経年車のコーティングでは下地処理が必須と当店では考えます下地処理(研磨)は磨けば誰でも同じレベルになる事はあり得なく経験と理論が必要です。

経年車コーティング

あなたの愛車を新車の様に復活させます。

ボディを守り、光り輝く美しさへ

下地処理

経年車のコーティングでは下地処理が必須と当店では考えます。大まかに言うと下地処理は細かい部分の洗浄「ディテール洗浄」、塗装面の研磨の事ですが、研磨とはポリッシャーと言う機械を使用し塗装面の汚れを除去、洗車傷の除去を行う事でコースによっては新車以上の輝きを発揮させます。下地処理(研磨)は単純に磨けば誰でも同じレベルになる事はあり得なく経験と理論が必要です。

経験と理論について

余計な外気・外光をシャットアウト

研磨を行うためには外気が入り込まない閉め切った環境、適正な光源が必要ですが、よけいな外光を室内に入れない工夫も必要です。よけいな外光が入り込むと光が分散され塗装面の傷や汚れ等が見えなくなるためです。

当店へトラブルで入庫されたお車「下地処理をあまり考えていない、または未熟な施工例」

では具体例をご覧ください。HP(ハードポリッシュの1回目の研磨)

傷んだ塗装面
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
トヨタ202ブラック ハードポリッシュの1工程目 若干、オーロラが残っておりますが、この後の仕上げ研磨でスッキリさせます。
傷んだ塗装面


Before
マークX 202ブラック ビフォー

After
マークX 202ブラック アフター

研磨の見本 トヨタ 202ブラック 1stポリッシュ




プリウス 202ブラックの仕上がり

202ブラックは小型から大型までのカラーとして使われており大変デリケートです。その中でもプリウス等のエコカーはランドクルーザーに比べ柔らかく感じます。つまり傷が入りやすいと言う事です。


違いのわかりにくいシルバーでも「ミドルポリッシュ」でこんなに変わります。

サンプル車両はホンダ・ライフです。軽自動車はコストの問題で塗装は薄く、この時代のライフはあまり状態がよろしくありませんので、あえて見本とさせて頂きました。ボンネットは新車以上の輝きになってます。
傷んだ塗装面
↓↓↓↓↓
傷んだ塗装面

施工例(ブラック)

ランドクルーザー200

トヨタのソリッドブラック カラーコード202は大変デリケートなカラーで洗車傷が入りやすく、間違った研磨では余計ひどくしてしまいます。

レクサス・GS350(スターライトブラックガラスフレーク)

パッと見、キレイなGSですがカラスに付けられた傷跡、酸性の汚れでルーフ部分に痕跡等でご相談され、全体を一度リフレッシュさせて頂くことになりました。

アウディ・Q7

数年前に購入された時にコーティングをされたそうで、安心感から大きなスノーブラシで雪を落とし、その際に傷が大量に入ったと思われます。 元々は紺だった。とおっしゃるように入庫時は水色ぽく見えましたが研磨を行うと濃くなってきました。

BMW・528i(ブラックサファイア )

硬い塗装のBMWでも徐々に塗装面が洗車傷で覆われ曇りが目立ってきます。

マツダ・アクセラ

走行距離約7万㎞のお車で、秋田県よりご入庫されました。 お車はタオルでゴシゴシ拭いたかのような大量の拭き傷、研磨の痕が散在されており お客様も気にされてい様です。 可能な限り磨き上げましたので、一皮むけた感じでしょうか? お客様も「全然違いますね」と大変喜んでいただきました。

トヨタ ・プリウス

傷がつきやすく目立ちやすいトヨタ・202ブラック  傷が深く大量に発生されており艶消しグレーに見えるほど光沢が失われておりました。 下地処理研磨をハードポリッシュとし、可能な限り傷の除去を行い塗装面を平滑化させることで コーティングに頼らない光沢を出し、硬さと耐薬品性のPCX-V110(低撥水)し 、濡れたような艶、新車時以上の美しさを演出させて頂きました。

施工例(ホワイト)

日産・GT-R

新車時に他社様でプレミアムのコーティングをされたようですが、3年程経過され汚れが目立って来た事からセラミックプロ9Hのご依頼を頂きました。【セラミックプロ9Hプレミアムコース】は、研磨で洗車傷の除去を行い塗装面を平滑化させる事によって鏡面ボディーを作り Ceramic Pro 9H 2Layerで更にヌレヌレ艶々ボディーに致します。 Ceramic Pro 9H は疎水性の為、 水滴がついても流れやすく雨染みが 付着しにくいコーティングです。 紫外線や酸性雨で劣化しにくく驚きの耐擦り性能を実現しているコーティングになります。

トヨタ・ランドクルーザー200

新車時にコーティングされ2年毎にリフレッシュさせて頂いておりますランドクルーザー 今回はセラミックプロ9Hを施工します。

マセラティ・クアトロポルテ

力の強い光源を照らすと傷の見えにくいホワイトでもこれぐらいは見えます。
見えなけれな当然ながら磨けませんし、研磨レベルの減少を招きます。

施工例(ブルー)

BMW・X6M(エストリブルー)

きれいに見えるお車でもすり傷や洗車では取れない汚れが多く、ボディーを曇らせてましたが、磨きでキレイにしコーティングを行ってますので新車以上の輝きになっております。

VW・ゴルフR

走行距離 約10万㎞のゴルフR、いったんリセットと言うことでのご入庫でした。 お車は洗車でできたであろうキズがものすごく入っており、艶が低下した状態でした。

トヨタ ・マークX

平成17年登録、走行距離 約7万kmほど走行されているお車ですが「洗車傷が気になる」との事でのご入庫。

スバル・レガシーTW2.0GT(WRブルーマイカ)

年式の割にはお手入れが良くとてもキレイなお車ですが 、この度いったんリセットとの事でのご入庫でした。


施工例(レッド)

アウディ・TT

約10年経過したお車は、コーティング前は朱色ぽく感じましたが、研磨にて新車以上の鮮明な赤に復活しました。 研磨傷は深目の場所があり、完全除去は今後を考えると避けた方が良いと判断しましたが目立たないと思います。

施工例(イエロー)

ホンダ・S2000  (ニューインディイエロー・パール) 

ホンダ・S2000 (ニューインディイエロー・パール) 

道東よりご相談頂きましたホンダ・S2000。 元々は本州の納屋に収められていた車両で、錆等はなく、内燃機関も良好で良い状態のお車でしたが、 太陽光下でのギラギラ、これは大量の洗車傷ですが気になってのご相談。 予算もありますので研磨レベルを上げPC-52A(フッ素ポリマーで下げました)。 入庫時はレモンの様な淡い黄色でしたが研磨、コーティング後のお車は濃厚な黄色本来のニューインディイエロー・パール)以上に生まれ変わりました。

様々な事例に対応

コーティングの料金について

研磨、コーティングで特に大切な事



まとめ

カービューティープロ 札幌ドーム前では下地処理は細かい部分の洗浄、研磨工程と複数回に渡る工程を行います。この下地処理はどこでも同じと言う単純ものではなく上記で説明した通り経験と理論が必要です。

〇マスキングを確実に行い、今回は大丈夫でも将来を考えヘッドライト、プレスラインを守る。
〇研磨時は外気をシャットダウンし、バフ傷の原因になるチリやホコリを入れない。
〇照明は最新が最高ではありません。狭角・力率・距離・ケルビンを考えコントラストが強い照明を複数導入。
〇部外者に入庫を特定させない。(ブログ等での公表)

こだわりはまだまだ沢山ありますが、大まかに言うと上記が最低ラインです。

研磨はライトポリッシュ、ミドルポリッシュなどの名称で、どこも同じものと思えるかもしれませんが、技術力は名称と価格では比較できません。
ご検討中のお客様に置かれましては予算と仕上がり、何よりも作業工程とセキュリティーなどの考え方も考慮してご選択して頂ければと思います。

同時施工がお得

※ボディーコーティングと同時にご依頼頂きますと下記の作業は20%ほど割引になります。
ウィンドウ撥水コーティング
アルミホイールコーティング
ヘッドライトコーティング

以下もおすすめ
樹脂パーツコーティング
カーラッピング
ヘッドライト プロテクションフィルム
ドアカップ プロテクションフィルム
ドアエッジ プロテクションフィルム
ステップ プロテクションフィルム
リアゲート プロテクションフィルム

お問い合わせ

お問い合わせは直接のご来店、電話、メールで承ります。

<< 前のページに戻る