新車時のガラスコーティングはリーズナブルなご提案ができます。

新車コーティング

新車のコーティング 下地処理について

新車の保護フィルム


札幌は除雪費用削減の影響でロードヒーティングがカットされ、その変わりとして塩カルの使用が非常に多くなり、お車の使用条件は年々非常に厳しいものになっております。
その事から塗装面を外的要因から守るためボディーをコーティングとお考えになる方が非常に多く、新車で購入のされる場合は特に検討される機会も多いかと思います。

当店は施工事例(ブログ)でも紹介させて頂いておりますが、新車コーティングの際でも下地処理工程で研磨を推奨しております。

「新車だから汚れていない、必要ない」、しかし新車でも水垢や鉄粉の付着が在る場合があります。
また、すり傷防止の保護シートの糊あとも残っている事もありますし、場合によっては磨きキズもある場合があります。

一番多い保護シートの糊あと

〇内に残った糊痕が見えます。

この様な痕跡は通常はあまり見えませんが、コーティングには芳しくありません。

糊の痕で水流れがおかしい


糊が残っている塗装面にコーティングを行っても時間と共に粘着力が下がり一緒に剥げてしまいます。

他にはこんなケースもあります

グリスのたれ

小傷

トヨタ・プリウス
ブラックなどの濃色車に良く見受けられますが、新しいのでパッと見はキレイに見えます。しかし移動や納車整備中に発生する微細なすり傷は意外と多く、また軽度の研磨を行った痕も見られる場合があり美観を損ねております。

(※注 コーティング施工レベルでのお話なので納車レベルでは問題?ありません。)

オーロラ

スバル・インプレッサ STI SpecC
部分加修によりミガキ傷やオーロラが発生しております。

ハスラー ミガキ傷

研磨傷

スズキ・ハスラー
ブツ取りのためか?ミガキキズがありました。
スズキ・ハスラー フェニックスレッドパール ブラック2トーンルーフ(A6R)

研磨傷

スズキ・ハスラー
2トンルーフの境目付近にミガキ傷

塗装ボケ

MINI COOPER S
キレイに見えていても強い光源下では粗い磨きによるクロスハッチの様な痕が確認されました。塗装面がボケてライトの映り込みが悪いです。
この様な場合は新車コース LEVEL2がお勧めです。

塗装ボケ

MINI COOPER S

キレイに見えていても強い光源下では粗い磨きによるクロスハッチの様な痕が確認されました。塗装面がボケてライトの映り込みが悪いです。
この様な場合は新車コース LEVEL2がお勧めです。


トラブル事例  最新の情報は、ブログ カテゴリー 新車トラブル をご覧ください。

新車コーティングの料金について

コーティング価格算出方法

下地処理 (研磨レベル+ディテール) + コーティング =合計価格
※価格はA~Nまで体積により区分されており合理的かつ公平な料金設定を行っております。
※ディティール(細かい部分の洗浄)、新車は基本無料です。

オプション(新車時にお勧め)

新車コーティングの施工例

研磨、コーティングで特に大切な事


<< 前のページに戻る