日産・スカイラインGT-Four(ENR34) セラミックプロ9H 4レイヤー(4層) 札幌市西区から

日産・スカイラインGT-Four(ENR34)ブラックパール

Ceramic Pro 9H 4Layer

※ボディ、ヘッドライト、テールレンズ、メッキ、樹脂パーツ

—オプション—

ウィンドウうろこ除去全面

ウィンドウ撥水コーティング PRO PGS-33 (全面)

洗車傷が気になるとご相談を受け、過去の経験から34スカイラインの塗膜の薄さ、柔らかさを想定し

現車を拝見したところ「やはり想定したとおり」


励みになりますので宜しければ1日1クリック、お願いします ♪♪♪

にほんブログ村 車ブログ 車 洗車・コーティングへ


ボンネットは80μm前後

左ドアは50μ前後と非常に薄く、またバラバラ

補修しているからと思われます。

トランクは110μmとボンネットに比べると厚めですが、パネル丸ごと再塗装されております。

元々柔らかめの塗装に、補修による再塗装なので更に柔らかいため

簡単に洗車傷が入ってしまいます、

またスノーブラシ痕も目立ちました。

下地処理コース:ハードポリッシュ

その後、セラミックプロ9H下所処理剤「ナノポリッシュ」でバインダー作業を行い

セラミックプロ9H 4レイヤーを施工致します。

下地処理の為、要所をマスキング処理を行い弱い場所を保護します。

マスキングの必要性

○パネルのエッジやプレスラインなど、塗装の薄い部分や弱い部分の塗装を剥がさない為。
○パネルのエッジやプレスラインなど、塗装の薄い部分や弱い部分の塗装を更に薄くしない為。
○樹脂部分の保護
○すき間にコンパウンドの粉を入れないようにする。

※ボンネットやドアにプレスラインが多いので、磨きすぎて薄くなり過ぎないようにする目的もあります。

宜しかったらこちらもご覧下さい。当店へご入庫いただいたお車で気が付いた点

意外とマスキングを大事にしない業者は多い。

公開していても不十分だったり、理解してなかったり

光が差し込む室内では傷が見えませんので、余計な外光をシャットアウトし研磨に臨みます。

強い光源で塗装面を見ていきます。

照明は明るさではなく力が研磨には必要です。

深い洗車傷

ボンネット右側

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

撮影位置が違いますがここまでスッキリ

ボンネットの激しい傷

最終的にここまでスッキリしました。

こちらは1stポリッシュ中

傷が薄くなってきているのが判るかと思います。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

トランクはウイングを外し研磨を

傷が深く多い、完全除去は難しいですが、これぐらいスッキリすると映り込みが豊かになります。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

研磨後はセラミックプロ専用下地処理剤「ナノポリシュ」を使いバインダー作業を行います。

ナノポリッシュはセラミックプロの新車用下地処理剤

コーティングを施工する前にナノポリッシュ(定着剤)を使用し塗装面とコーティング剤の密着性を向上させます。この作業で更に艶が向上します。

コーティングはCeramic Pro 9H 4Layer(4層)

○セラミックプロ9Hはこの様なコーティングになります。

セラミックプロ ジャパン PV

トヨタ・クラウン

傷の目立ちやすい黒(202)へセラミックプロ9H


Ceramic Pro(セラミックプロ)は世界有数の検査、検証、テストおよび認定企業である「SGS」によってテスト・認定されています。

各試験において可能な限りの最高の結果を得ております。

http://www.ceramic-pro.jp/sgs.html

コーティングは残念ながら厳密な規格はございません。

例えば、激安の資材をネットで購入し、オリジナルの名前を付けてもまかり通ってしまいます。

当店はセラミックプロ9Hはもとより、カービューティープロ純正など個人もしくは小規模事業では不可能なテストを行ったコーティング資材しか取り扱いません。

現在の札幌はようやくプラス気温になってきましたが、コーティングは気温16度以下では加水分解、脱水縮合(固まりません)が出来ません。

20度以上を保ち施工を行うので作業中は暑くてたまりません、

またエージング時も室温を一定にすることによってとで冬でも問題なく施工できます。

最終工程では最新式カーボンヒーターを使用し

1パネル毎にカーボンヒーターによる焼付処理

特殊熱処理を行い初期硬化を促進後

カーボンヒーターにて焼付処理

外したリアウイングも研磨・セラミックプロ9H 4レイヤー
数々の工程を行いセラミックプロ9H 4レイヤー完成です。

セラミックプロ9Hは疎水性です。

お引渡し前の洗車

※お車はすでに出庫しております。

詳しくはこちらをご覧ください。当店の考え方です。

 

日産・スカイラインGT-Four(ENR34)ブラックパール

Ceramic Pro 9H 4Layer

※ボディ、ヘッドライト、テールレンズ、メッキ、樹脂パーツ

—オプション—

ウィンドウうろこ除去全面

ウィンドウ撥水コーティング PRO PGS-33 (全面)

洗車傷が気になるとご相談を受け、過去の経験から34スカイラインの塗膜の薄さ、柔らかさを想定し

現車を拝見したところ「やはり想定したとおり」でした。

所々補修されており、塗膜の厚さが不均衡のために方法を変え研磨しました。

一部取り切れない傷や塗装によるボケもありますが、とても17年くらい前のお車とは思えない輝きを取り戻し

色再現性に優れる「セラミックプロ9H 4層」を行い、新車以上の光沢感が出ています。

— お手入れ—

※最近は粗悪な融雪剤が多量に撒かれてボディーへ固着してしまう事例も確認されております。

その場合はアルカリ成分が含まれたシ ャンプーは全く意味がなしません。

○カービューティープロの専用シャンプーはR-012(撥水タイプ)です。

1,620円

洗車スポンジは216円で販売しています。

徐々に水垢が付着し水ハジキが悪くなってきたり汚れが目立ってきた場合はメンテナンスをお勧めします。

ご自身で施工される場合はセラミックプロ スポーツもしくはメンテナンス剤 R-115、またはR-511 ウォーターアドヴァンスを使ってください。

詳しくはこちらをご覧下さい。

撥水タイプのコーティングされている方

Ceramic Pro SPORT(セラミックプロ・スポーツ)

¥ 7,344

※こちらの価格には消費税が含まれています。

Ceramic Pro SPORT(セラミックプロ・スポーツ)はCeramic Pro 9Hのメンテナンスコーティングです。

Ceramic Pro 9Hの撥水性能を復活させ、ウォータースポットの防止や除去にも適しています。

また、Ceramic Pro 9Hのセラミック被膜の保護・強化にも効果的で長期間持続させます。

メンテナンスキットを使用していただければ、よい状態が長続きしますので、ぜひご活用ください。

ご利用ありがとうございました。


CeramicPro9Hは札幌は当店と車の119番様のみ取扱店に認定されております。


励みになりますので1日1クリック、よろしくお願いします♪

にほんブログ村 車ブログ 車 洗車・コーティングへ  にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ 

車整備・修理 ブログランキングへ
にほんブログ村

—————————————————————–

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

セラミックプロ 9H 認定施工店

2015年 東京モーターショー出品車 施工技術協力店

2014年 札幌モーターショー出品車 施工技術協力店

2013年 東京モーターショー出品車 施工技術協力店

 

カービューティープロ 札幌ドーム前

〒 062-0051
札幌市豊平区月寒東1条17丁目4番29号

ホームページ
TEL  :011-799-0865

       

——————————————————————————–

北海道札幌市豊平区 カービューティープロ認定、セラミックプロジャパン認定 自動車のボディー磨き、カーコーティング、ガラスコーティング、ルームクリーニング等 専門店!「カービューティープロ 札幌ドーム前 」です 。

当店は大切なお車の塗装面の復活(研磨、ミガキ、コーティング)、クリーニング、シートクリーニング、ウィンドウ撥水コーティング、アルミホイールコーティング、ヘッドライトの白濁を取去るヘッドライト クリーニング、ミガキ&コーティング、欧州車に多い樹脂モールパーツの白濁を防ぐ樹脂モール コーティングを行うカーコーティング専門店です。

札幌市内(中央区、豊平区、南区、清田区、白石区、北区、手稲区)、小樽市、江別市、岩見沢市、夕張市、北広島市、恵庭市、千歳市、苫小牧市、長沼町、栗山町、三川町、由仁町、野幌町、厚真町、遠くは稚内市、釧路市、帯広市、函館市、旭川市、北見市、長万部町、えりも町、浦河町、様似町、虻田町、黒松内町、八雲町、瀬棚町、江差町、松前町、猿払村など北海道各地からも多数御来店頂いております。

主力であるガラスコーティングは鉄粉等の汚染物質の除去、丹念な細部の洗浄、塗装面の光沢復元により見違える輝きを取り戻し高性能なコーティング剤でボディを保護することで、美しさを長期間保ちます。クオリティーの高い技術をぜひ一度体験してみてください。

新車へガラスコーティングの考え方

札幌は除雪費用削減の影響でロードヒーティングがカットされ、

その変わりとして塩カルの使用が非常に多くなり、

お車の使用条件は年々非常に厳しいものになっております。

その事から塗装面を外的要因から守るためボディーをコーティング

とお考えになる方が非常に多く、

新車で購入のされる場合は特に検討される機会も多いかと思います。

経年車・中古車のガラスコーティングに考え方

最適な機材とコンパウンドを使い

シミやすり傷、洗車キズを可能な限り除去し

塗装面を平滑化させ美しさを取り戻します。

作業の際、熱の使用を抑えてますので塗装面を痛める事はありません。

丁重に磨かれたボディーは新車より美しく見えます。