2020/6 トヨタ・C-HR(ブルーメタリック) Crystal Keepガラスコーティング 札幌市手稲区よりご利用ありがとうございました。 

2017年、新車時にPCX-S7親水性低撥水コーティングを施工されましたC-HR

約3年経過しようとした時ですが、ボンネットの破損が発生!

 

保険対応で修繕を行いましたが、せっかく入庫するのでと言う事で全体を研磨でスッキリさせコーティングを行うことに。

 

 

お車はすでに出庫しております。詳しくはこちらをご覧ください。当店の考え方です。

 

ここで注釈ですが、ブログ(施工履歴)を掲載するのはブラックボックス化する車業界を少しでも透明化し、お客様との相互理解のつもりで頑張っております。しかし、この記事はリアルタイムではありません。

 

上記、セキュリティーについても記載しておりますが、入庫時のお車を特定させない考え方がある為です。

 

しっかりと文章を読んで頂ける方は大丈夫なのですが、どうしても読んで頂けなく、印象としてしか捉えられない方がいらっしゃるのも事実。

 

例えば可能な限り施工状況をブログで公開する事によって「忙しそうだ」「後回しにされる」等のお声を頂く事もあります。

 

 

 

忙しそうだは北海道の場合は雪融け後に集中してしまいますのでやむを得ませんし否定はしません。

 

これが飲食店の場合では、多くの方が食事をされる時間帯を外すか、予約によりスムーズな入店を選択するしかありませんが、これは当店でも同じです。

 

違う点があるとすればお車の状態が1台1台違いますので想定外のケースがある場合は遅延が出てしまう事でしょうか。

 

 

コーティングは何のために行うのか?

 

基本は塗装面を酸化劣化から守る事です。

 

その為に新車の場合は時間的猶予が少い為です。

 

 

では経年車はどうでしょうか?

 

傷んだ塗装面を研磨にてリフレッシュする訳ですので時間的猶予はあります。

 

 

この事から後回しと言われればそれまでですが、お車の状態に合わせたスケジュール調整をさせて頂いております。

 

次に「入庫予約とお車の保管(時間について)」ですが詳しく記事を書きましたので抜粋致します。

 

当店の場合、大切なお客様のお車を室内にて保管を重要と位置付けております。

 

これはセキュリティーに対する考え方もありますが、お車をキレイにするカーディテーリング店として当たり前の考え方と思っております。

 

車業界は預かるのは早いが仕上がるのが遅いと言った考え方が蔓延しております。

 

これは作業内容や場所の確保、備品の手配等でお時間が掛かる事もあるので全てがとは言い切れませんが、勘違いされる方の多くに丁重に作業を行ってくれたと思われる事です。1ヶ月何を作業するのでしょうか?

 

4月上旬に預かって5月上旬にお返ししても約1か月、仕上がりの時間は同じです。

この間、どこで保管されていたのかが大切なお車をお預かりする身としては非常に大切と考えます。

 

 

※C-HRのお客様の事ではありません。

 


励みになりますのでポチッとして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 車ブログ 車 洗車・コーティングへ
にほんブログ村


お知らせ

2019/10より消費税が10%に上がりました。カービューティープロ札幌ドーム前はお客様の実質負担額を抑えるため早くにキャッシュレス登録を済ませております。決済方法は各クレジットカード、楽天ペイ・AUペイ・PAYPAYがありますが、各社還元キャンペーンを行っております。

 

出来ることから始めよう!

 


下記2点は最低の施工環境ですのでご留意頂ければ幸いです。

気温、室温16度以下ではガラスコーティングの施工はNGです。



 

ここからC-HRの記事となります。

 

ボンネットの板金塗装後の入庫でしたので想定した通り

オーロラが凄く、お客様と確認したところ非常に驚かれた事と、私の言っている事が良く分かったそうでした。

 

これに付きましては事前にAIG損害保険様と協定は済ませており、スムーズに作業を行う事ができました。

 

まずはボンネットの修正研磨

そのためのマスキング処理です。

 

 

 

 

非常に大切なマスキング処理

マスキングはきちんと仕事をするための心意気でありおもてなしの心です。汚いマスキングの場合は当然ながらしっかり仕事をしようと言う配慮に欠けますので良い仕事は出来ません。

ヘッドライトを確実に保護しているか!

ヘッドライトリペアを行っていて感じる事は、お車に差がある事。新車時のコーティングの際にマスキングを行わずヘッドライトにバフが接触し、ハードコートを攻撃したからこそ年数が経ったときに不自然な傷み方になると確信しております。ヘッドライトに不具合を感じた場合は過去を思い出してみてくださいね。

 

コーティング施工の際はワイパー部分の保護をしているか、していないかの確認が重要です。

 

ワイパー部分は確実に守るのは常識! その場合は新聞紙の使用はNG。それは紙のエッジの部分で塗装面へ傷の入りを懸念するからです。腕の良い板金修理工場職人さんは必ずこの方法を取ります。

 

ボンネット以外の場所はお客様自己負担分です。

 

 

 

PRO ohmiya

元々は皆さんと同じコーティング店を利用する立場でありましたが、盗難に遭いやすい車種の入庫情報を公開されたり、隙間にはコンパウンドべったり(今思えばマスキング不良でした。)また車内はなぜかタバコ臭と嫌な思いをしたものです。車の作業は見えませんが、なるべく画像を公開し自身が思った事、感じたことをお客様目線で公開するようにしております。

コーティング業、中古車納車仕上げの内外装美装等 様々な業者で働きましたが、慣れてくるとマスキングの手を抜く業者の多い事‥。角の色が抜けたり樹脂パーツの干渉、また磨くための必然を理解しない場合は端々が汚く貼られるケースが多く散々な現場を見てきました。しっかりマスキングを行おうとすると時間がかかるので上司から注意が入る職場も正直ございました。

 

カービューティープロ札幌ドーム前ではマスキングをしっかり行う事は良しとされているので(怒られるので)、キワまで安全に攻める事が出来ます。

 

20年の研磨職人T
イナガキと申します。前職は東京の海運会社コーティング施工部門でヤナセ世田谷等で現場リーダを務めておりました。マスキングを行うのは当たり前、しっかりと保護を行い大切な愛車を守ります。

inagaki

 

 

余計な外光は塗装面をボカシてしまう為シャットアウト

力率の高い光源はクオリティーの高い研磨には絶対に必要です。

 

 

 

 

 

 

今回の下地処理研磨は最終的にEasyとさせて頂きましたが

 

Easyとは言え侮るなかれ!

 

一般コーティング店の軽研磨以上を目標としております。

 

1工程とは言え、市販されていない少々癖のあるコンパウンドを使い光沢を引き出します。

 

カービューティープロの研磨技術理論と店長の経験を元に、お客様に喜んで頂けれるよう工夫をした研磨を行っておりますので、お値段以上の研磨仕上がりと自負致します。

 

 

でもご心配なく、むやみやたらに膜厚を落とす無粋な真似は致しません。

 

その根拠として、しっかりした照明設備により塗装面の状態が良く見える事で半信半疑での研磨や無用な研磨を行わない為、有限である塗装面を最低限の処理で最大限の効果を引き出しております。

 

照明


蛍光灯ではしっかりと磨けません。

 

 

フロントフェンダーとの光沢差を調整し

 

ボンネットはすっきり!

 

 

コーティングはお客様の使用年数を考慮しましてCrystal Keep

 

ガラス系コーティングになり名称はシステム名称になります。

 

コストを徹底的に抑え(と言っても必要な事は行います、また某ディーラー系コーティングと手順と資材はほぼ同等です。)、あまりコーティング経験のない方向けの商品となります。

 

 

 

 

 

当店の考え方は更にもうひと手間

コーティングを行う際には様々な洗浄がありますがカービューティープロ札幌ドーム前ではご紹介させて頂きました洗車(と言っても今の時期に合う洗浄液)ほか、脱脂洗浄を入れ4度の洗浄を行います。この脱脂作業、も当店から見れば脱脂を行っていないケースが散在されます(笑)、しかしお客様の視点では理解不能と思います。信頼のおける業者様を選択してくださいね。

 

油分除去には高温水は必要不可欠です。

あと、異物除去には粘土は使ってはいけません。

プロなら当然です。

 

さて、もう一つの手間ですが、セラミックプロ施工店だけが使える液剤「ナノポリッシュ」

 

セラミックプロ9H認定施工店が使える【ナノプライマー】

 

名称変更で「ナノプライマー」となりますが、こちらは単なる光沢剤ではありません。

 

脱脂作業だけでは塗料に食い込んだコンパウンド成分を100%除去しきれず、コーティング剤の密着が完全では無い為、持続力にも影響します。ナノポリッシュ改めナノプライマーは脱脂で取り切れないコンパウンド成分を除去します。

 

窓ガラス撥水コーティングの密着性を上げ、ダッシュボードにレーダーや用品を両面テープで貼り付ける時にもパーツクリーナーと違い、ダッシュボードが白くならない為、様々な脱脂に活用。

 

また、脱脂洗浄後には水道のカルキやミネラル成分がどうしても塗装面に残ってしまいますが、このナノプライマーでクリーンかつコーティングの密着性が上がります。

 

 

下記の環境の画像、この様な場所ではコーティングの温度管理ほとんどできません。

また、施工にあたり環境も大事です。

店舗前が砂利、シャッター開けっ放し、屋外での作業は論外です。

詳しくは当店のこだわりもご覧ください


 

 

 

一定のエージングを行い出庫しました。

コーティングは塗っておしまいではありません。

熟成時間(深夜)もエアコンにて温度管理します。

 

 

 

 

 

お車はすでに出庫しております。詳しくはこちらをご覧ください。当店の考え方です。

励みになりますのでポチッとして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 車ブログ 車 洗車・コーティングへ
にほんブログ村

 

トヨタ・C-HR(ブルーメタリック)

ボンネット・左右フェンダー光沢調整

保険会社AIG損害保険様対応

 

下地処理

研磨:Easy

ディテール洗浄:ライト (無料)

コーティング

 


 

 

しっかりと磨き上げ

 

いや砥ぐと言った方が適正かも知れません。

 

 

お客様に喜んで頂けれるよう工夫をした研磨を行っておりますので、お値段以上の研磨仕上がりと自負致します。

 

その根拠として、しっかりした照明設備により塗装面の状態が良く見える事で半信半疑での研磨や無用な研磨を行わない為、有限である塗装面を最低限の処理で最大限の効果を引き出しております。

 

CrystalKeepは撥水タイプと低撥水タイプがご選択できます。

 

撥水タイプは良く洗車をされる方向けで洗車が楽になります。しかしデメリットとして水滴の流れが速すぎるため汚れが残ります。

 

低撥水タイプは筋状に水滴が纏まり汚れも一緒に動くのでセルフクリーニング効果に優れ、洗車サイクルを遅くする事がメリットです。

 

デメリットは水玉コロコロがないのでコーティング掛けた感が少ないのですが、近年お客様の目が肥え、撥水目的のお客様が少なくなって来ているので特に問題が無いかと。

 

撥水はガラスコーティングじゃなくても作れますしね。

 

状態はとても良く(微妙な付着物はありますが)サクッと除去を行い ガラスコーティングを施工させて頂きました。札幌市手稲区よりご利用、誠にありがとうございました。

 

トヨタ車施工例

 

C-HR施工例

 

Crystal Keepガラスコーティング