研磨及びコーティング技術について

技術について

入校して理解した点

スクール費が惜しく、そのままの技術で開業と考えていた事もあります。しかし、本当にそれで良いのだろうか?と悩みに悩み、確かな技術を学ぶため入校を決めました。

まず、カービューティープロは約40年( 1,976年設立)の実績、全国500ヶ所の施工店によるフィードバックにより最新の技術と理論が享受されます。享受された事により感じたことは「自己流では限界がある」です。恥ずかしながら、入校前に自己流で磨いた自分の車は全く話になりませんでした。

左の画像に見える通りカービューティープロスクールでは機材ははシングルアクションが基本です。電気ドリルの大型とイメージして頂ければ解りやすいかと思いますが、とても取り扱いが難しいのです。

他業者では2~3日程度の講習時間で終了されるケースが多いのはまだ良いとして、DIYからの開業、数か月務めただけで開業と異常なケースが見受けられます。当然基本であるシングルアクションを使いこなせず最新式の器材でのみで作業を行うケースも少なくはありません。

入校して理解したに続く→

例えば研磨を理解していない方や未熟な方(バイト等)が使うには良いのでしょうが(お客様から見たら嫌でしょうが)、艶がいまいちだったりと納得がいきません。もちろん最新式機材を否定する気はありませんし当店も一部に使用しているケースもございます。しかし、その様な安易な研磨方法しか知らないと‥


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
米国 BAF社製高性能洗浄剤

洗浄の際に使われる液剤

塗装面は洗車では落ちいない汚れ、今回の場合は鉄粉とピッチ、タールの汚れ コーティングには大敵ですので、速やかに除去します。 速やかにできるのは米国BAF Industriesの洗浄剤の力が全てです。DIYでは 1日かかる事が1時間で終えるので、その分還元出来るからです。これがカービューティープロの特色です。

カービューティープロはフランチャイズですか?と聞かれるケースが多いのですがフランチャイズではありません。では何故同じ看板で営業されているのか?ですが、まず上記のカービューティプロスクールで技術と米国BAF Industries製ケミカルの取り扱い方法を学びます。卒業することで取り扱いライセンス(日本の場合はPROナンバー)が交付され技術を提供できるようになります。その証が看板の【PRO】なのです。

※BAF社製洗浄剤はライセンスを持たないと使用できません。仮に並行輸入出来たとしても使いこなせないでしょう。それぐらい難しい洗浄剤です。
BAF Industries

BAF Industriesとは

カービューティープロの前身であるBAF Industriesは、1935年にジャック・W・バーフォードによって設立され、カリフォルニア州サンタアナに本社を置くBAFインダストリーのプロフェッショナル部門です。 他のケミカルメーカーとは異なり、ワックス、コンパウンド、コーティング剤、塗料、クリーナー、バフィングパッド、ペーストワックスを自身の施設で製造する唯一の企業であり、米国、カナダ、メキシコ、カリブ海、中東、ヨーロッパ、環太平洋地域の300以上のプロのディストリビューターに70年以上にわたり、自動車ディーラー、ディテールショップ、カーウォッシュ、オートオークション、ボディショップにPRO製品を製造し販売しています。

創業以来高い水準の品質を維持することにより、BAF Industriesは今日のカーケア業界の大手メーカーとして評判を得ています。

1989年にProfessional Carwashing&Detailing MagazineではPRO製品が業界で1位を獲得しました。 プロのディテーラーに数多くのメーカーの600種類以上のカーケア製品で最も頻繁に使用される5つのカテゴリ(コンパウンド、ポリッシュ/ワックス、ドレッシング、シャンプーおよび洗浄剤/溶剤)で調査されます。1991年の詳細調査でも業界で1位を獲得しております。

BAFでは、経験豊富な化学者及び研究開発スタッフが、最先端のプロフェッショナルカーケア製品の製造に専念、品質を管理し、 専門的PROディストリビューターによって最新の情報を提供しております。 PROは訓練を受けたカーケア専門家です。 ライセンスによりPRO製品がどのように機能し、どのように適用されるのかを正確に把握しています。

※一部画像をカービューティープロ本部岐阜県のカービューティープロFaN様よりお借りしております。

<< 前のページに戻る