北海道、札幌市は除雪費用削減の影響により、年々粗悪な塩カルの使用が非常に多くなり、お車の使用条件は非常に厳しいものになってます。そのため塗装面を外的要因から守るため大切なお車のボディーへガラスコーティングをと検討される機会も多いかと思います。

何のためにコーティングするのか?

塗装面を酸化劣化から守ること。


数年前まではWAXが主流でしたが、有機性のWAXは数週間で流れ落ちるためにこまめにお手入れが必要でした。

またWAX=油分はウィンドウへ油膜の発生やヘッドライトの劣化を促進等、紫外線の多い環境では長期的にはプラスティック部分を傷めてしまいますので車庫保管が望ましいので酸化劣化を考える場合はWAXでは約不足です。

そこで主流になって来たのがコーティングです。

ポリマーコーティングからはじまって、現在の主流はガラスコーティングです。最新式の物ではセラミックというものもあります。
何れも塗装面を酸化劣化から守るための製品になります。

初めてコーティングの施工を考えている方へ 

ブログにてコーティング施工時の注意喚起を行っておりましたが、初めてコーティングする方には良く意味が解らない部分が多いという声がありましたので順を追って説明しようと思います。


コーティングメニュー

お客様のニーズに合わせて数々のコーティング資材を取り扱っております。


セラミック・グラフェン・ガラス・ポリマー等、濃色車、淡色車、屋外駐車、車庫保管など様々な場所で使われるお車に単一的な撥水タイプ以外のコーティング剤も取り扱っておりますので、ご相談の際には駐車環境、洗車環境等を教えて下さい。

新車コーティングの下地処理について

新車直納コース


(ノーポリッシュ)鉄粉除去、ピッチ除去、脱脂等のコーティングを施工する上で最低限の下地処理(洗浄のみ)になります。 状態の良いお車、磨きに抵抗のあるお客様に(無料)

※固着している汚れは洗浄では取れない可能性があります。

LEVEL1

(最低限の研磨)走行距離100km以内 、軽度の水垢、保護フィルムの糊の除去。

水垢や保護シートの糊痕など除去する事、WAX等の脂分を完全に取去る事により脱脂効果が高まり塗装面とコーティングの結合効果が増します。また結合効果が増す事により早期の剥離予防になりますので、新車コーティングを行うための最低限度の研磨コースになります。
※固着している汚れは取れない可能性があります。

LEVEL2

ヘアラインスクラッチの除去、 更なる光沢を演出、エッジラインが強調され新車本来の以上の美しさになります。近年は塗料の水性化により映り込みがボケたお車が多いのですが、Level2で光沢度が上がります。またバフ傷を除去します。

輸入車はこちらが最低ラインと考えます。なお、使用している機材液剤はバフ傷がつくことはあり得ません。
※固着している汚れは取れない可能性があります。

LEVEL3

新車こだわりコース

内覧会、ショーレベル磨き (参考 ブログ イベント施工をご覧下さい)

更なる光沢を希望のお客様はこちらが最適となります。

おまかせコース

お客様の希望を教えて下さい。実際に状態に合わせて施工いたします。

下地処理が必要な理由

カービューティープロ札幌ドーム前では施工事例(ブログ)でも紹介させて頂いておりますが、新車コーティングの際でも下地処理工程で研磨を推奨しております。

「新車だから汚れていない、必要ない」、しかし新車でも水垢や鉄粉の付着が在る場合があります。
また、すり傷防止の保護シートの糊あとも残っている事もありますし、場合によっては磨きキズもある場合があります。

具体例

保護シート糊痕

糊の痕で水流れがおかしい

モヤモヤしているのが保護シートです。

剥離中

糊残りはしばらくすると自然に劣化し取れて行きますが、この状態にコーティングを施工しても定着はしません。

また除去を行うためにいきなり磨いてしまっても、その場はキレイになっても数か月後に浮き出る危険性がありますので、しかりべき処置が必要です。

新車時の小キズ

トヨタ・プリウス
ブラックなどの濃色車に良く見受けられますが、新しいのでパッと見はキレイに見えます。しかし移動や納車整備中に発生する微細なすり傷は意外と多く、また軽度の研磨を行った痕も見られる場合があり美観を損ねております。

※注 コーティング施工レベルでのお話なので納車レベルでは語弊はありますが問題ありません。

オーロラ(研磨痕)

塗装ボケ

MINI COOPER S

キレイに見えていても強い光源下では粗い磨きによるクロスハッチの様な痕が確認されました。塗装面がボケてライトの映り込みが悪いです。
この様な場合は新車コース LEVEL2がお勧めです。

トラブル事例

最新の情報は、ブログ カテゴリー 新車トラブル をご覧ください。

コーティングメニュー

コーティングの料金について

下地処理(ディテール洗浄+研磨)+コーティング =合計価格

※価格はA~Nまで体積により区分されており合理的かつ公平な料金設定を行っております。

簡易見積もりはこちら

オプション 入庫時の同時施工がお得です

新車コーティング施工例

ブログ カテゴリー 新車コーティングから施工例を閲覧できます。

メーカー別施工例

コーティングの施工で大切な事

コーティング施工環境として上記画像の様な前面が砂利や土はそもそも論外です。

キツイ事を書きましたが、チリやほこりを考えると当たり前であり、当たり前のことを考えられない場合は、当然ながら作業自体もしかりではないでしょうか。

試される大地北海道では関東を基本としたコーティング施行はNGです。厳冬期における温度管理、湿度、環境全てその土地での考え方があります。

このページではコーティング施工において大切な事、お客様がコーティング店を選ぶポイント、お客様自身がお車のケアを行う際に注意しなければならない点を記述しておりますのでお店選びの参考にされて頂ければと思います。

お店の選び方

コーティングをお考えの場合にはディーラーで頼むか?中古車販売店で頼むか?インターネット検索で出て来たお店に依頼するか様々なケースがあるかと思います。

その中で最低限必要と思われる選び方を書いてみました。

カーボンヒーターによる焼付処理

北海道ではコーティングの焼付処理が必須です。

厳冬期及び気温16度以下における札幌市でのコーティング作業では必須の工程です。塗装もコーティングも「どれぐらいの熱を吸収させ、冷やすことが大切で硬度が増します。またコーティング表面に固着する汚れ(スケール 白い膜状の汚れ)が少なくなります。しかしながらコーティングの焼付処理を行うコーティング店は北海道に数件しかありません。それは何故か?

【施工環境】最新式カーボンヒーターによる焼付処理(北海道ではガラスコーティング、フッ素樹脂コーティングではのカーボンヒーターが必須です。

お問合せ


こちらの画像からお問い合わせください。

新車コーティングでお聞きする事