窓ガラスのヒビは自然に広がっていきますので早めのリペアが必要です。

ウィンドウリペア

2018/2より完全内製化、新しい技術を導入しました。

ウィンドウリペア

厄介な割れ、ヒビも大丈夫

高速道路などを走行中に、フロントガラスの「バチッ!」って音に驚いた経験ってありませんか?この割れ・ヒビっていうのは厄介なもので、そのままにしておくとどんどん大きくなってしまうのです。そんな症状を治す技術が「ウインドリペア」。ガラスと同等の性質を持つ液剤を専用工具で割れに流し込み硬化させることで修復します。費用もガラス交換に比べて1/3程度、とても経済的です。ガラスに割れやヒビがあると車検は通りません。

ガラス交換不要のウィンドウリペア技術

ガラス交換不要のウィンドウリペア技術

フロントガラスに入ったヒビはそのままにしておくと、振動や風圧で大きくなってしまいます。 カービューティープロのウィンドリペアならガラスを交換することなく、ほとんど目立たない状態までガラス面を修復します。

優れた経済性

優れた経済性

フロントガラスのヒビや割れはそのままでは車検に通りません。ガラスを全面交換をするとなるとかなりの出費と時間を覚悟しなければなりません。しかしウィンドリペアなら、短時間で費用も交換に比べると1/3から1/4、とても経済的です。

強度と安全性を十分に確保

強度と安全性を十分に確保

カービューティープロのウィンドリペアは道路運送車両の保安基準を完全にクリア。 強度と安全性は十分に確保されています。

ウィンドウリペア技術

強度と安全性を十分に確保

クルマのフロントガラスは中間膜を挟んで2枚の合わせガラスになっています。 走行中、石などがぶつかり衝撃がかかると、ガラスの表面が飛散し、内部にはヒビが入りわずかな隙間ができてしまいます。 この隙間にガラスとは屈折率が異なる空気が入り込むことにより、目に見える「割れ」の状態となるのです。 ウィンドリペアでは、この隙間部分にガラスとほぼ同じ屈折率の樹脂(レジン)を注入して硬化させることにより「割れ」を目立ちにくくし、強度と安全性を確保していきます。

最新の機材

もちろん先進の機器と熟練されたプロの技術で施工するため仕上がりもキレイなうえ、隙間なく修復できるため強度も安定します。

2018/3最新式機材を導入、既存の方法より早く仕上がりも向上しました。


 価格目安
1cm以内  15,000円~

お問い合わせ

お問い合わせは直接のご来店、電話、メールで承ります。

<< 前のページに戻る