2018/8 トヨタ・ポルテ  ヘッドライトリペア

長く乗られている方、中古車を購入された方の悩みで多いのがヘッドライトの黄ばみや白濁です。 ヘッドライトが何故黄ばむのか? 近年のヘッドライトはポリカーボネートという樹脂製のものになっており、素材の特性上、紫外線などで変色しやすく黄ばみや劣化によるクラックが発生します。

何度クリーニングを行っても黄ばみ・白濁が再発するのは表面のハードコート層が痛んでいるからです。

ハードコートを除去しますと守るものが無くなります。そこで出来る事は安価な3Mヘッドライトコーティングを行う。セラミックプロ9Hを施工する。プロテクションフィルムを貼るが2017年迄の定番でした。

当店は2018年「ドリームコート」施工店と認定されました。

 

“2018/8 トヨタ・ポルテ  ヘッドライトリペア” の続きを読む

2018/8 スカイラインクロスオーバー ヘッドライトリペア

1年ほど前に中古で購入、中古車屋さんでヘッドライトクリーニングを行いきれいにはなったが約1年ほどで黄ばみが再発した。とのご相談。

 

ヘッドライトが何故黄ばむのか? 近年のヘッドライトはポリカーボネートという樹脂製のものになっており、素材の特性上、紫外線などで変色しやすく黄ばみや劣化によるクラックが発生します。

何度クリーニングを行っても黄ばみ・白濁が再発するのは表面のハードコート層が痛んでいるからですが、クリーニングを行うと寿命はどんどん減っていきますので短期間で再発してしまいます。

 

痛んだハードコートを除去しますと守るものが無くなります。そこで出来る事は安価な3Mヘッドライトコーティングを行う。セラミックプロ9Hを施工する。プロテクションフィルムを貼るが2017年迄の定番でした。

当店は2018年「ドリームコート」施工店と認定されました。

“2018/8 スカイラインクロスオーバー ヘッドライトリペア” の続きを読む

2018/8 BMW・X3 ヘッドライトリペア  

輸入車(ドイツ車)は年数によりヘッドライトにカビが生えたような痛み方が発生しますが、この様な状態になるとクリーニングは不可となります。表層の傷んだ部分を剥がす「ハードコート除去」を行い、守るための物の手段としてガラスコーティングかプロテクションフィルムと言う選択でしたが、2018年7月 ヘッドライトリペア「 ドリームコート認定施工店」となりましたのでヘッドライトリペアが出来るようになりました。

 

“2018/8 BMW・X3 ヘッドライトリペア  ” の続きを読む