コーティング屋さんと磨き屋さん、違いと見分け方

 

 

年数の経過した車の場合、コーティングを考えられることが多いかと思います。その際に肝心な事は下地処理(洗浄、研磨)をどこまで行うかが大切です。

 

この様な相談がありました。

実は下記の案件が非常に多いです。

 

中古車にて購入後、コーティングを即入庫し施工してもらいましたが、雨染みかウォータースポットがあり、気になって1ヶ月後点検時に伺ってみたところ、施工業者いわく「コーティングの下に汚れがあるため取れない」と言われた。

 

〇施工業者が状態は判っていた(または確認している)が、除去(下地処理)を行わないでコーティングした。

〇コーティングの下の汚れが取れないとは?そもそも技術がなく磨けないと言う事?

 

 

この様なお悩みが発生する可能性がありますので、経年車の場合コーティング屋さんより磨き屋さんに依頼された方が間違いが無いと思います。

 

 

洗車屋さんおよびコーティング屋さん

時間がかかるので基本は磨きなし、

または研磨を行っても軽度の汚れが取れる程度の弱い機材と液剤の組み合わせ。

研磨名称がイメージ重視(復元鏡面研磨等)

ビフォーアフターの変化に乏しいため画像が少ない(お見せできるネタが少ない)

当然マスキングの画像も殆ど無い

照明が蛍光灯のみ、または単純な色温度のみ

同ブースで下回り防錆塗装を行うケースもある

磨く事を削る事と話すケースが多い(別物です。)

コーティング=水弾きと考えるので撥水タイプしかない。(撥水はガラスコーティングではなくとも出せます。)

シャッター開けっ放し、または外光の入る環境で作業を行う事が多い

 

 

洗車屋さんのコーティング、コーティング屋さんの研磨はほぼ同等といっても過言ではありません。

 

磨き屋さん

研磨を主にしているため、新車用、経年車用と研磨レベルが豊富

※わかりにくいと言われる原因でもある。

 

下地処理研磨技術について


下地処理

 

マスキング画像をしっかり見せる。

照明は力率の強い光源を使用し、TOP画像のように塗装面の状態が良く見える

 

マスキングについて

 

マスキングは手間も時間も掛かります。その大切なマスキングを行わないコーティングショップは必然的にマスキングを施工した車の画像をブログで載せることが出来ません。

 

塗装面を磨く事において、ファースト洗浄から塗装面を傷めない工夫を行う。

力率の強い照明を使い、色温度を使い別け、様々なシチュエーションで塗装面を確認する。

もちろん蛍光灯のみ、力率の弱いLEDは使わない(スウェーデン製以外)

 

 

照明

蛍光灯

 

同ブースで下回り防錆塗装を行わない

 

 


 

 

 

 

研磨は様々な考え方がありますが、埋めるコンパウンドと埋めるコーティングをされる場合もありますので注意しましょう。

傷を埋める、または目立たなくするガラスコーティング?

 

 

 

コーティング屋さんで磨くか?

それとも磨き屋さんで磨くか?

それぞれにメリットがありますが、あなたはどっち?

 

磨く事を削るから〇〇と言われるケース

 

 

宜しければ【コーティング施工で大事な事】もご覧ください。

 

 

 

 

Shareこの記事をシェアしよう!