BMW S1000RR

バイクの部品のラッピングを依頼されやってみることに

 

裏にはBMWの文字が‥

 

あああ~BMWのバイク部品か。

カーボン?

あれ?この重さってドライカーボンでは???

 

 

なにかのパーツらしい

下側のキズを嫌ってのラッピング

 

エンブレムは埋まってしまいましたがいい感じです。

 

 

あとでオーナー様にお聞きしたところ、BMW S1000RRと言うバイクの射熱板との事

ラッピングフィルムを射熱板には結構駄目かもしれませんが、とりあえず良い事に。

 

それにしてもBMW

ツーリングなんかでゆったりとしたバイクのイメージがありましたが、こちらのバイクはスーパーバイクのホモロゲの為のモデルらしい。

いわゆるレーサーってやつです♪ 大好き♪♪

 

自分が単車に乗っていた90年代

いつかは限定解除、んでカワサキのZZRで最高速!

なんて環八羽田のバイクショップのショーウインドウで夢見てましたけど、そのときの馬力が、確か140PSくらいだったかと。

 

こちらのS1000RRが190PSですって!

しかも200kgも無いんですよ!

 

暴れ馬のWGP 500CC 2スト時代よりパワーがある(汗)

 

パワーウエイトレシオ、F1より凄いかも?

 知りませんが(汗)

 

こんなのが市販車だなんて、すごい時代になったもんです。

Shareこの記事をシェアしよう!