お車の内外装(コーティング、クリーニング、ガラスリペア)は札幌市豊平区カービューティープロ札幌ドーム前へおまかせください。

お車のクリーニングのポイント

プロルームクリーニング

クリーニング業者は市内に多数存在しますが、他業者との違い、カービューティープロ札幌ドーム前の特色をご紹介します。

カービューティープロのライセンス保持

車内クリーニングの使用液剤について

PRO専用液剤について

危険な業者に注意

車のクリーニング業者は札幌市内には多々ありますが、中にはスーパーで売られている家庭用洗剤を使う等、信じられないケースが多い現状です。家庭用と車用では汚れを落とすのが同じ目的であってもすすぎが十分にできませんのでアレルギーの発生の可能性大、大変危険です。これは使用する液剤が専用品の場合はコストの問題が発生する事と、理論が無いために様々な汚れに対して何を使って良いのか解からないからではと想定します。

車内クリーニングの代表的な液剤をご紹介

PRO C-54 UPHOLSTERY & CARPET CLEANER

PRO C-54 UPHOLSTERY & CARPET CLEANER

速乾性の高発泡性クリーナー。タフな汚れを効果的に取り除き、退色した素材を回復させます。
S-81 WIPE-ON VINYL DRESSING

S-81 WIPE-ON VINYL DRESSING

無臭、サテン(半艶)、水性の光沢剤です。 油性の艶出しとは違い乾燥しベタベタしません。ビニール、ゴム、プラスチックに見られる退色や変色の原因となる強力な紫外線を遮断し保護します。
S-44-Q LEATHER LOTION

S-44-Q LEATHER LOTION

天然モイスチャライザーを使用したクリーミーな高級レザーコンディショナーは、UV耐性により自動車用レザーの復元と維持に役立ちます。非シリコーン配合は、湿ったまたは乾いた革に容易に浸透し繊維と結合し革の感触を柔らかく滑らかに保ちます。
C-61 PRO-SOL

C-61 PRO-SOL

多用途で速乾性の溶剤はタール、ワックス、接着剤、シリコーンを除去します。
BAF ライセンスとは

取扱いにあたり

代表的な液剤を紹介させて頂きました。お車には様々な汚れが考えられますが、汚れに合った液剤をセレクトするため膨大な量になりますのでこれはほんの一例です。シートベルト専用、お菓子専用などもあります。

使用法はラベルに明記してありますが、日本と米国では汚れの質や仕上がり、素材が異なるため日本独自の手法が必要です。PROライセンス取得により最適な施工法が学べますが、これはマニュアル化しておらず伝心のみなのです。

PRO AD-Deodorizer(安定化二酸化塩素ガス発生装置)

スチームによる熱処理について

スチームによる除菌滅菌は家庭用ではむずかしい

スチーマーによる滅菌除菌について

画像のようなスチームを使用しての滅菌及び除菌を行っておりますが、スチームを当てただけでは滅菌除菌は成立しません。何度の蒸気で何秒間がの理論が必要です。
家庭用スチーマーでは滅菌除菌は不可です

家庭用と業務用の違い

スチームでの除菌滅菌は家庭用では噴出孔温度が80度程度(やけどの問題があるため)です。これでは表面温度が4~50度程度なので除菌滅菌は出来ませんが堂々と除菌滅菌を謳っている業者が多い現状です。安価なので採用されているケースが多い。

業務用は表面温度は約120度と高温となるたプラスティック素材は溶けてしまいますので使用できませんが、ファブリックなどの素材では汚れの浮き出し、熱による除菌滅菌が可能となります。もちろん細かい秒数の規定はあります。高額なため採用しない業者が多い。

業務で使っているから業務用ではありえませんので熱に弱いプラスティック部分に使用されているか否かで判断出来ます。

さらに当店のスチームは単なる水蒸気ではありません。除菌滅菌のための液剤を高温で噴出させておりますので、一般的なクリー二ング業者と比べアドバンテージを誇ります。

リンサーによるすすぎ洗いについて

リンサーによるすすぎ洗いについて

リンサー使用での洗浄について

当店でも使用しているリンサーと呼ばれる洗浄機ですが、こちらは誰でも均一に仕上がる大変良い機械になります。しかし均一と言う通り平均的であり最高ではありません。例えばですがクリーニングのノウハウを判らない方が使う分にはそれなりに仕上がります。しかし完璧ではありません。この点についてもカービューティープロ正規ライセンス保持者の場合は仕上げに専用のアプローチを行います。それがノウハウなのです。

素材を傷めない工夫

素材を傷めない工夫 エアダスターでは風合いを壊します。

エアダスターの使用は注意が必要

汚れやごみを吹き飛ばすのに使用されるエアダスター(先端のとがったツール)を使用されるケースを良く目にしますが、内装には芳しくありません。風合い変える可能性と部品をを壊してしまう可能性があるためです。クリーニングに力を入れている業者は画像の様なツールを使いパルス状の圧縮エアーでごみを掻き出しますが、当店は更にこだわった専用ツールを使用し素材の奥に潜むゴミを叩き出します。
素材を傷めない工夫 歯ブラシは使ってはいけません

車の素材は大変デリケートです。

画像のような歯ブラシを使ってゴシゴシ、何となくくやってしまいがちですが、これNGです。塗装面にスノーブラシ使用を行うと傷が入るように内装パーツも傷が入りますのでプラスティック素材のブラシはNGです。

全てノウハウなのです。

徹底した乾燥

徹底した乾燥

お車は水分を嫌います。

クリーニングで大事なのは乾燥です。 車はもともと水分を嫌いますので、できる事ならクリーニングは避けたいですが どうしても行わないと汚れは取れません。 特に北海道では10月~3月の気温が10度を下回ると、そのままでは乾燥がほとんど出来ません。

残留水分(湿度)が高いと気温が低い時点ではカビは発生しませんが、暖かくなってきてから異臭とカビの原因になります。 当店は温度と湿度、乾燥に長年の経験から厳しい基準を設けておりますのできっちり乾燥させて出庫しますのでご安心ください。

車内クリーニング担当者

クリーニング担当スタッフ(女性)と相談もできます。

デリケートなクリーニング案件の場合は女性スタッフが対応します。

デリケートなクリーニング案件の場合

当店はカービューティープロで認定された技術スタッフの他に、医療現場での勤務経験のある女性スタッフも在籍しております。その事から当店では車視点でのクリーニング方法に医療現場で行う滅菌法を取り入れています。

またデリケートなクリーニング案件の場合は女性スタッフを担当させますのでお問い合わせの際にお申し出ください。

車内クリーニングの各コース

コースについて

お問い合わせ

お問い合わせは直接のご来店、電話、メールで承ります。

<< 前のページに戻る