2019/6 アウディ・オールロード 多層構造機能性コーティング EXE evo1(撥水・完全2層式ガラスコーティング)札幌市豊平区よりご利用ありがとうございました。

先にメッキ部分へのラッピングをご紹介させて頂きましたアウディ・オールロード

 

好きなお車でやっと探し当てたそうです。

ポイントは4.2リッターエンジン搭載でトルクフル。

と言うのはお引き取りの際に運転したからこそ非常に乗りさを感じました。

お車はすでに出庫しております。詳しくはこちらをご覧ください。当店の考え方です。

————–

アウディ・オールロード

下地処理

研磨:ハードポリッシュ

ディテール洗浄:スタンダード(無料)

コーティング

EXE evo1撥水・完全2層式ガラスコーティング)

 

オプション

メッキ部分へブラックカーボンラッピング

研磨のためのマスキング処理

マスキングはきちんと仕事をするための心意気でありおもてなしの心です。

 

汚いマスキングの場合は、当然ながらしっかり仕事をしようと言う配慮に欠けますので良い仕事は出来ません。

 

 

ワイパー部分は新聞紙を使用してはいけません。それは新聞紙のエッジの部分で塗装面へ傷の入りを懸念するからです。腕の良い板金修理工場職人さんは必ずこの方法を取ります。

ここで注釈。

PRO ohmiya

マスキングはただ行えば良いというものではありません。

適正な場所へ適正な幅を行いますが、基本はお客様のお車を守るためのものです。

 

雑なマスキングは磨く部分がバラバラとなり仕上げが悪くなる傾向があります。普通は年数を重ねれば必然的に上手になりますし、毎日が進歩ですので常に上達するのが当たりまえですが‥

‥思った通りセンスなんでしょうね。

適正なマスキングを行うとスッキリとしたラインに見えますよ。
適正ではない場合は磨けない部分が多く、ヨレヨレし変に見えます。

先日のBMWの件もありますし、この様な画像をしっかり公開出来ないのは、技術レベルを公開できない事、マスキングをそもそも行わないのと同じです。忙しいのは言い訳にはなりません。もちろんお見せできないノウハウも存在します。

マスキングの必要性

〇パネルのエッジやプレスラインなど、塗装の薄い部分や弱い部分の塗装を剥がさない為。
〇パネルのエッジやプレスラインなど、塗装の薄い部分や弱い部分の塗装を更に薄くしない為。
〇樹脂やゴム部分の保護
〇すき間にコンパウンドの粉を入れないようにする。

〇ヘッドライトのハードコートを守り劣化の原因を作らない。

—–

〇汚いマスキングは研磨にムラが出ますし、お車を美しくする心に欠けます。
〇汚いマスキングは雑な仕上がりになります。
〇汚いマスキングは仕上げに時間がかかります。それで工賃を頂くのは信義誠実の原則に反します。

 

※ボンネットやドアにプレスラインが多いので、磨きすぎて薄くなり過ぎないようにする目的もあります。

宜しかったらこちらもご覧下さい。

当店へご入庫いただいたお車で気が付いた点

 

どちらかで磨かれた際の痕跡

マスキング処理について詳しく

 

マスキング処理はカービューティープロ札幌ドーム前ではとても重要と考えております。

これは、カービューティープロ札幌ドーム前をオープンする前に自身も一般のお客さんとしてコーティング店を利用した経緯がありますが、マスキングのずさんにより隙間にべったりと入り込んでいたことが多かったからです。

PRO ohmiya
当店の啓発により、正面だけマスキングし画像を撮るごまかし業者が多いので注意が必要です。似たような画像を見かけた場合PCから拡大で判断するのも吉です。細部が非常に汚いです。

最近多いなんちゃってポリッシャーを使う場合はマスキングは最低で済みますが、当店の使う機材は数10種類、お車のコンディションにもよりますが追加を打ちます。端々を攻めるので当然、これは当たり前の話なのです。

 

詳しくはこちらもご覧ください。

余計な外光は塗装面をボカシてしまう為シャットアウト

様々な明かり(シャッターを開けてや屋外での作業など信じられない行為)や単純な光線では塗装面がしっかりと見えません。その上で力率の強い光源で確認します。

PRO ohmiya

理論の無い業者(主に出張を行う)は見よう見まねの為、どこにでも販売している中国製のLED投光器を使う傾向にあります、理由は単純「安いから」です。安い広角な光源を使うので深度(傷がしっかりと見えない)が低いのです。床置きが特徴ですが、床の位置は良くはありません。

LEDは最低でもこれぐらいの性能を導入していなければ研磨作業は芳しくないく、見えなければ、どんなに腕が良くても磨き切れないのです。磨き切れない=光沢が悪いとなります。

 

 

いかがです?よく見えるかと思います。

研磨はこれぐらい見えないと話になりません。

 

 

ボンネットの変化

↓↓↓↓↓↓↓

1stポリッシュで小傷を除去

この状態で終わりの業者もあるようですが、それだと光沢がいま一つ

↓↓↓↓↓↓↓

さらに磨き切り光沢を出しますよ。

 

今回の研磨も札幌モーターショーセラミックプロ札幌(車の119番)様がフェラーリ、ランボルギーニを仕上げた際に使用された、札幌では当店と2店しか取扱いの無いスペシャルブランドを使用し少々突っ込んだ処理をしておりますので一般コーティング店の鏡面研磨以上に仕上がってます。

東京モーターショー、札幌モーターショーでの施工のためにより良い物、環境に合ったものを使用しますのでイベント施工はある意味技術の集大成と言っても過言ではありません。

研磨イメージです。

汎用性の高い3M製は、あまり磨けない方や単発的な作業を行う中古車業者様が好まれますが、慣れると艶引け等気になる部分が出てきます。この選択も大切な部分ですね。また、ノンシリコンを水性と勘違いされるケースはやはり研磨には疑問があります。これを強調して書かれる方のほとんどが勘違いしてます。

以下、1stポリッシュに付き荒いですがイメージがつかめるかと思います。
 

↓↓↓↓↓↓↓

 

 

↓↓↓↓↓↓↓

 

↓↓↓↓↓↓↓

 

↓↓↓↓↓↓↓

 

脱脂洗浄後はセラミックプロ認定施工店が使えるナノポリッシュ改めナノプライマーを使用します。

 

名称変更で「ナノプライマー」となりますが、こちらは単なる光沢剤ではありません。

 

脱脂作業だけでは塗料に食い込んだコンパウンド成分を100%除去しきれず、コーティング剤の密着が完全では無い為、持続力にも影響します。ナノポリッシュ改めナノプライマーは脱脂で取り切れないコンパウンド成分を除去します。

 

脱脂洗浄後には水道のカルキやミネラル成分がどうしても塗装面に残ってしまいますが、このナノプライマーでクリーンかつコーティングの密着性が上がります。

 

窓ガラス撥水コーティングの密着性を上げ、ダッシュボードにレーダーや用品を両面テープで貼り付ける時にもパーツクリーナーと違い、ダッシュボードが白くならない為、様々な脱脂に活用。

 

多層構造機能性コーティング EXE evo1(撥水・完全2層式ガラスコーティング)

本年(2019y)カービューティープロよりリリースされました「多層構造機能性コーティング EXE evo1」。

 

EXE evo1は良くあるベース層へガラス、トップコートへポリマーコーティングを施工するタイプとは違いトップコートもガラスコーティングを使用しますので完全2層式ガラスコーティングとなります。

 

施工して感じた点は膜厚感が高いと言う事です。

 

トップコートには光沢を演出するガラス被膜。異なる効果を持つ完全2層式皮膜を強力に結合させることによってお車をがっちりガードします。

 

一般的な多層コートは

ベースコートにガラスコーティング、トップコートにシリコン系やポリマー系(中にはWAXと信じられない施工法)を使用されているものがほとんどです。これはガラスコーティングの弱い部分を補うためとしての工夫ですが、単純に2層と言っても何を使われているかで判断された方が良いと思います。

 

硬化するか硬化しないか?見分け方は容器です。

硬化する物はビン及び缶に入れられ空気や湿度に触れないように対策されており、硬化しないものはプラスティック容器に入ってます。

 

イメージのため硬化しないポリマータイプのコーティング剤を、ウィンドウリペアで使用されるレジンを硬化させるための紫外線ライトを照射させてみました。紫外線がボトル内で散光され幻想的かつ美しく見えます♪

このコーティングの場合は固まらないので施工された場合は当日のお引渡しが可能です。

 

 

「羊頭を懸けて狗肉を売る如く」怪しいコーティングが蔓延しております。詳しくは下記をご覧ください。コーティングは信頼性のあるものを依頼しましょう。

当店のポリシーとしまして、出所がハッキリしているコーティングしか使用しません。これは、食品であれば産地や消費期限など当然の事ですがコーティングは明確な基準が無いためです。

PRO ohmiya
高級車ディーラー及び大型中古車販売店ほど根拠のないコーティング詐欺や詐称に利用されている可能性高いですので、施工依頼される場合は注意が必要です。

施工にあたり環境も大事です。

店舗前および作業場の床が土及び砂利、シャッター開けっ放し、屋外での作業は論外です。

 

詳しくは当店のこだわりもご覧ください

 

 

 

6月に入っても寒暖差の激しいので室温、及びコーティング施工時の温度に気を使います。

 

 

寒い時期のコーティング施工は効果は半減するので、いかにパネルの温度とコーティング施工温度を維持するかが大事な点です。

 

樹脂パーツもコーティングで光沢を

↓↓↓↓↓↓↓

 

まだまだ復活しますね。

 

端折りますが、アウディ・オールロード
多層構造機能性コーティング EXE evo1(撥水・完全2層式ガラスコーティング)完成

 

 

 

 

 

 

お車はすでに出庫しております。詳しくはこちらをご覧ください。当店の考え方です。

————–

アウディ・オールロード

下地処理

研磨:ハードポリッシュ

ディテール洗浄:スタンダード(無料)

コーティング

EXE evo1撥水・完全2層式ガラスコーティング)

 

オプション

メッキ部分へブラックカーボンラッピング


 

先にメッキ部分へのラッピングをご紹介させて頂きましたアウディ・オールロード

 

好きなお車でやっと探し当てたそうです。

ポイントは4.2リッターエンジン搭載でトルクフル。

と言うのはお引き取りの際に運転したからこそ非常に乗りさを感じました。

 

年式の割には良い状態のお車でしたが、当店の特殊光源下ではご紹介した通り洗車傷が多数で光沢を阻害しているのですが、過去の磨いた痕跡も見受けられました。気になった点はスッキリと洗浄を行い、クリーンになったところでの研磨作業、現在のアウディより柔らかめに感じました。

 

可能な限り線傷や洗車機をを除去しますと塗装面が平滑化され大変映り込みが良くなります。単純に磨けば良いと言う訳ではなく機材・液剤・テクニックを駆使してひとつの作品を作り上げるが如く全体を研がせて頂きました。

 

今回使いましたコーティング剤は本年リリースされたばかりのEXE evo1 完全2層式のガラスコーティングになります。TOPコートもガラスコーティングですので高膜厚、高耐久が期待できますし、紫外線予防効果による塗装面の保護が長期所有されるお車には安心感を付与いたします。光沢ももちろん最上級です。

 

お渡しした洗車セットを活用して頂けますと良い状態が長続きしますので、ぜひご活用くださいませ。

札幌市豊平区よりご利用、誠にありがとうございました。

 

アウディ施工例

 

ファントムブラック施工例

 

EXE evo1施工例

 

旧施工証は破棄してください。今回の施工証は入れております。

お手入れ

洗車をする場合は中性のカーシャンプー(ノーコンパウンド)を使用し、たっぷりの水を使った手洗いを行ってください。

○カービューティープロの専用シャンプーはR-011 or R-012(撥水タイプ)です。

1,620円

洗車スポンジは216円で販売しています。

コーティングをしていても、徐々に水垢が付着し艶が少なくなってきますので、そのような場合はメンテナンスをお勧めします。

ご自身で施工される場合はR-511 ウォーターアドヴァンスを使って下さい。

R511ウォーターアドヴァンスの使い方

またはR-111 コーティングメンテナンスクリーナー

R-115 も使えます。

詳しくはこちらをご覧下さい。

撥水タイプのコーティングをされている方

–キャンペーンのお知らせ—

 

【コーティングの乗換え割】

他社でコーティング、新車時ディーラーでコーティングされた場合、お客様のニーズに合わない下地処理や環境を考慮しない施工が良く見受けられます。また中古車を購入された際に出張業者による雑な研磨作業により悔やまれるケースも目にします。

 

画像クリック、タップで事例をご紹介

 

キャンペーン情報

 

——————————————————————

SPGコート(完全2層式ガラスコーティング)

同車種2台目まで単層式コーティングと同額で施工できるチャンスです♪

フェイスブック クーポン 及び口頭でお伝えください。

 

 

コーティングの考え方詳しくはこちらご覧ください。

入庫されたお車で気が付いた点

 ※※※※※※※※※※※※※

セラミックプロ 9H 認定施工店

2018年 札幌モーターショー出品車 施工技術協力

2017年 東京モーターショー出品車 施工技術協力

2015年 東京モーターショー出品車 施工技術協力店

2014年 札幌モーターショー出品車 施工技術協力店

2013年 東京モーターショー出品車 施工技術協力店  

※※※※※※※※※※※※※

カービューティープロ 札幌ドーム前
〒 062-0051
札幌市豊平区月寒東1条17丁目4番29号

TEL  :011-799-0865

ホームページ

店長ブログ

フェイスブック

インスタグラム

グーグル+

合わせてお読み下さい「コーティング施工の大事な事」