他社コーティングでご満足いただいてない方、ご相談ください

経年車へガラスコーティング

あなたの愛車を新車の様に復活させます。

ボディを守り、光り輝く美しさへ

下地処理

経年車のコーティングでは下地処理が必須と当店では考えます。大まかに言うと下地処理は細かい部分の洗浄「ディテール洗浄」、塗装面の研磨の事ですが、研磨とはポリッシャーと言う機械を使用し塗装面の汚れを除去、洗車傷の除去を行う事でコースによっては新車以上の輝きを発揮させます。下地処理(研磨)は単純に磨けば誰でも同じレベルになる事はあり得なく経験と理論が必要です。

具体例をご覧ください。HP(ハードポリッシュの1回目の研磨)

傷んだ塗装面
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
トヨタ202ブラック ハードポリッシュの1工程目 若干、オーロラが残っておりますが、この後の仕上げ研磨でスッキリさせます。
傷んだ塗装面


Before
マークX 202ブラック ビフォー

After
マークX 202ブラック アフター

研磨の見本 トヨタ 202ブラック 1stポリッシュ




プリウス 202ブラックの仕上がり

202ブラックは小型から大型までのカラーとして使われており大変デリケートです。その中でもプリウス等のエコカーはランドクルーザーに比べ柔らかく感じます。つまり傷が入りやすいと言う事です。


違いのわかりにくいシルバーでも「ミドルポリッシュ」でこんなに変わります。

サンプル車両はホンダ・ライフです。軽自動車はコストの問題で塗装は薄く、この時代のライフはあまり状態がよろしくありませんので、あえて見本とさせて頂きました。ボンネットは新車以上の輝きになってます。
傷んだ塗装面
↓↓↓↓↓
傷んだ塗装面

経験と理論について

余計な外気・外光をシャットアウト

研磨を行うためには外気が入り込まない閉め切った環境、適正な光源が必要ですが、よけいな外光を室内に入れない工夫も必要です。よけいな外光が入り込むと光が分散され塗装面の傷や汚れ等が見えなくなるためです。

当店へトラブルで入庫されたお車「下地処理をあまり考えていない、または未熟な施工例」

施工例(ブラック)

施工例(ホワイト)

施工例(ブルー)

施工例(レッド)

施工例(イエロー)


様々な事例に対応

コーティングの料金について

研磨、コーティングで特に大切な事

お問い合わせ


<< 前のページに戻る