プロテクションフィルムは縁の下の力持ち的パーツです。

プロテクションフィルムとは

車体を傷やサビから守ったり、摩耗・異音の発生などを効果的に防止したりなど、様々な用途に使える透明ペイントプロテクションフィルム(PPF) です。透明・艶ありの目立ちにくい素材なので、様々な箇所に使用できます。

フロントセット(ワンオフ)

ボンネット

ボンネット

フロントセットはバンパー、左右フロントフェンダー、ボンネットとなります。単品の施工も承ります。

フロントバンパー

フロントバンパー

飛び石被害の多いフロントバンパー

フロントフェンダー左右

左右フロントフェンダー

車種によってはこちらも飛び石被害が目立ちます。

フロントフルセット

ミラー左右

左右ミラー

ヘッドライト

ヘッドライト

ヘッドライトは飛び石被害はもちろん、紫外線カット効果により白濁を遅らせます。

フロントフルセット

フロントフルセットとは

フロントセットに左右ミラーとヘッドライトを加えたものがフロントフルセットとなります。

生活傷

ヘッドライト
ヘッドライト

爪で傷がつきやすいドアカップ
プロテクションフィルム

ドアエッジ
ドアエッジ

ステップ
ステップ

ハッチバックタイプのお車は荷物の積み下ろしでリアバンパーにキズが入る場合があります。

傷の入りやすいBピラーの化粧パネルこちらをプロテクションフィルムによってガード
傷の入りやすいBピラーの化粧パネル

■遮蔽係数とは、3mmフロートガラスを1.00として太陽光線の流入熱量を表した数値です。 数値が小さい程、日射しによる室温上昇を防ぎエアコンの効率が良くなる傾向にあります。

プロテクションフィルム 価格   
   左右  1ヶ所
 ヘッドライト  25,000円~  
 ドアハンドル    3,500円
 ドアエッジ    2,800円
 ステップ(運・助手席)    6,000円~
 ステップ(リア)    4,000円~
 リアバンパー部分    12,500円~
 ピラー    4,000円~
 ボンネット   80,000円~ 

※プロテクションフィルム 部分 最低価格 3,000円~
※ドアハンドルは基本カット済み汎用です。お車によってはワンオフで制作します(時価)

特徴

スペック
PPF

またセルフヒーリング機能(キズ復元機能)がありますので、表面についてしまった傷は熱で消えてしまいます。
実際に金ブラシで傷を入れましたが一瞬で復活しました!

鋭利なカギも貫通させない強靭さを持ち、飛び石やスクラッチなどを長期間にわたって防ぎます。

鋭利なカギも貫通させない強靭さを持ち、飛び石やスクラッチなどを長期間にわたって防ぎます。

AFW-1500の可視光線透過率は約90%、高透明なフィルムは塗装の美しさを引き立てボディーを衝撃から保護します。

AFW-1500の可視光線透過率は約90%、高透明なフィルムは塗装の美しさを引き立てボディーを衝撃から保護します。

高い伸縮性のあるフィルムはヘッドライトやドアノブなど複雑な形状にも貼付け可能。あらゆる部位を守ります。

高い伸縮性のあるフィルムはヘッドライトやドアノブなど複雑な形状にも貼付け可能。あらゆる部位を守ります。

AFW-1502はオリジナルの塗装色を活かしながら、マット調の重厚感のあるスタイリングを作り出します。

AFW-1502はオリジナルの塗装色を活かしながら、マット調の重厚感のあるスタイリングを作り出します。

ペイントプロテクションフィルムに関するいくつかの確認項目をよくお読みいただき、ご理解いただいた上での施工となります。

〇ボディにコーティングが施されている場合、フィルムがきちんと定着しない場合があります。そのため必要に応じてコーティングを剥がす作業を行うことがあります。また状況によりこの作業に別途費用を頂く場合があります。
〇お車のコンディションにより細かい砂埃などが流れ出ることでゴミが混入する場合があります。
〇プロテクションフィルムを3D曲面に施工するため、フィルム内が曇る事や表面が波打つ場合があります。
〇平面のフィルムを施工するため、上下左右やフィルム位置、角の曲線など同位置への施工は困難なため、厳密にまったく同じ場所への施工はできません。
〇フィルムのラインがボディラインに対して完全な並行に施工ができない場合があります。
〇フィルムは0.2~0.4mm程度の厚みがあり、透明ですがボディ面と段差が生じるため全く分からなくなるものではありません。
〇塗装色によりフィルムとの段差にゴミが溜まり目立つ場合があります。
〇塗装色や光沢感の状態により、質感・光沢感・色見が変わる場合があります。
〇車の塗装面は紫外線などによる退色や変色があります。プロテクションフィルムはUVコートが施されていますので剥がした際にフィルム面との色の差が生じる場合があります。
〇プロテクションフィルムは経年変化で徐々に変色していきます。また紫外線、雨、路面の油分、虫や鳥のフン、洗車傷などの外的要因で変色や透明感を失っていく場合があります。
〇経年変化や汚れの付着・変色を最小限に抑えるため専用保護剤を定期的にご使用いただくことを推奨しております。
〇劣化による硬化は非常に遅く、耐衝撃性能は7年程度の経過までは許容範囲ですが、必ずしも硬化しないと言うものではありません。
〇フィルムは粘着力が高いため、再塗装のボディやタッチアップを行った個所、カーボンなどの塗装定着が弱い面などに施工した場合、フィルムを剥がすときに塗装を痛めてしまう場合があります。
〇一部車種によってヘッドライトにプロテクションフィルムを行った場合にハードコートにひび割れ、剥離が発生する場合があります。リスクの高い車種等は施工前にご説明させていただきます。
〇プロテクションフィルムの施工目的は飛来物等の外的な要因からの塗装面の保護ですが、全ての飛来物等からの塗装面を保護する事を補償するものではありません。
〇洗車機の使用および高圧洗浄機の使用はフィルムが剥がれる原因になることがありますので使用を控えて手洗い洗車を推奨いたします。。
〇解氷剤や道路工事等で使用するタールなどの化学薬品などにより、変色・硬化する場合があります。付着した際には速やかに洗浄後、指定の保護剤を使用してください。
〇虫や鳥のフンなどの不着物も放置すると変色や表面ハードコートの剥離、曇りなどが発生する場合があります。付着した汚れは速やかに除去を行ってください。
〇ペイント・プロテクション・フィルムの表面にゴム製作業用ボディー保護マット、ゴム製の握りのついた工具、輪ゴム、時計のゴム製バンドなどの石油製品を置くと、ゴム製品特有の色移りが起こる事があります。施工車両を修理工場などにお預けになる際にはゴム製品などをフィルム上に置かないように伝えてください。
〇プロテクションフィルムは製造の関係上、透明度のムラやライン状のわずかな曇り、表面トップコートのムラなどがある場合がありますが保護性能やコーティング性能に問題はありませんのでご了承ください。

お問い合わせ

<< 前のページに戻る