レクサス・GS お客様より相談を受け屋外でもハッキリとわかる外装の痛み。 202ブラックという事もあり年数も考えると当然と思えますが違和感がありました。【アドバンスドガラスコーティング】2層式撥水性低撥水タイプ 札幌市豊平区よりご利用頂きまして誠にありがとうございました。  

2020/2 (2代目)レクサス・GSを購入されリフレッシュという事で第二弾!

第一弾はこちら

お客様より相談を受け、屋外でもハッキリとわかる外装の痛み。

202ブラックという事もあり年数も考えると当然と思えますが違和感がありました。

実際に入庫して確信へと。それがトップ画像です。

全体がこの様な痕だらけです。

また下記画像をご覧ください、陥没クレーターは仕方が無いとしてルーフ中央、フロントガラス側

明らかなコーティングの拭き残し

ずさんな研磨とコーティングですので、当然の如く至る所へコンパウンドの残りだらけです。

順序が逆ですが、まずは塗膜チェックからご紹介。

※今後のカーライフの参考にして頂ければと思います。

ボンネット 382µm

通常は約100µm程ですので再塗装されてます。状況から見て2~3回は塗装されているかと思います。

左前フェンダー

こちらも深めの傷もありますが再塗装されている可能性があります。

ルーフ左側前 45μm かなり薄いです。

ルーフ左側中央 70µm

左前ドア 72µm オリジナルぽいです。

左クォーターパネル 68µm ここもオリジナルぽいです。

トランク 116µm オリジナル   かな?

右リアフェンダー 123µm

右クォーターパネル 114µm 左右の差を考えると 右側からトランクにかけて塗られいると思います。

もう少し上だと90µm 除去に薄くなっているのが判るかと

ルーフ右側前 59μm

如何でしょう、危険なのはルーフ前側なのが判るかと思います。

また右側のボカシ部分も気を付けて研磨する必要があります。


 

 

お車はすでに出庫しております。詳しくはこちらをご覧ください。当店の考え方です。

————–

お知らせ

2019/10より消費税が10%に上がりました。カービューティープロ札幌ドーム前はお客様の実質負担額を抑えるため早くにキャッシュレス登録を済ませております。決済方法は各クレジットカード、楽天ペイ・AUペイ・PAYPAYがありますが、各社還元キャンペーンを行っております。


下記2点は最低の施工環境ですのでご留意頂ければ幸いです。

お盆過ぎの北海道はひと雨ごとに気温が下がっていきます。16度以下ではガラスコーティングの施工はNGです。


 

コーティングはガソリンスタンド、ディーラー、専門店等様々な場所で施工しておりますが、単なる塗るだけのコーティングなのか?下地処理をどこまで考えるかで方向性が違います。これは専門店であってもかなりの開きがあります。
例えばどの様にお車を洗うのか?
何で洗うのか?
どの様な環境で洗うのか?

そのプロセスが非常に大事です。

コーティング施行とも被りますが、基本の洗車で大切な事です。

環境


温水

またコーティングの効果を上げるためのパネル温度を上げるのです。

北海道特有の汚れがありますので汚れに合わせた洗浄剤を使用します。

ディテール洗浄

ブラックは判りにくいので写るポイントだけですが作業イメージです。

↓↓↓↓↓↓↓

お車を傷めない事は当然ですが、しっかりした理論を行う事で無駄な時間の洗浄を避けます。

 

丁重に裏を返せば引き出し量が低く、何事も時間が掛かり過ぎるケースもあるかと思います。特に車業界は仕事の遅い方ほど工賃を取るケースがありますので、見極めが必要かと思います。

 

 

パネル温度を上げる目的と汚れを落しやすいよう、また時間をあまり掛けないよう温水を必ず使用し洗浄を行います。特に冬期間の塩カルには冷水では除去に時間がかかります。

時間を掛ける事でしっかり洗えると思われがちですが、業務ではしっかり洗うとこは当たり前。

いかに速やかに洗浄を終えるかが大切です。

 

特にブラックのお車は時間を掛けてじっくり行っていると無用なスケールの固着をウィンドウ面や塗装面、ドアの戸袋へ招きます。また塗装面はスパッと終わらせないと研磨量を多くしなければならなくなります。

温水を利用した洗浄

何度も言っておりますが北海道のコーティング作業では必須です。

専用クリーナーを使い、液剤で取れる汚れは液剤でを心がけます。

研磨量を抑えることが出来ますし、最終的には研磨時間の短縮となります。

非常に大切なマスキング処理

マスキングはきちんと仕事をするための心意気でありおもてなしの心です。汚いマスキングの場合は当然ながらしっかり仕事をしようと言う配慮に欠けますので良い仕事は出来ません。

 

コーティング施工の際はワイパー部分の保護をしているか、していないかの確認が重要です。

ワイパー部分は確実に守るのは常識! その場合は新聞紙の使用はNG。それは紙のエッジの部分で塗装面へ傷の入りを懸念するからです。腕の良い板金修理工場職人さんは必ずこの方法を取ります。

 

ヘッドライトも確実に保護しているか!

ヘッドライトリペアを行っていて感じる事は、お車に差がある事。新車時のコーティングの際にマスキングを行わずヘッドライトにバフが接触し、ハードコートを攻撃したからこそ年数が経ったときに不自然な傷み方になると確信しております。ヘッドライトに不具合を感じた場合は過去を思い出してみてくださいね。

PRO ohmiya

元々は皆さんと同じコーティング店を利用する立場でありましたが、盗難に遭いやすい車種の入庫情報を公開されたり、隙間にはコンパウンドべったり(今思えばマスキング不良でした。)また車内はなぜかタバコ臭と嫌な思いをしたものです。車の作業は見えませんが、なるべく画像を公開し自身が思った事、感じたことをお客様目線で公開するようにしております。

コーティング業、中古車納車仕上げの内外装美装等 様々な業者で働きましたが、慣れてくるとマスキングの手を抜く業者の多い事‥。角の色が抜けたり樹脂パーツの干渉、また磨くための必然を理解しない場合は端々が汚く貼られるケースが多く散々な現場を見てきました。しっかりマスキングを行おうとすると時間がかかるので上司から注意が入る職場も正直ございました。

 

カービューティープロ札幌ドーム前ではマスキングをしっかり行う事は良しとされているので(怒られるので)、キワまで安全に攻める事が出来ます。

 

20年の研磨職人T
イナガキと申します。前職は東京の海運会社コーティング施工部門でヤナセ世田谷等で現場リーダを務めておりました。マスキングを行うのは当たり前、しっかりと保護を行い大切な愛車を守ります。

inagaki

マスキングの必要性

このマスキング処理はカービューティープロ札幌ドーム前では重要な位置づけとしております。

余計な外光は塗装面をボカシてしまう為シャットアウト

力率の高い光源はクオリティーの高い研磨には絶対に必要です。

様々な明かり(シャッターを開けてや屋外での作業など信じられない行為)や力率の弱いLED光線では塗装面がしっかりと見えません。

中古車屋さんやディーラーさんの屋外で磨いている光景を目にしますが、チリの舞う屋外での研磨作業は車を大切に扱うと言う心根からは程遠いと思われますので、購入の際には注意する事が望ましいかと思います。またコーティング屋さんでもシャッター開けっ放し、屋外での出張作業など利便性のみで考えられる信じられないケースもあります。

以下、1stポリッシュ(荒い研磨)に付き、モヤ付きが見えますが、その後の仕上げ作業でしっかりと美しく変貌します。

もの凄いミガキ傷です。

↓↓↓↓↓↓↓

 

↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓

 

拡大

左前フェンダーは再塗装されてますが、その後の深い傷が目立ちます。

ここもバフ傷(ミガキ傷)が酷い

↓↓↓↓↓↓↓

下地が出ている部分は除去は出来ません。

でも荒い研磨でもこれぐらいの復活率です。

↓↓↓↓↓↓↓

凄い傷痕

角度を変えて

↓↓↓↓↓↓↓

右前フェンダー

↓↓↓↓↓↓↓

右前ドア

↓↓↓↓↓↓↓

 

右後ドア

↓↓↓↓↓↓↓

 

右クォーターパネル

↓↓↓↓↓↓↓

いかがでしょうか?

陥没クレーターや深い傷は無理ですが、相当良くなってるかと思います。

この様に磨くと言う事は見える環境でなければ腕が良くても難しいのです。

もっとも、先の作業された方は見える見えないや環境云々よりも、そもそも技術的にどうなのか?と考えされられてしまいます。

研磨作業を依頼される場合のポイント

最低でもこれぐらいの力率の照明を導入していなければ研磨作業は芳しくないです。

 

どなたが見ても塗装面の状態が良く見えるかと思います。

これぐらい見えなければ画像にも映りませんし、どんなに腕が良くても磨き切れませんのです。

ましてや蛍光灯の下で磨くなどとんでもない話です。

傷をスポットライトで撮影し、アフター撮影でスポットライトを消してしまうケースもありますので注意が必要です。

 

非常に大事な【画像での研磨技術の見極め方】

 

 

洗車及び脱脂洗浄は当然の如く温水を使い、油分の除去はもちろんコーティングに不向きな低温状態を解消します。

青森県の超ベテラン「カービューティープロ・フォーマシャイン」太田PROのコメント

 

この工程を省略すると安価になります。が、脱脂不良のため定着が弱いので気温の低い北海道では芳しくありません。

洗浄

洗浄は通常の洗浄、汚れに対して適切なクリーナーを使用した洗浄、鉄粉除去洗浄、脱脂洗浄と最低でも4回行います。

【重要】施工スペースの温度・パネルの温度は25度がコーティング施工での目安です。

 

行わないことを(省略する事)を考えるのではなく、行う事を考えると全てに意味があるのです。

 

セラミックプロ9H認定施工店だけが使えるナノプライマーで最終処理を行いました。

脱脂洗浄後には水道のカルキやミネラル成分がどうしても塗装面に残ってしまいますが、このナノプライマーでクリーンかつコーティングの密着性が上がります。

東京などの都市部分ではカルキ成分が多く、また気温が高い事から純水を使用するケースは必要と思いますが、北海道での純水での洗車をされるお客様の塗装面を見る限りでは必ずしも良い状態と思えるお車はあまり見たことがありません。確かに効果はありますが、それ以前に適正な時間での作業が必須かと思います。つまり純水だからと安心してゆっくり洗う、ゆっくり拭き上げるではダメと言う事です。
何事も適正な時間が必要とです。

コーティングは低撥水タイプのスタンダードのベストセラー「PCX-V110」へトップコートを追加した2層式【アドバンスドコーティング】になります。

今回施工させて頂きましたPRO PCX-V110ガラスコーティングは濡れたような艶を演出し、塩カル等の耐薬品性に優れております。また低撥水性であるのでセルフクリーニング効果により洗車頻度を遅らせる事が出来ます。

この2層式は、当店では完全2層式と通常の2層式がありますが、完全と通常の違いはトップコートが硬化するかしないかです。完全2層式はベース、トップ何れも性質の違うガラスコーティングですが、アドバンスドガラスコーティングのトップは専用のトップコートではありますが硬化はしません。

 

硬化しないから悪いではなく、必要とする目的があるか否かが大切です。

 

 

このトップコートは様々な物を使われている事が多く、ガラスコーティングの場合は性質に合うものが求められます。

 

単なる塗れば2層程度の考え方でWAXを使用されるケースもありますが、ガラスコーティングとWAXでは似て非なる性質です。もっともWAXをトップコートに使う場合はベースコート自体が信頼性に欠けるものと判断しても良いかも知れませんね。

 

コーティングの無い時代を過ごしたからこそ、性質の大切さを体験しているのでこの様に思うのです。

コーティング剤について

「羊頭を懸けて狗肉を売る如く」怪しいコーティングが蔓延しております。詳しくは下記をご覧ください。

コーティングは信頼性のあるものを依頼しましょう。

当店のポリシーとしまして、出所がハッキリしているコーティングしか使用しません。これは、食品であれば産地や消費期限など当然の事ですがコーティングは明確な基準が無いためです。

 

札幌市ではセラミックプロ9Hの偽物が悲しい事に確認されております。

経歴詐称を行う人間が当店の模倣を行い非常に迷惑をしております。

施工にあたり環境も大事です。

店舗前および作業場の床が土及び砂利、シャッター開けっ放し、屋外、低温下でのガラスコーティング全て論外です。

【注意】コーティング施工時は作業ブース内温度は16度以上、またはパネル温度は24度前後を保つことは北海道で必須です。


 

詳しくは当店のこだわりもご覧ください

コーティングの焼付処理

塗装もコーティングも「どれぐらいの熱を吸収させ、冷やすことが大切で硬度が増します。」

 

ちなみにこの熱入れ、関東の知り合いのコーティング屋(スクールも行っている)に伺うと、作業の下手な人には熱入れはあまり行わないように指導するとの事です。

 

よく判ります。センスの部分ですから。

 

しかしそれが全てと思いこむようで困惑されておりました。

 

何でもそうですが物事には意味があります。

 

意味を理解できないから無難な方法を教えられるのであって、それ以上はセンスと努力が必要です。

 

一定のエージングを行い出庫しました。

コーティングは塗っておしまいではありません。

お車はすでに出庫しております。詳しくはこちらをご覧ください。当店の考え方です。

————–

にほんブログ村 車ブログ 車 洗車・コーティングへ
励みになりますのでワンクリック応援よろしくお願いします。

レクサス・GS350(202ブラック)

下地処理

研磨:ハードポリッシュ

ディテール洗浄:スタンダード(無料)

コーティング

アドバンスドコーティング(PCX-V110+TOPコート)撥水性低撥水、濡れたような艶、耐薬品性

 

オプション

ヘッドライトリペア

車内クリーニング PROコース


お客様より相談を受け、屋外でもハッキリとわかる外装の痛み。

202ブラックという事もあり年数も考えると当然と思えますが違和感がありました。

実際に入庫して確信へと。それがトップ画像です。

全体がミガキ傷だらけです。

陥没クレーターは仕方が無いとしてルーフ中央、フロントガラス側

明らかなコーティングの拭き残し

 

研磨の際は力率のある照明下で塗装面を捉えているか否かですが、機材、液剤にも札幌市において研究した材料と理論でしっかりと仕上げます。

 

磨くと言う事は見える環境でなければ腕が良くても難しいのです。

しかし紹介させて頂きました画像の様に、見える見えないや環境云々よりも、そもそも技術的にどうなのか?と考えされられてしまいます。

 

コーティングは低撥水タイプのスタンダードのベストセラー「PCX-V110」へトップコートを追加した2層式【アドバンスドコーティング】になります。

 

お客様の環境、使用状況を考慮しまして低撥水タイプを選択

 

この2層式は、当店では完全2層式と通常の2層式がありますが、完全と通常の違いはトップコートが硬化するかしないかです。

 

完全2層式はベース、トップ何れも性質の違うガラスコーティングですが、アドバンスドガラスコーティングのトップは専用のトップコートではありますが硬化はしません。

 

硬化しないから悪いではなく、必要とする目的があるか否かが大切です。

 

 

このトップコートは様々な物を使われている事が多く、ガラスコーティングの場合は性質に合うものが求められます。

 

単なる塗れば2層程度の考え方(1+1=2方式)でWAXを使用されるケースもありますが、ガラスコーティングとWAXでは似て非なる性質です。もっともWAXをトップコートに使う場合はベースコート自体が信頼性に欠けるものと判断しても良いかも知れません。

 

本来ならば汚れの付きにくいガラスコーティングですが、油分をトップコートに使う事によって、静電気の発生や油分は油分を呼び寄せる事(親油性)で汚れが多くなる傾向になります。

 

ちなみにワックスはヘッドライトへ塗布しますと痛みが促進されます。

 

これは洗車機でのWAX洗車も同じ理由です。

 

しかし塗装面も紫外線での痛みが促進されますので、簡単に艶が出るからと言って屋外駐車の方や長期で所持されるお車には使われない方が賢明と思います。

 

コーティングの無い時代を過ごしたからこそ、性質の大切さを体験しているのでこの様に思うのです。

では、なぜWAXなのか?

硬化するのに時間がかかるために初期硬化不良の可能性が強い
遠赤外線ヒーターが無い為、硬化できないのでスケールの固着が目立つ
温度が低い状況での施工

湿度が高い状況での施工

そもそも北海道の気候に合っていない

と考えられます。

 

環境に合わなかったコーティング

 

 

 

洗車セットを使って頂きますと良い状態が長続きしますので是非ご活用ください。

札幌市豊平区よりアドバンスドガラスコーティング2層式撥水性低撥水のご利用ありがとうございました。

 

いいね!と思われましたら評価頂けれると嬉しいです。


USトヨタ施工例

レクサス施工例

202ブラック施工例

アドバンスドガラスコーティング施工例(2019年よりタグ付け)

 

カラー別施工例

合わせてお読みください。

全てが施工の上大事な事ですが、その中で研磨についてピップアップ

お手入れ

キャンペーンのお知らせ

https://pro-sapporo.com/blog/category/notice/campaigns/

——————————————————————

SPGコート(完全2層式ガラスコーティング)

同車種2台目まで単層式コーティングと同額で施工できるチャンスです♪

フェイスブック クーポン 及び口頭でお伝えください。

コーティングの考え方詳しくはこちらご覧ください。

入庫されたお車で気が付いた点

※※※※※※※※※※※※※

セラミックプロ 9H 認定施工店

2019年 東京モーターショー出品車 施工技術協力

2018年 札幌モーターショー出品車 施工技術協力

2017年 東京モーターショー出品車 施工技術協力

2015年 東京モーターショー出品車 施工技術協力店

2014年 札幌モーターショー出品車 施工技術協力店

2013年 東京モーターショー出品車 施工技術協力店  

※※※※※※※※※※※※※

カービューティープロ 札幌ドーム前
〒 062-0051
札幌市豊平区月寒東1条17丁目4番29号

TEL  :011-799-0865

ホームページ

店長ブログ

新店長ブログ

フェイスブック

インスタグラム

こちらの記事もどうぞ