2019/12 アルファロメオ・156 ヘッドライトリペア

右側のヘッドライトが痛んできましたので、ハードコートを除去しヘッドライトリペアを行いました。

 

サイディング中(これが削るという事です。)

徐々にクリアーになります。

ここで脱脂洗浄ですが、有機溶剤やアルカリ系を使うのはご法度です。

修理工場や量販店さん、一般コーティング店で行うクリーニング

コンパウンドで磨いて終わりか、コーティングを施工するメニューが多く、耐久性は数週間のケースがあります。これは油性コンパウンドで光沢が出てしまうので数週間で元に戻るケースと、ハードコート層を磨くので耐久性が落ちてしまう事が原因です。

 

外装コーティングでヘッドライトにマスキングを行わない場合や適正な量を保護しない場合は、不用意に磨かれてしまった場所が早く劣化してしまいます。

 

また、屋外で作業を行う信じられない行為も目立ちます。

 

マスキングの必要性

 

今回のアルファロメオのリペアは傷んだ表皮を削り取り、表面をリペア材で溶かして仕上げます。

ヘッドライトリペアについて

 

ヘッドライトの痛み(黄変・白濁)は一般的なクリーニングでの磨いただけではすぐ元に戻ってしまいます。

そこで原因となるハードコートをを除去し、プロテクションフィルムを貼る事で紫外線防止になり約5年の耐久性となります。

今回のリペアはハードコート除去後、リペア材を吹き掛け、透明度を向上させます。

耐久は状況にもよりますが2~3年です。

 

この状態にプロテクションフィルムを貼ることで紫外線カットしますので約6年の耐久性となります。

 

ヘッドライト関連記事

 

ご満足いただけましたら評価頂けれると嬉しいです。

合わせてお読み下さい「コーティング施工で大事な事」

お車はすでに出庫しております。詳しくはこちらをご覧ください。当店の考え方です。

 

励みになりますのでワンクリック応援よろしくお願いします<m(__)m>
にほんブログ村 車ブログ 車 洗車・コーティングへ

キャンペーンのお知らせ

SPGコート(完全2層式ガラスコーティング)

同車種2台目まで単層式コーティングと同額で施工できるチャンスです♪

フェイスブック クーポン 及び口頭でお伝えください。

コーティングの考え方詳しくはこちらご覧ください。

入庫されたお車で気が付いた点

※※※※※※※※※※※※※

セラミックプロ 9H 認定施工店

2019年 東京モーターショー出品車 施工技術協力

2018年 札幌モーターショー出品車 施工技術協力

2017年 東京モーターショー出品車 施工技術協力

2015年 東京モーターショー出品車 施工技術協力店

2014年 札幌モーターショー出品車 施工技術協力店

2013年 東京モーターショー出品車 施工技術協力店  

※※※※※※※※※※※※※

カービューティープロ 札幌ドーム前
〒 062-0051
札幌市豊平区月寒東1条17丁目4番29号

TEL  :011-799-0865

ホームページ

店長ブログ

新店長ブログ

フェイスブック

インスタグラム

 

Shareこの記事をシェアしよう!