2021/2 塗装面の痛みを気にされてのご入庫でした。トヨタ・ハリアー(スパークリングブラックパールクリスタルシャイン)北広島市より【スタンダードガラスコーティング】PRO PCX-V110(撥水性低撥水・濡れたような艶・耐薬品性)ご利用頂きまして誠にありがとうございました。 

 

表題の通り、塗装面のキズを気にしてのご相談からのご入庫でした。

 

スパークリングブラックパールクリスタルシャインは見る角度によってブラック、パープル、ブルーに見える塗装ですが、しっかり磨き上げる事で極上の輝きと光沢となります。

 

順を追ってご紹介しますので、どうぞ宜しくお願い致します。


 

ボンネット拡大

 

研磨を行う際は上記の画像の様に、だれが見ても判るように特殊照明は必須です。

 

蛍光灯下で磨かれる暴挙もよく目にしますが、蛍光灯下はこの様には見えなく、研磨を行ってもこれからお見せする仕上がりは難しいのです。

 

蛍光灯下では

 

特に問題なく見えるかと思います。

 

 

拡大

 

やや塗装面の汚れが見えるかと思います。

 

この状態で仕上がったと言う施工店も多いので、しっかりした研磨、コーティングをお考えの場合は記事を留意して頂ければ参考になると思いますよ。

 

特殊照明点灯

 

 

 

 

いかがでしょうか?しっかり状態が見えますね。

見えない物はどんなに腕が良くてもしっかりと磨けません。それぐらい力率の強い特殊照明は大切なのです。

 

単純に照明があるではNG

はやりのLEDも美しく見せる光源ですので、無いよりはマシといった程度

 

また、ホームセンターで販売されているスポットライトや工事現場用とは目的用途が違います。

 

また、しっかり見えない事から半信半疑の研磨、その為、無駄な過研磨を招く事もあります。

 

塗装面は削る事と言い特殊照明も無いと言うのは、そもそもナンセンスなのです。

 

照明

蛍光灯

削る

また、しっかり見えない事から半信半疑の研磨、その為、無駄な過研磨を招く事もあります。

 

塗装面は削る事と言い特殊照明も無いと言うのは、そもそもナンセンスなのです。

 

照明

蛍光灯

削る

 


 

下記2点は最低の施工環境ですのでご留意頂ければ幸いです。

気温、室温16度以下ではガラスコーティングの施工はNGです。

コーティング施工のNG行為

冬期間におけるコーティング施工の注意事項

 

寒い場所でのコーティングはご法度です。

 

またコーティングを行う塗装面も温度を高める必要があります。

 

施工スペースの温度は何でも上げればよいと言うものではありません。

湿度も重要なファクターです。

 

工場でよく見かけるジェットヒーターは温度と言う観点では良いのですが、燃焼時に湿度を上げてしまいます。これがガラスコーティングには大敵で、湿度の多い環境でコーティング施行する事により初期硬化時に不安定になり、数週間でコーティング表面にシミではなく、スケール(白い汚れ)が固着してしまい短期間でのメンテナンスが必須になりますので施工環境には注意しましょう。

 

 

しかしこの温度では乾燥はするもののコーティングの硬化と言う点では物足りなく、また低温加熱は初期の雨ジミの原因になりますので焼付処理が必要です。

 

詳しくは当店のこだわりもご覧ください。

 

 


 

非常に大切なマスキング処理

マスキングはきちんと仕事をするための心意気でありおもてなしの心です。汚いマスキングの場合は当然ながらしっかり仕事をしようと言う配慮に欠けますので良い仕事は出来ません。

ヘッドライトを確実に保護しているか!

 

 

 

 

 

ヘッドライトリペアを行っていて感じる事は、過去他店にて研磨された車ほど痛みが見受けられる点です。コーティングの際にマスキングを行わずヘッドライトにバフが接触し、ハードコートを攻撃したからこそ年数が経ったときに不自然な傷み方になると確信しております。ヘッドライトに不具合を感じた場合は過去を思い出してみてくださいね。

コーティング施工の際はワイパー部分の保護をしているか、していないかの確認が重要です。

 

 

 

 

ワイパー部分は確実に守るのは常識! その場合は新聞紙の使用はNG。それは紙のエッジの部分で塗装面へ傷の入りを懸念するからです。腕の良い板金修理工場職人さんは必ずこの方法を取ります。

コストの関係で新聞紙でワイパー部分を使うケースもありますが、新聞紙の様な紙はエッジ部分で塗装面に傷が入る可能性があります。大切な資産であるお車を守るのは過剰過ぎて何一つ悪い事はありません。

 

ちなみに、塗装屋さんで安価な場所は新聞紙、高価な場所はマスカー等の塗装面を攻撃しない素材を使います。

 

 

 

 

 


余計な外光は塗装面をボカシてしまう為シャットアウト

力率の高い光源はクオリティーの高い研磨には絶対に必要です。

 

 

 

この様にハッキリ塗装面を見るためには力率の強い特殊照明が必要です。

 

単純に照明があるではNG

はやりのLEDも美しく見せる光源ですので、無いよりはマシといった程度

 

また、ホームセンターで販売されているスポットライトや工事現場用とは目的用途が違います。

 

蛍光灯下では問題なく見える=この様な環境であればクオリティーの高い仕事は難しいと思います。

 

 

では、塗装面研磨の参考をご覧下さい。

 

蛍光灯下では

 

特に問題なく見えるかと思います。

 

 

拡大

 

やや塗装面の汚れが見えるかと思います。

 

この状態で仕上がったと言う施工店も多いので、しっかりした研磨、コーティングをお考えの場合は記事を留意して頂ければ参考になると思いますよ。

 

特殊照明点灯

 

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓

 

1stポリッシュ(荒い研磨)

 

 

 

最終研磨工程を行いPCX-V110コーティング施工後

 

 

 

 

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓

 

最終研磨工程を行いPCX-V110コーティング施工後

 

 

↓↓↓↓↓↓↓

 

 

ボンネット左側

↓↓↓↓↓↓↓

 

 

最終研磨工程を行いPCX-V110コーティング施工後

 

 

ハリアーのリアガラス下部の塗装面は他と比べて柔らかいように思えます。なので傷の入り方が強い

 

↓↓↓↓↓↓↓

 

 

逆側から

 

↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

北海道でコーティング依頼される時の最重要ポイント

またコーティングを行う塗装面も温度を高める必要があります。

※画像はイメージです。

 

温度が低ければコーティングの効果促進に影響が出ますのでシャッター開けっぱなしやビニールカーテン、出張でのガラスコーティングは作業を行っただけであり定着は全く考えてられないと言っても過言ではないでしょう。

 

 

PRO ohmiya

コーティングのトップコートへWAXを使われる場合は温度が足りなく初期不良を招くために行われます。

 

コーティングは低撥水タイプのスタンダードのベストセラー「PCX-V110」

 

今回施工させて頂きましたPRO PCX-V110ガラスコーティングは濡れたような艶を演出し、塩カル等の耐薬品性に優れております。また低撥水性であるのでセルフクリーニング効果により洗車頻度を遅らせる事が出来ます。

施工後、数年後のイメージ

「羊頭を懸けて狗肉を売る如く」怪しいコーティングが蔓延しております。詳しくは下記をご覧ください。

コーティングは信頼性のあるものを依頼しましょう。

【コーティング剤について】

 

オリジナルと称してアマゾン等の通信販売で一般向けに販売されているコーティング剤を業務用と偽り施工されているケースが見受けられます。コーティング名称は必ず検索で調べる事をお勧めします。

 

中古車業者及びキャンピングカー販売業者様等が世の中に存在しないコーティング詐欺(ネットで買える安価なコーティングにセラミック等の名称)にあっている可能性高いですので、施工依頼される場合は注意が必要です。

 

 

 

 

北海道ではコーティングの焼付処理が必須です。

PCX-V110は室温の管理を適正に行えば焼付処理を必要としませんが、寒い北海道の場合は、熱を入れて悪いことは何一つありません。また厳冬期及び気温16度以下における札幌市でのコーティング作業では必須の工程です。

 

※この様なヒーターをコーティング施工時に使っているかが大切です。

 

 

 

※よそ様の画像を盗用する悪徳業者が札幌市清田区に確認されます。技術力もなく嘘が多いので注意が必要です。

 

滅菌クリーニングの嘘を暴く

 

 

一定のエージングを行い出庫しました。

コーティングは塗っておしまいではありません。

熟成時間(深夜)もエアコンにて温度管理します。

※寒い時の屋外でのエージング、またはシャッター明けっぱなしは本来の目的を果たしてはおりません。

 

このあたりもコーティングを行う際のポイントです。

 

 

 

 

しっかり研磨を行い極上の塗装面を作り上げ、濡れたような艶で定評のある「PRO PCX-V110(撥水性低撥水・耐薬品・防汚性能)」により新車以上の光沢感UP!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

励みになりますのでポチッとして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 車ブログ 車 洗車・コーティングへ
にほんブログ村

 


お車はすでに出庫しております。詳しくはこちらをご覧ください。当店の考え方です。

 


お知らせ

 

出来ることから始めよう!

 


トヨタ・ハリアー(スパークリングブラックパールクリスタルシャイン)

下地処理

研磨:ハードポリッシュ

ディテール洗浄:ライト 

コーティング

PRO PCX-V110(撥水性低撥水・耐薬品性・濡れたような艶)

 

オプション

 

ウィンドウ撥水コーティング:PRO R-009全面

 


表題の通り、塗装面のキズを気にしてのご相談からのご入庫でした。

 

スパークリングブラックパールクリスタルシャインは見る角度によってブラック、パープル、ブルーに見える塗装ですが、しっかり磨き上げる事で極上の輝きと光沢となります。

 

しかし安易に磨けば良いと言うものではなく、大変デリケートな塗装ですので、研磨を行う際はしっかりした理論、機材、液剤、照明、技術何ひとつかけても成立致しません。

 

詳しくはブログカテゴリ

 

「バフ傷、オーロラ」

 

「環境に合わなかったコーティング 当店で再施工させて頂きました。」

 

「磨きと言うものは」

 

をご覧いただければ幸いです。

 

さてハリアーですが、蛍光灯下ではそんなに傷んでいる様には見えませんが、特殊照明を使うと全体に洗車傷が目立ちます。これがお客様が気にされているレベルだと解るのです。

 

年式なりの研磨時間を考え、しっかりと研磨を行い、ただ磨くではなく意匠を意識した研磨を行い美しさを演出させます。

 

 

使用する機材、何よりも力率の強い照明は無駄な研磨、恐れながらの研磨ではなく、しっかりした研磨となります。また液剤・理論は元より優れた人材で一歩踏み込んだ下地処理を行わせて頂きました。

 

こうする事で塗装面自体が平滑化されコーティングに頼らないスッキリとした深みのある輝きを演出します。

 

しっかりした下地処理研磨後はコーティングのノリも良く、プラスアルファの輝きとなります。

 

 

コーティングはお客様の保管状況・洗車状況を考慮し低撥水タイプのコーティングをお勧めしました。

 

スタンダードガラスコーティングは2種類

 

PRO PCX-V110(撥水性低撥水)

PRO PCX-S7(親水性低撥水)

 

 

スタンダードガラスコーティング4種の中で一番硬く、低撥水性の濡れたような光沢で定評のあるPRO PCX-V110ガラスコーティングを施工!

 

 

水の流れ方は低撥水ですが撥水寄りの低撥水となります。

 

コーティングの説明で良くある「洗車が楽」と言うトークは、撥水性を選択する事で確かに楽ではありますが、マメに洗車が出来る方向けと思われた方が良いです。

 

詳しくは下記の記事をご参照して頂ければと思います。

 

洗車セットを使われますと良い状態が長続きしますので、ご活用いただければ幸いです。

 

念のためですがマイクロファイバータオルでのシャンプー洗車はご法度です。

 

マイクロファイバータオルはきれいな面を拭くための吸水性の良いタオルですので

かならず洗車用スポンジ「タイプA」をご使い下さい。

 

 

北広島市よりPRO PCX-V110低撥水タイプガラスコーティングのご利用頂きまして誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ車施工例

 

ハリアー施工例

 

スパークリングブラックパールクリスタルシャイン施工例

 

 

経年車施工例

 

傷が凄い(徐々に更新します)

 

 

 

 

 

4月の予約あと僅かです。

早めのご予約をお勧め致します。

 

 

 

お手入れ

キャンペーンのお知らせ

SPGコート(完全2層式ガラスコーティング)

同車種2台目まで単層式コーティングと同額で施工できるチャンスです♪

フェイスブック クーポン 及び口頭でお伝えください。

 

コーティングの考え方詳しくはこちらご覧ください。

入庫されたお車で気が付いた点

※※※※※※※※※※※※※

セラミックプロ 9H 認定施工店

YCCS(ヤナセカーケアシステム)認定

2019年 東京モーターショー出品車 施工技術協力

2018年 札幌モーターショー出品車 施工技術協力

2017年 東京モーターショー出品車 施工技術協力

2015年 東京モーターショー出品車 施工技術協力店

2014年 札幌モーターショー出品車 施工技術協力店

2013年 東京モーターショー出品車 施工技術協力店  

※※※※※※※※※※※※※

カービューティープロ 札幌ドーム前
〒 062-0051
札幌市豊平区月寒東1条17丁目4番29号

TEL  :011-799-0865

ホームページ

店長ブログ

フェイスブック

インスタグラム