫いただいたお車で気が付いた点

マスキング処理について詳しく

 

マスキング処理はカービューティープロ札幌ドーム前ではとても重要と考えております。

これは、カービューティープロ札幌ドーム前をオープンする前に自身も一般のお客さんとしてコーティング店を利用した経緯がありますが、マスキングのずさんにより隙間にべったりと入り込んでいたことが多かったからです。

PRO ohmiya
当店の啓発により、正面だけマスキングし画像を撮るごまかし業者が多いので注意が必要です。似たような画像を見かけた場合PCから拡大で判断するのも吉です。細部が非常に汚いです。

最近多いなんちゃってポリッシャーを使う場合はマスキングは最低で済みますが、当店の使う機材は数10種類、お車のコンディションにもよりますが追加を打ちます。端々を攻めるので当然、これは当たり前の話なのです。

 

詳しくはこちらもご覧ください。

余計な外光は塗装面をボカシてしまう為シャットアウト

様々な明かり(シャッターを開けてや屋外での作業など信じられない行為)や単純な光線では塗装面がしっかりと見えません。その上で力率の強い光源で確認します。

 

PRO ohmiya

理論の無い業者(主に出張を行う)は見よう見まねの為、どこにでも販売している中国製のLED投光器を使う傾向にあります、理由は単純「安いから」です。安い広角な光源を使うので深度(傷がしっかりと見えない)が低いのです。床置きが特徴ですが、床の位置は良くはありません。

LEDは最低でもこれぐらいの性能を導入していなければ研磨作業は芳しくないですね。中国製投光器では話になりません。これぐらい見えなければ、どんなに腕が良くても磨き切れませんのです。

 

 

拡大

↓↓↓↓↓↓↓

 

 

.

 

今回の研磨も札幌モーターショーセラミックプロ札幌(車の119番)様がフェラーリ、ランボルギーニを仕上げた際に使用された、札幌では当店と2店しか取扱いの無いスペシャルブランドを使用し少々突っ込んだ処理をしておりますので一般コーティング店の鏡面研磨以上に仕上がってます。

東京モーターショー、札幌モーターショーでの施工のためにより良い物、環境に合ったものを使用しますのでイベント施工はある意味技術の集大成と言っても過言ではありません。

研磨イメージです。

汎用性の高い3M製は、あまり磨けない方や単発的な作業を行う中古車業者様が好まれますが、慣れると艶引け等気になる部分が出てきます。この選択も大切な部分ですね。また、ノンシリコンを水性と勘違いされるケースはやはり研磨には疑問があります。これを強調して書かれる方のほとんどが勘違いしてます。

 

研磨後は脱脂作業を必ず行いますが、油分の含まないコンパウンドを使用しているのに何故脱脂なのでしょう?

それはコンパウンドに油分が無くても、人が触れる場所は必ず油分が付着しますし、何より研磨の粉を洗い流さなければならないからです。

 

この脱脂作業、お客様が判らない事をいい事に、スーパーで販売されている台所洗剤を使用しているにもかかわらず米国製等と嘘をつく業者がいます。
本当に怖いです。コーティング業界
カービューティープロ札幌ドーム前ではカービューティープロスクール卒業の為ライセンスを所持しておりますのでアメリカのBAF社製各種自動車クリーナーの使用法を熟知しております。

ちなみに使用液剤はPRO C-55になります。この液剤、使用方法はアメリカとは異なります。知らないで使うと大変な事になるかもしれません。

脱脂洗浄は当然の如く温水を使い、油分の除去はもちろんコーティングに不向きな低温状態を解消します。

脱脂の際は熱いお湯で更なる油分の除去効果を狙うのは常識です。

お皿の汚れ、油分は冷水で取れますか?

 

また寒い時期のコーティング施工は効果は半減するので、いかにパネルの温度とコーティング施工温度を維持するかが大事な点です。

 

脱脂洗浄後はセラミックプロ認定施工店が使えるナノポリッシュ改めナノプライマーを使用します。

 

名称変更で「ナノプライマー」となりますが、こちらは単なる光沢剤ではありません。

 

脱脂作業だけでは塗料に食い込んだコンパウンド成分を100%除去しきれず、コーティング剤の密着が完全では無い為、持続力にも影響します。ナノポリッシュ改めナノプライマーは脱脂で取り切れないコンパウンド成分を除去します。

 

脱脂洗浄後には水道のカルキやミネラル成分がどうしても塗装面に残ってしまいますが、このナノプライマーでクリーンかつコーティングの密着性が上がります。

窓ガラス撥水コーティングの密着性を上げ、ダッシュボードにレーダーや用品を両面テープで貼り付ける時にもパーツクリーナーと違い、ダッシュボードが白くならない為、様々な脱脂に活用。

 

非常に大切な施工温度

気温が低い環境での施工。ガラスコーティングは気温16度以下では加水分解、脱水縮合(固まりません)が出来ませんので施工依頼は注意が必要です。特に屋外もしくは大型の工場では芳しくない可能性があります。

室温、塗装面約25度をキープしコーティング施工

施工時の温度は非常に大事です。

 

あなたのコーティング、何度で施工されてますか?

 

室温について詳しく

コーティングは「SPGコート Type-T(2層式、低撥水・艶・対すり傷・防汚・耐薬品性)」

SPGコート関連記事

 

一般的な多層コートは

ベースコートにガラスコーティング、トップコートにシリコン系やポリマー系(中にはWAXと信じられない施工法)を使用されているものがほとんどです。これはガラスコーティングの弱い部分を補うためとしての工夫ですが、単純に2層と言っても何を使われているかで判断された方が良いと思います。

 

硬化するか硬化しないか?見分け方は容器です。

硬化する物はビン及び缶に入れられ空気や湿度に触れないように対策されており、硬化しないものはプラスティック容器に入ってます。

 

イメージのため硬化しないポリマータイプのコーティング剤を、ウィンドウリペアで使用されるレジンを硬化させるための紫外線ライトを照射させてみました。紫外線がボトル内で散光され幻想的かつ美しく見えます♪

このコーティングの単体の場合は固まらないので施工された場合は当日のお引渡しが可能です。

施工にあたり環境も大事です。

店舗前および作業場の床が土及び砂利、シャッター開けっ放し、屋外での作業は論外です。

 

詳しくは当店のこだわりもご覧ください

 

 

カーボンヒーターによる焼付処理

この焼付処理は強制乾燥や加熱浸透法など様々な言われ方がありますが基本的に同じ作業です。

しかし当店では腕の良い板金修理職人様のアドバイスにより、同じような作業でもちょっと工夫を行っておりますので似て非なるものなのです。

 

せっかくの熱源です。

 

熱を加えて何を行うかで硬度って変わるのですが、ただ単に温めるだけでは硬度はあまり出なく乾燥するだけですね。これがレアチャーシューや燻製なら低温熟成で食べ物なら美味しいのでしょうが、車は工業製品ですので低温熟成はあまり意味がありません。

 

※SPGコートは本来焼付処理は無用ですが、この工程を行う事でのデメリットは何もなく、むしろ皮膜の硬化という概念ではメリットがありますのでメリットあるなら行ったほうが良いですよね。

気温が低いので少しでも良い状態へ持っていくために処置します。やらない理由ではなく行う理由を考えるんです。一定のエージング(熟成時間)をクリアーし出庫致します。

 

 

端折りましたが完成したBMW 218dをご覧ください

 

 

 

 

 

 

 

 

お車はすでに出庫しております。詳しくはこちらをご覧ください。当店の考え方です。

 

先にレザーコーティングでご紹介させて頂きましたBMW・218d。

ブラックサファイアですが1年ほど前に札幌市内他社さんのコーティングを施工しておりましたが雨染みがひどいとのご相談がありました。

 

濃度の高い硬化型ガラスコーティングで撥水タイプが原因です。

お客様自体はお手入れを行う方ですが‥

 

お客様の環境に合わないと判断しましたので、まずは雨染みや汚れの除去を行い低撥水タイプの完全2層式ガラスコーティング「SPGコート」をお勧めさせて頂きました。

 

お渡ししたメンテナンスキットを使って頂くと良い状態が長続きしますので是非ご活用くださいませ。

北広島市よりSPGコートのご利用ありがとうございました。

BMW施工例

 

ブラックサファイア施工例

 

 

キャンペーンのお知らせ

 

——————————————————————

SPGコート(完全2層式ガラスコーティング)

同車種2台目まで単層式コーティングと同額で施工できるチャンスです♪

フェイスブック クーポン 及び口頭でお伝えください。

 

コーティングの考え方詳しくはこちらご覧ください。

入庫されたお車で気が付いた点

 ※※※※※※※※※※※※※

セラミックプロ 9H 認定施工店

2018年 札幌モーターショー出品車 施工技術協力

2017年 東京モーターショー出品車 施工技術協力

2015年 東京モーターショー出品車 施工技術協力店

2014年 札幌モーターショー出品車 施工技術協力店

2013年 東京モーターショー出品車 施工技術協力店  

※※※※※※※※※※※※※

カービューティープロ 札幌ドーム前
〒 062-0051
札幌市豊平区月寒東1条17丁目4番29号

TEL  :011-799-0865

ホームページ

店長ブログ

フェイスブック

インスタグラム

合わせてお読み下さい「コーティング施工の大事な事」


















 

こちらの記事もどうぞ