【お車の洗浄について】北海道札幌市お車のガラスコーティング カービューティープロ 札幌ドーム前

基本となるお車の洗浄方式

基本となるお車の洗浄方式

お車を洗う際には様々な方法がありますが、カービューティープロ札幌ドーム前ではデリケートな塗装面へのアプローチを次のように考えます。

デリケートなボディーについて

特注洗車スポンジ

使われる道具

ボディーの洗浄の際、様々な部材が使われますが一長一短があります。

1、洗車グローブ及びムートン

洗いやすさと言う面では良いと思いますが、ゴミを吸い込んだ毛はキズの原因になりますので定期的な交換、業務であれば1台使用されたら交換をお勧めします。

2、マイクロファイバータオル
こちらは元々吸水性の良い傷になりにくいタオルなので洗浄より水分拭取りに向くタオルになりますのでシャンプーを使った洗車には向きませんまた業務使用であればゴミを吸い込んだ毛はキズの原因になりますので洗車グローブ・ムートンと同じく1台毎の交換が必要です。

1~2、何れもホームセンターなどで販売されていますので導入しやすいと思いますが共通するNGポイントがあります。これらを使用する場合はカーシャンプーを使うと思いますが、ボディーにシャンプーを大量にかけてこすり洗いはNGです。1パネル事、噛みこんだ汚れを落としてあげる必要性があります。しかしこの手の部材で1パネル毎こまめに洗浄できるでしょうか?

答えはNO、出来ないで一気に擦り洗いだと思います。そうすると目地から落ちてきた汚れが噛みこみデリケートな塗装面を引っ掻き回すので傷の原因になります。実際に当店でピカピカにしたお車がムートン洗浄で傷だらけにされてしまいました例があります。クリック・タップで施工例に飛びます。

ムートンやマイクロファイバーを使って洗浄している以上、キズは避けられないので、新車の場合では傷があったのではなく傷を入れたと言うのが正しいのです。それではディーラーさん可哀そうですしオーナー様も浮かばれません。.

3、画像の車両用洗車スポンジ
画像の特注洗車スポンジは一般向けの商材ではありませんが当店での洗浄の際には必須となっております。メリットとして細かな穴が表面積を稼ぎシャンプー液剤を大量に取り込む事、洗浄中スポンジ内から出たシャンプー液が塗装面の滑り効果を発生し滑らかな洗い心地になる事と、洗浄中シャンプーを吸い込もうとする力(負圧)が発生する事から目地から出たチリを吸い込み塗装面を傷めない。また、1パネル事のもみ洗いを簡単に行う事が出来るので、常にフレッシュした状態で目地から出たチリやゴミで塗装面を傷めず洗車の動線的に車体を守るケアが出来る事。

デメリットとして初期の場合はやや硬いので馴らしが必要と、場所によっては洗いにくいのでタイプCの出番です。
ダメな洗い方

ダメな洗い方

画像はDIYでよく見る光景です。スポンジで洗ってますが間違った点があります。
1、スポンジがつぶれるぐらいの加圧
せっかく細かい穴にチリや汚れを吸い込んでいるのに、余計な加圧はそれらのゴミを塗装面へ戻します。

2、ボディーへ手をかけている点
自身の車ではOKでしょうが、生業にしている場合はNG行為です。

3、屋外での洗浄
これも自身の車ならOKですね。

グリルやBピラー

傷の入りやすいグリル

最近のお車、特にレクサスやマツダ CX-5等はグリルがハニカム構造になっており、洗いにくくかつ傷の入りやすい素材でできております。こちらを洗浄する時は間違ってもマイクロファイバータオルなどで擦り洗いは避て下さい。キズが入ります。キズが入った場合はポリッシャーでの研磨不可なので交換しかありません。

PRO  タイプCも有効

タイプCスポンジ

こちらも当店では米国 BAF社製クリーナーを使用し画像のように柔らかいスポンジで洗う事を徹底しております。

鉄粉及び異物除去について

トラップ粘土は新車に使ってはいけません

トラップ粘土は新車に使ってはいけません。

鉄粉や異物除去に威力を発揮しますが、これはむやみやたらに使ってはいけません。何故かと言うと塗装面に傷が入るからです。粘土の研磨力は相当なもので赤→青→緑→白の順で弱くなっていきますが、特に研磨力の強い赤は新車には使ってはいけません。どうしても使う場合は強固に付着したペンキ等ですが、この場合は研磨を前提として使用するので相当の研磨量を必要とします。また 経年車で鉄粉が酷く研磨を想定した場合は工程により使用は避けられませんが、新車の場合は研磨を抑える方向で考えますので、あまり使うべきではないとカービューティープロ札幌ドーム前では考えます。もちろんラバーパットもです。つまり粘土やラバーパットを使っている以上、キズは避けられないので、新車の場合では傷があったのではなく傷を入れたと言うのが正しいのです。それではディーラーさん可哀そうです。.

またラバーパットの場合は白い痕が大量に発生しますが、それを他人が原因と自身の足元の見えない業者も多いです。その傷をバフ傷と言い切る言動は業者として摩訶不思議ですが、根本的なことを理解していない事が原因です。年齢に見合わない経験 経験を連発するのが特徴ですね。経験って1日でも経験ですので。

しかし、どうしても使用しなければならない時は新車でもあります。なので「むやみやたら」なのです。スムーサーを何を使うかでもダメージが変わってきますが‥

洗浄に使われる液剤

米国 BAF社製高性能洗浄剤

洗浄の際に使われる液剤

塗装面は洗車では落ちいない汚れ、今回の場合は鉄粉とピッチ、タールの汚れ コーティングには大敵ですので、速やかに除去します。 速やかにできるのは米国BAF Industriesの洗浄剤の力が全てです。DIYでは 1日かかる事が1時間で終えるので、その分還元出来るからです。これがカービューティープロの特色です。

カービューティープロはフランチャイズですか?と聞かれるケースが多いのですがフランチャイズではありません。では何故同じ看板で営業されているのか?ですが、まず上記のカービューティプロスクールで技術と米国BAF Industries製ケミカルの取り扱い方法を学びます。卒業することで取り扱いライセンス(日本の場合はPROナンバー)が交付され技術を提供できるようになります。その証が看板の【PRO】なのです。

※BAF社製洗浄剤はライセンスを持たないと使用できません。仮に並行輸入出来たとしても使いこなせないでしょう。それぐらい難しい洗浄剤です。
BAF Industries

BAF Industriesとは

カービューティープロの前身であるBAF Industriesは、1935年にジャック・W・バーフォードによって設立され、カリフォルニア州サンタアナに本社を置くBAFインダストリーのプロフェッショナル部門です。 他のケミカルメーカーとは異なり、ワックス、コンパウンド、コーティング剤、塗料、クリーナー、バフィングパッド、ペーストワックスを自身の施設で製造する唯一の企業であり、米国、カナダ、メキシコ、カリブ海、中東、ヨーロッパ、環太平洋地域の300以上のプロのディストリビューターに70年以上にわたり、自動車ディーラー、ディテールショップ、カーウォッシュ、オートオークション、ボディショップにPRO製品を製造し販売しています。

創業以来高い水準の品質を維持することにより、BAF Industriesは今日のカーケア業界の大手メーカーとして評判を得ています。

1989年にProfessional Carwashing&Detailing MagazineではPRO製品が業界で1位を獲得しました。 プロのディテーラーに数多くのメーカーの600種類以上のカーケア製品で最も頻繁に使用される5つのカテゴリ(コンパウンド、ポリッシュ/ワックス、ドレッシング、シャンプーおよび洗浄剤/溶剤)で調査されます。1991年の詳細調査でも業界で1位を獲得しております。

BAFでは、経験豊富な化学者及び研究開発スタッフが、最先端のプロフェッショナルカーケア製品の製造に専念、品質を管理し、 専門的PROディストリビューターによって最新の情報を提供しております。 PROは訓練を受けたカーケア専門家です。 ライセンスによりPRO製品がどのように機能し、どのように適用されるのかを正確に把握しています。

こだわりとは

米国 BAF社製高性能洗浄剤

こだわりと意固地は別物です。

カーディティール業では様々な個性を持った方が多いですが、中には「こだわり」と「意固地」を勘違いされている方が非常に多いです。似て非なる言葉ですがこだわりは「良い仕事を行う方向性」を意味します。良い仕事は単純なようで非常に複雑ですが最終的には「お客様満足度」では無いでしょうか?

例えば長時間シコシコと何らかの部材を美しくしようとします。全く理論の無い場合は10時間掛かったと仮定しますが、それでもお客様が喜んでくれれば良しとしましょう。しかしこの10時間、工賃8,000円/hであれば喜ばれるでしょうか?

しかし技術を習得し15分で終えることが出来れば、同じ結果でも2,000円で済みます。

これ、外装研磨にも言える事で、カービューティープロ、セラミックプロ正規ライセンス保持の場合は徹底的に理論を叩き込まれます。卒業後すぐに開業できるのは基本が完全だからなのですが、もし理論が無ければ例えの10時間なのです。実際某コーティング店より当店へ面接に来られた方の例を言うと、あまり磨けない機材で8時間磨くとありました。当人はそれが当たり前であり最高なのですが「こだわり」と称しておりました。しかし当店では時間の無駄と判断しましたので不採用。同じ仕事量なら1時間で終わらせます。

ここ肝心なのが、良いものは素直に学ぶ、取り入れる事が大事であり、顧客満足度を上げる事が「こだわり」と思うのです。しかし昔からこのやり方だと言って変えようとしない。話も聞きたくない。しかし時間だけは過ぎて行きます。これを意固地と言います。

それが悪いとは言い切れませんが、お車の場合は毎年毎年べースの変化、環境の変化、機材の変化がありますので良い技術を残しつつ発想を転換していく事が望まれると思います。つまり理想は「温故知新」ではないでしょうか?

<< 前のページに戻る