札幌市豊平区 カービューティープロ 札幌ドーム前

当店の考え方

環境について

当店のような専門店以外ではカーディーラーや修理工場のコーティングがありますが、同じピット内でオイル交換や防錆塗装、ハード面の作業をしている環境ではチリ、ホコリ、オイルミストが舞い、ホコリを巻き込み余計に傷を増やす原因にもなりますので施工環境としては疑問があります。またコーティングを外注で業者へ依頼する場合もあるようですが、金額の問題で10年前の商材を使用しているケース、大量に施工を行うためシリコンオフだけで簡単な脱脂をするケースが見受けられますし、工場が大型の場合は温度や湿度の管理は出来るのでしょうか?

それ以外ではオープンスペース(屋外やシャッター開けっ放し)での研磨やコーティング施工と専門店でありながらも信じられないケースが多々あるようなので施工を依頼される場合は確認されたほうが良いでしょう。

ポイント

施工環境

○屋外もしくはシャッターを開けて施工していないか?
※そもそも論外

オイル交換、防錆塗装、足回り作業は?

最近、コーティングで入庫した際、同時にオイル交換や下回りの防錆(シャーシブラック・ノックスドール等)の依頼を受けることが多くなりました。まずオイル交換ですが、油分はコーティングには大敵です。施工スペースにかすかなオイル臭(ブローバイガス臭)が在るとしたら、空気中にオイルミストがあると考えられます。オイルミストはボディーに付着してしまうとコーティングの持ちに影響しますので、せっかく脱脂を行っても意味がありません。

また油分はホコリを引き寄せてしまいますので、付着してしまうとコーティングの内側に閉じ込めてしまい美観を損ねてしまい、仕上がりも悪くなってしまいます。

またオイル臭(ブローバイ臭)は自動車の室内に入り込む可能性があります。

なぜこの様に考えるかですが、カービューティープロ進出前に自宅車庫で自分の車をコーティングをしてたのですが、カービューティープロオープン後、メタルハライドランプの光線下で確認したところ、コーティング内にホコリが多数混入してた事がわかり愕然としたからです。当然再施工を行いました。

全てのDIY作業を車庫で行っていたのですが、オイル交換で空気中に滞留したオイルミストがコーティングに悪影響を及ぼしてたからです。
そのような経験からコーティングは塗装と同じように考え、施工スペースではオイル交換等の作業は行いません。

次に下回りの防錆塗装ですが、こちらもミスト状の防製剤が空中を浮遊し塗装面に付着、コーティング内に閉じ込めてしまったり、室内に入り込む可能性があるため協力店に依頼します

余計な外気・外光をシャットアウト

研磨を行うためには外気が入り込まない閉め切った環境、適正な光源が必要ですが、よけいな外光を室内に入れない工夫も必要です。よけいな外光が入り込むと光が分散され塗装面の傷や汚れ等が見えなくなるためです。

たばこについて

あるお客様のお話、「他店を訪問された時にくわえタバコで研磨作業を行っていた。」
この様な行為は決して行ってはいけません。
喫煙してないと臭いはとても気になります。
洋服に付着してても喫煙者にはわかりません。

当店ではカーディテーリング専門店である事から、お客様のお車へニコチン臭を持ち込まないよう細心の注意を払っております。

<< 前のページに戻る