磨くという事について|カービューティープロ札幌ドーム前の考え方

当店は一般のお客様が90%以上を占めておりディーラーさんのお仕事は極力行いません。

その為、様々なニーズに応えれるよう下地処理研磨においては新車で4段階、経年車研磨においては5段階のメニューが存在します。

 

基本的にはお客様の希望に沿う形で行いますが、例えば一番簡単な研磨で鏡面に仕上げてくれなどと要求と金額が乖離する場合はアドバイス致します。

 

新車の場合

目安として納車後1週間、走行100㎞以内の場合はは研磨無しで作業を承る事も出来ます。これは新しいお車に機械を入れる事に抵抗のある方やコストを求めらるる方に向けてなのですが、実際に入庫されて研磨が必要な場合はご相談させて頂きます。

 

非常に残念ですが、研磨無しコースを否定されるコーティングショップがあります。

しっかりお客さんのニーズを聞かれているのでしょうか?

 

新しいお車の場合でもヘアラインスクラッチ(キズ)は当然あります。

※ここで言うキズとは通常は見えないが強い光で見える洗車等で発生する薄いもの

※傷とは、下地が見えていて研磨では対応不可のもの

 

しかし、それはお客様の目線では判らない場合も多く、強烈なスポットライト下でしか見えない場合が多いです。

 

もちろん研磨を行う事は光沢が上がりますので否定はしませんし、むしろ推奨したいと思いますが作業には工賃が掛かります。

 

目の肥えたお客様は初めから研磨を指定されますが、新車を買うのって人生の中で何回あるのでしょうか?

 

つまり何のために磨くのかが理解されにくい事が多いのです。

 

もう1度書きますが

新しいお車の場合でもキズ(ヘアラインスクラッチ)は当然あります。

しかし、それはお客様の目線では判らない場合も多く、強烈なスポットライト下でしか見えない場合が多いです。

 

もちろん研磨を行う事は光沢が上がりますので否定はしませんし、むしろ推奨したいと思いますが作業には工賃が掛かります。

 

「当店は必ず磨きます。」

と言われる場合は作業金額が変わらなければ仕事として素晴らしいですね。

でもそれは作業工賃を上げるためのセールストークでは無いですか?

 

忙しい時必ず磨けますか?

 

金額が変わらなければきっと磨きませんよ。

少なくともそういう人は沢山見てきましたね。

 

定額と言う事はそういう事なのです。

 

何を目的にしているのか?その一歩先を考えなければなりません。文章はしっかり読む事を心がけましょう。また、行わない理由を考えるのは簡単です。しかし行う事を考えるのは面倒なのですよ。

コーティング・研磨作業工程について

代表的な作業を解説しております。

 

下地処理研磨技術について

下地処理は細かい部分の洗浄「ディテール洗浄」、と塗装面の研磨に分けられますが、研磨とはポリッシャーと言う機械を使用し塗装面の汚れを除去、洗車傷の除去を行う事でコースによっては新車以上の輝きを発揮させます。

 

【下地処理】研磨メニュー

新車時の研磨 経年車の研磨について詳しく書いております。

 

削る?

埋めるタイプ(隠蔽)を使用される業者様の場合は「有限である塗装を削ることで2度と元には戻らない」と説明されるケースが見受けられます。

 

コンパウンドについて

お車を磨き上げるためには機材・液剤を使いこなさなければなりませんが、カービューティープロ札幌ドーム前の場合はカービューティープロライセンスを取得していることからPRO専用製品が提供されております。

 

コーティング屋さんと磨き屋さん、違いと見分け方

年数の経過した車の場合、コーティングを考えられることが多いかと思います。その際に肝心な事は下地処理(洗浄、研磨)をどこまで行うかが大切です。

 

Shareこの記事をシェアしよう!