トヨタ・ファンカーゴ

中古車販売業者様よりご依頼のファンカーゴ

 

 

 

ボンネットに北極圏を想像できる美しいオーロラが幻想的に輝いておりました。

せっかくのファンタジックな輝きを残念ながら消さなければなりません(苦笑)

 

 

 

黒のお車はごまかしが効きません。

 

磨いてP73Qで仕上させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

日産・シーマ スピードコーティング

※TOP画像は完成後になります。

 

中古で購入したところボディーのありとあらゆる箇所が洗車キズと磨きキズにより白濁している状態でした。

 

本来はハードポリッシュが理想ですが、とりあえず白ボケだけでもと言う事でスピードコーティングを行う事に。

 

——-スピードコーティングとは——–

Q-73-Q(高撥水)を使い研磨とコーティングを同時に行うことによって早く施工が出来ます。

 

シリコーン系ポリマーにより光沢付与成分が塗装面に浸透、定着後、鮮やかで深みのある光沢被膜を塗装面に形成し、大気中に浮遊している汚染成分から塗装表面を保護します。

 

今回は2工程で仕上げました。

 

深い傷は取れませんが白くボケたキズが目立たなくなります。

 

 

 

ガッチリした研磨ではありませんがとりあえず何かと言ったお客様には最適なコーティングです。

 

来春はガッチリしたミガキをお待ちしておりますね。

 

 

※Nikon COOLPIX P310

—お手入れ—

 洗車をする場合は中性のカーシャンプー(ノーコンパウンド)を使用し、たっぷりの水を使った手洗いを行ってください。

 

○カービューティープロの専用シャンプーはR-012(撥水タイプ)です。

1,620円

 

洗車スポンジは216円で販売しています。

 

コーティングをしていても、徐々に水垢が付着し艶が少なくなってきますので、そのような場合はメンテナンスをお勧めします。

 

ご自身で施工される場合はR-113(低撥水タイプ)を使ってください。

 

詳しくはこちらをご覧下さい。

 

低撥水、滑水タイプのコーティングをされている方

  

 

  ←励みになりますので1日1クリック、よろしくお願いします♪ 

 

 

*********************************************

 

お知らせ

サーバーサービス終了に伴い2015年2月28日をもちまして
現在使用しているURL http://www11.ocn.ne.jp/~cbp_spd/が使えなくなります。

新しいURLはこちらになります。
http://www.cbp-spd.sakura.ne.jp/ 

なお2014年8月20日より新しいURLのみ更新を行い、10月1日に現URLは引越しのお知らせとなります。

ブックマーク、及び相互リンクの管理者様はお手数ではございますがURLの変更をお願い致します。

 

 

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ 
  2013年 東京モーターショー出品車 施工技術協力店  
  2014年 札幌モーターショー出品車 施工技術協力店  

カービューティープロ 札幌ドーム前

〒 062-0051
札幌市豊平区月寒東1条17丁目4番29号

http://www.cbp-spd.sakura.ne.jp/
TEL  :011-799-0865 

ホームページ

 twitter

※ホームページ,ブログの更新を発表します。

 facebook

※店舗状況、ブログの更新を発表します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホンダ・ステップワゴン スピードコーティング

 

 

ホンダ・ステップワゴン

スピードコーティング、ウインドウウロコ取り(全面)+撥水加工(フロント除く)

 

ホイールに結構な鉄粉反応

という事は両サイドに鉄粉の付着が考えられます。

 

鉄粉の反応を見るため、専用液剤を噴霧

 

新兵器のゼウスで鉄粉除去

 

感触はかなりありました。が画像で伝えれない‥

 

溶けた鉄粉がうっすらと‥

 

 スピードコーティングはこのまま脱脂を行い、乾燥後にマスキング処理を行います。

 

今回は「スピードコーティング」に「カルミガキH」で施工を行いました。

 

 

 

 

 ↓

 

 

 

「カルミガキH」は、状態に合わせて研磨力を数種類のポリッシャー、バフ、コンパウンドからbestなものを選定します。

 

フルミガキとは違い、いかにバフ目やオーロラを出さないで下地ミガキを行うかなので、どこで妥協するかが悩みどころです。

 

今回のステップワゴンは紫のメタリックでしたがクリアーが柔らかく感じました。

なので強いポリッシャーでの組合せで良い感じになりましたが、部分的にフルミガキでなければ対応できない部分があったのが心苦しいです。

 

しかし、通常の使用状況では問題ないレベルだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

スピードコーティングとは

 

P-73-Q(高撥水)を使い研磨とコーティングを同時に行うことによって早く施工が出来ます。

シリコーン系ポリマーにより光沢付与成分が塗装面に浸透、定着後、鮮やかで深みのある光沢被膜を塗装面に形成し、大気中に浮遊している汚染成分から塗装表面を保護します。

 

※ミガキ名称はカービューティープロHARADA様よりお借りしています。

 

 

 

 

 ←励みになりますので1日1クリック、よろしくお願いします♪ 

 

 ***********************************

 カービューティープロ 札幌ドーム前

近江谷貴男

(PRO NO 2287) 

〒 062-0051
札幌市豊平区月寒東1条17丁目4番29号
011-799-0865

ホームページ

 twitter

※ホームページ,ブログの更新を発表します。

 facebook

※店舗状況、ブログの更新を発表します。

トヨタ・クラウン スピードコーティング

 

 

トヨタ・クラウン

202ブラック

 

スピードコーティングを施行します。

http://www11.ocn.ne.jp/~cbp_spd/speedcoating.htm

 

 

鉄粉がかなり付着してました。

 

弱い部分を保護します。

 

いきなりですが完成です。

 

 

キズは取れませんが、表面の白ボケしている部分がスッキリしました。

また艶が出ています。

 

 

ビフォー

 

アフター

 

お急ぎの方、とりあえず何かとお考えの方にはスピードコーティングがお勧めです。

状態によってはフルミガキとの組み合わせも良いと思います。

 

 

 

 ←励みになりますので1日1クリック、よろしくお願いします♪ 

 

 ***********************************

 カービューティープロ 札幌ドーム前

近江谷貴男

(PRO NO 2287) 

〒 062-0051
札幌市豊平区月寒東1条17丁目4番29号
011-799-0865

ホームページ

 twitter

※ホームページ,ブログの更新を発表します。

 facebook

※店舗状況、ブログの更新を発表します。

BMW  320i Mスポーツ スピードコーティング

フィルムとフルミガキを希望されましたが、時間の関係でスピードコーティングとさせて頂きました。

 

白のお車は細かい部分の洗浄が中心となります。

まずはホイールから

専用クリーナー、鉄粉クリーナーを駆使して洗浄

 

ルーフのこの様な場所は水垢が溜まりやすい

 

ドアヒンジはキレイでしたが洗うことによりグリス等の油分を一掃するので汚れが付きにくくなります。

 

エンブレムの隙間は汚れが溜まりやすい

 

オーナー様の手入れが良く、全体的にキレイな車両ですが、この時期は冬期間に付着した鉄粉が多いです。

 

トラップネンドで大きい鉄粉を除去し、細かい鉄粉は専用クリーナーで溶かす。

紫色が鉄粉に反応している状態です。

 

 

北海道は一冬過ごすと物凄い鉄粉が付着します。

 

磨きに備え弱い部分をマスキング

 

 

運転席ドアに1センチくらいの傷がありました。

このままだと錆びてしまうので、とりあえず同色のタッチペンを塗っておきました。

 

助手席側フロントフェンダーも同様にタッチアップ

何もしないよりマシです。

 

 キレイなお車ですが、スポットライト下では洗車によるすり傷が結構目立ちます。

今回の研磨力では残念ながらこの傷は落とすことが出来ません。

またいたる所にイオンデポジットが見られましたが、こちらは軽症だったので今回のスピードコーティングで除去できました。

 

スピードコーティング施工中

ポリッシャーの高回転とシリコンポリマーの作用で水垢を除去しながら艶を出していきます。

 

ポリッシャーの入らないところやドア周りは手磨き

 

撥水力と艶を更に出すため、強化剤を使用してフッ素を更に1工程コーティングします。

 

強化剤塗布

フッ素施工、乾燥中

 

 

完成です。

 

 

 

 

太陽光を入れるとこのように見えます。

 

 

スピードコーティングはシリコーン系ポリマーを使い磨きながらコーティングするのですが、白などの明るめの色に使用した場合、もう少し艶が欲しくなっちゃいます。

 

そこで今回追加したフッ素を使用した2層コートです。

 

名称は「スピードコーティング F+」

(ひねりの無い名称ですが(汗))

 

遠い所からご来店いただきまして本当にありがとうございます。

また、BMWについて勉強にもなりました。

 

良いカーライフをお過ごし下さい。

 

***********************************
カービューティープロ 札幌ドーム前

近江谷貴男(PRO NO 2287)

〒 062-0051
札幌市豊平区月寒東1条17丁目4番29号
011-799-0865

ホームページ

twitter

facebook

 

 

 

——-スピードコーティングとは——–

Q-73-Q(高撥水)を使い研磨とコーティングを同時に行うことによって早く施工が出来ます。

 

シリコーン系ポリマーにより光沢付与成分が塗装面に浸透、定着後、鮮やかで深みのある光沢被膜を塗装面に形成し、大気中に浮遊している汚染成分から塗装表面を保護します。

スバル ステラ カスタム

スピードコーティングで入庫したスバル ステラ カスタム

走行距離 17,823km

シルバーなので比較的きれいに見えますが、ボディーは親水状態(WAXしてない)でした。

 

足回りや細かい部分の水垢を洗浄し

ドアヒンジの汚れを落としていきます。

※落としきれない汚れもあります。ご容赦下さい。

 

ウインドウのふちも汚れを落とすことによって黒々してきます。

 

スピードコーティングはミガキとコーティングを同時に行う事によって早く仕上がります。

 

ボンネット

 

ルーフ

 

ルーフ

 

ステップのキズ

 

ヘッドライトもややくすんでいたので磨きを入れます。

キラキラになりました。

 

テールレンズもキズとクスミがあったので磨いておきました。

 

 

コーティング完了後、水弾きチェック

※ガラスコーティングと違い施工後すぐにチェックできる。

良い撥水です。

 

 

 

外へ出すとこのように見えます。

 

シルバーの塗装をポリッシャーで磨くと、高速回転と熱のためだと思うのですが、青っぽく見えシャープ感が増します。

 

スピードコーティングで使用する液剤の研磨力は弱いですが、軽いすり傷は落とせます。

 

ご利用ありがとうございました。

 

——-スピードコーティングとは——–

Q-73-Q(高撥水)を使い研磨とコーティングを同時に行うことによって早く施工が出来ます。

 

シリコーン系ポリマーにより光沢付与成分が塗装面に浸透、定着後、鮮やかで深みのある光沢被膜を塗装面に形成し、大気中に浮遊している汚染成分から塗装表面を保護します。

 

 

スズキ ジムニー スピードコーティング

平成4年型 ジムニーの入庫です。

年式の割にはサビが少なく、塗装面のすり傷を除けば程度はいいお車でした。

 

まずはタイヤとホイールを洗うのですが、タイヤがグレーぽくなってたので相当汚れてます。

 

なのでナイロンブラシで徹底して洗います。

 

ホイールの鉄粉除去

意外と少ないです。

 

細かい部分の洗浄

エンブレムの周りの水垢

紺なので違いがわかりにくいですが、この作業をやることで仕上がりが違ってきます。

 

全体を優しくシャンプー後は鉄粉処理

 

トラップネンドを使った後はケミカルで鉄粉チェック

 

ドアの蝶番部分に結構潜んでました。

 

 

洗浄後はマスキングをして弱い部分を保護

 

今回はスピードコーティングなのでシリコンポリマーを磨きながら施工します。

ところどころクリアが剥げているので慎重に

 

膜厚は結構あります。

ボンネットで126ミクロン。

がっちり磨けますが今回は軽度の磨きになります。

 

全体にすり傷が目立ちましたが、代表してボンネットを

ミガキ後(スピードコーティング)

完全にすり傷は落とせませんが目立たなくなりました。

 

 

ミガキ終了

 

入庫時

ミガキ後

艶がかなり出ました。

 

 

 

 

今回施工したのはスピードコーティングというメニューで、磨きながらシリコンポリマーをコーティングしますのでお急ぎの方や、とりあえず何かと言うお車には最適です。

 

詳しくはこちらをご覧下さい。

 

ご利用ありがとうございました。

次はフィルムでお待ちしていま~す。

 

——-スピードコーティングとは——–

Q-73-Q(高撥水)を使い研磨とコーティングを同時に行うことによって早く施工が出来ます。

 

シリコーン系ポリマーにより光沢付与成分が塗装面に浸透、定着後、鮮やかで深みのある光沢被膜を塗装面に形成し、大気中に浮遊している汚染成分から塗装表面を保護します。

 

 

 

 

 

メルセデス C180 (W203) KOMPRESSOR

 

東京のPROさんで何だかんだやってる様なのでメンテナンスをと希望されて来店されましたが、貼ってあったステッカーは‥

 

フイルムでした‥

 

時間と予算の関係もあるので、メンテナンスではなくスピードコーティングをすることに

ボディーの状態は比較的キレイですが親水状態です。

 

ホイールはメルセデスの割には鉄粉は少なかったです。

 

 

一方、ボディー物凄い鉄粉で、ネンダーと液剤を使い除去

 

W203は画像のような場所が多く、鉄粉や水垢が非常に多いので、ここをキレイにするだけでバリッとなります。

 

 

あまり違いがわかりにくいです(汗)

 

 

全体を洗浄後は乾燥させてマスキング

 

 

 

スリーポインテッド・スターをマスキングすると、なぜか顔がにやけてしまう。

なぜだろう???

 

 

今回のスピードコーティングは、残念ながら洗車傷は落とせません。

が、白等の淡色車では艶も出て、気にしなければ傷も水銀灯等の下に行かなければ目立ちません。

 

 

ボンネットは91ミクロン

 

 

数箇所、傷がありましたが、軽度の物は取れちゃいます。

 

 

ここで注意事項を

 

助手席側のワイパーが壊れています。破損した断面の劣化状況から半年は経っているものと予想されます。

 

その関係でフロントウインドウにヒビが入ってます。

 

12月10日追記

 

札幌は急激に冷え込みマイナス気温となっております。

夏にヒビを入れてそのままにしておくと、気温が下がるとヒビが一気に広がります。

 

 

 

スピードコーティング完了です。

 

 

 

 

——-スピードコーティングとは——–

Q-73-Q(高撥水)を使い研磨とコーティングを同時に行うことによって早く施工が出来ます。

 

シリコーン系ポリマーにより光沢付与成分が塗装面に浸透、定着後、鮮やかで深みのある光沢被膜を塗装面に形成し、大気中に浮遊している汚染成分から塗装表面を保護します。

R32 GT-R シルバー スピードコーティング

 

 

 

平成6年式(最終型) R32GT-R 走行5万km 

スピードコーティングでの御入庫です。

 

まずはタイヤ&ホイールの洗浄

その後、鉄粉除去です。

 

紫色が鉄粉です。

 

取りきれない鉄粉はネンダーにて除去します。

 

 

すき間などの水垢やドアヒンジ部分の汚れを除去

 

 

エンブレムの汚れも

 

専用液剤でスッキリと落とします。

 

SKYLINEの文字は、よく磨く人ほど角の色が剥げますので、当店の液剤は汚れを落とすのに有効です。

 

気になる方は部分的に汚れを落としますのでお問合せください。

 

※画像を紛失してしまいましたが、この後にピッチ、タール除去、ボディーシャンプー、ボディー鉄粉除去をしてあります。

 

 

 

なかなか自分の愛車のこのような姿は見ることがないと思うので画像をUPしておきます。

マスキング

 

 

シャッターを閉めホコリや余計な光が入り込まないようにします。

 

気になるすり傷

 

フロントバンパー右側

アフター画像が紛失してしまいましたが目立たなくなりました。

 

運転席ドア~リアフェンダーにかけて

 

取れました。

 

助手席側フロントフェンダー

 

比較的簡単に取れました。

 

今回はこのようなバフを使ってみました。

汚れが付いてます。

 

 

 

ミガキ&コーティング後

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のR32はとても程度がよく、作業場への移動の際に

これならイケる!

と思える感動がありました。

 

BNR34と比べると、同じエンジンですが車体が軽いことがその様な気にさせるのでしょう。

レスポンス重視のタービンと懐の深い足回り。

ブレーキをF50ブレンボあたりでいい線行きそうです。

 

っと、うちはチューニングショップじゃなかったのですね(汗)

 

平成6年車、走行5万km

クラス E 19,950円

 

内装のヤレなし。

新車の時の香りがするR32でした。

 

今回はこのまま冬眠するとの事で、スピードコーティングとしました。

掛かった時間はAM10時にお預かりし、お引取りがPM5時でしたので6~7時間です。

※シルバーだったのと状態が良いので、この時間ですみました。

 

フロントバンパーに虫の付着による侵食があり、塗装面が溶けてました。

そのままの状態にしておくのは他の部分まで駄目にする可能性があるため、脱脂後タッチアップ処理をしております。

 

※当店へコーティングでご入庫の際は、基本色のタッチペンがありますので、サービスでタッチアップしております。

 

特殊な色のお車の場合はタッチペンをお持ち頂ければ、塗装の剥げている部分を補修しておきます。

 

——-スピードコーティングとは——–

Q-73-Q(高撥水)を使い研磨とコーティングを同時に行うことによって早く施工が出来ます。

 

シリコーン系ポリマーにより光沢付与成分が塗装面に浸透、定着後、鮮やかで深みのある光沢被膜を塗装面に形成し、大気中に浮遊している汚染成分から塗装表面を保護します。