2012/12 メルセデス C180 (W203) KOMPRESSOR 札幌市清田区よりスピードコーティングのご利用誠にありがとうございました。

 

東京のPROさんで何だかんだやってる様なのでメンテナンスをと希望されて来店されましたが、貼ってあったステッカーは‥

 

フイルムでした‥

時間と予算の関係もあるので、メンテナンスではなくスピードコーティングをすることに

ボディーの状態は比較的キレイですが親水状態です。

 

ホイールはメルセデスの割には鉄粉は少なかったです。

 

 

一方、ボディー物凄い鉄粉で、ネンダーと液剤を使い除去

 

W203は画像のような場所が多く、鉄粉や水垢が非常に多いので、ここをキレイにするだけでバリッとなります。

 

 

あまり違いがわかりにくいです(汗)

 

 

全体を洗浄後は乾燥させてマスキング

 

 

 

スリーポインテッド・スターをマスキングすると、なぜか顔がにやけてしまう。

なぜだろう???

 

 

今回のスピードコーティングは、残念ながら洗車傷は落とせません。

が、白等の淡色車では艶も出て、気にしなければ傷も水銀灯等の下に行かなければ目立ちません。

 

 

ボンネットは91ミクロン

 

 

数箇所、傷がありましたが、軽度の物は取れちゃいます。

 

 

ここで注意事項を

 

助手席側のワイパーが壊れています。破損した断面の劣化状況から半年は経っているものと予想されます。

 

その関係でフロントウインドウにヒビが入ってます。

 

12月10日追記

 

札幌は急激に冷え込みマイナス気温となっております。

夏にヒビを入れてそのままにしておくと、気温が下がるとヒビが一気に広がります。

 

 

スピードコーティング完了です。

 

 

 

 

——-スピードコーティングとは——–

Q-73-Q(高撥水)を使い研磨とコーティングを同時に行うことによって早く施工が出来ます。

 

シリコーン系ポリマーにより光沢付与成分が塗装面に浸透、定着後、鮮やかで深みのある光沢被膜を塗装面に形成し、大気中に浮遊している汚染成分から塗装表面を保護します。

Shareこの記事をシェアしよう!