コーティング・クリーニングは理論と技術が必要

フェラーリ コーティングについて

Ferrari 01

近年のフェラーリ車はPPGインダストリーズと共同開発された低温塗装テクノロジー 2コートの塗装システムで特別に配合されたクリアコートを使用されている事から塗装が強固になり並みの研磨技術では攻略不能です。それ以前の車種は比較的柔らかめの塗装になります。輸入する際に塗装面の汚れ、小傷の除去を研磨されているケースが多いのですがあまり質が高いとは言えません。液剤、機材、何よりも優れた人材と理論が研磨には必要です。新車時の研磨、中規模以上等の中古車業者の納車仕上げ(美装)、格安や量販店での研磨はあまり良いとは言えず、どちらかと言いますと質の悪い研磨になります。

これは理論の無い人間がインターネットで調べた程度の技術で、ディーラー及び中規模以上の中古車販売店に出張作業を行うからですが、よく屋外で作業されているのを見受けられます。また量販店では1人ひとりのしっかりしたライセンス取得が難しい事(パフォーマンスでの検定)と基本理念が低いサービスをアルバイトや新人にコピーさせる事により劣化部分が引き立つからです。

当店は北海道札幌市にて大切なお車へガラスコーティング、塗装面の復活「高度な下地処理(研磨」を行うコーティング専門店です。

常識を超えた最高硬度9Hの比類なき硬度と防汚性能を持つ世界的次世代のコーティングシステム「セラミックプロ 9H」認定、 カービューティープロライセンス所持。豊平区の札幌ドームすぐ近くで施工させて頂いております。様々な状態・使用状況を予算やお客様の望む仕上がりを 札幌市内(中央区、豊平区、南区、西区、清田区、白石区、北区、手稲区、厚別区)石狩市、江別市、岩見沢市、恵庭市、千歳市、小樽市、苫小牧市から口コミ、 評判で多数ご来店頂いております。新車ではリーズナブルな価格でコーティング施工出来ますのでご相談ください。

新車・経年車

コーティング施工の考え方

施工記録

4


インスタグラム

ブログ


<< 前のページに戻る