2021/10 メルセデス・AMG GLC63S 十勝より世界的コーティング セラミックプロ9H他のご利用ありがとうございました。 

お車は本州より展示車両を購入され、北海道までの陸送を行い当店でそのまま入庫となりました。
お客様が実際に把握している傷等を確認させて頂き、セラミックプロ9Hの施工となります。
施工内容
セラミックプロ9H 2レイヤー
トップガラスコーティング 1レイヤー
エンブレム除去
ウィンドウウロコ除去、撥水コーティング
メッキモール研磨、コーティング(ウィンドウ、ルーフレール)
下回り防錆塗装(クリア)
レザーシートコーティング
シート、フロントドアトリム、センターコンソール、ステアリング
車内 PRO Q2による抗菌コート
※様々なご依頼でしたが、画像があまり残っておりません。
エンブレム除去、ディティール洗浄
展示車両とは言えメルセデスのリアガラス下部は水が溜まりやすい為、汚れが蓄積されております。
ナンバープレートのベースも外し洗浄してます。
メッキモール及びルーフレールはメルセデスの場合は固着ではなく変質しているので研磨に工夫がいります。
窓ガラスウロコ除去も、そうとうお車が汚れるので初めの時点で作業を行い、最終処理、および撥水コーティングは最後に行います。最終処理は脱脂洗浄も当然ながら、ガラス用コンパウンドにて油分及び油膜の除去の徹底を行うんです。つまりウロコ除去とは別工程とお考え下さい。
これは作業効率を考えれば、窓ガラスは初めにコーティングを行った方が早く仕事が終わりますが、ウィンドウ撥水コーティング後にボディーの研磨を行うことによるバフの干渉による剥離、または脱脂洗浄時に撥水基を攻撃するからです。
これはアルミホイールコーティング作業も同じで、研磨後に強力な脱脂洗浄を行うので撥水基を傷めてしまうからです。
作業順番は非常に大切であり、ちょっとの事でもコーティングを施工する者として当たり前の手順でなのです。
これ非常に大事です。

 

研磨の為の養生(マスキング処理)

 

非常に大切なマスキング処理

マスキングはきちんと仕事をするための心意気でありおもてなしの心です。汚いマスキングの場合は当然ながらしっかり仕事をしようと言う配慮に欠けますので良い仕事は出来ません。

inagaki

ポイント

ヘッドライトをしっかり養生しているか?

ヘッドライトには紫外線から守る為のハードコートが塗られておりますが、年数が経つと黄変・白濁します。

 

コーティング施行時においてはボンネットやバンパー処置中に誤ってハードコートを磨かれてしまう事を防ぐために保護しておく必要があります。

 

ここを疎かにしてしまうと、その時点では問題が無いように見えても劣化速度が加速されます。

 

※特にポルシェのハードコートはあまり強くはありませんのでしっかりと保護が必要です。

 

ヘッドライトリペアを行っていて感じる事は、過去他店にて研磨された車ほど痛みが見受けられる点です。コーティングの際にマスキングを行わずヘッドライトにバフが接触し、ハードコートを攻撃したからこそ年数が経ったときに不自然な傷み方になると確信しております。ヘッドライトに不具合を感じた場合は過去を思い出してみてくださいね。

 

ワイパー部分の保護

こちらを新聞紙での保護はNG(保護目的では最低限ですが、エッジ部分で塗装面に傷が入ります)

 

たったこれだけの情報ですが、大切なお車をお預かりする上で、何を目的(目先だけの作業か?、数年先の痛みを考えてなのか?)にしているのかが判る画像かと思います。

 

 

 

ワイパー部分は確実に守るのは常識! その場合は新聞紙の使用はNG。それは紙のエッジの部分で塗装面へ傷の入りを懸念するからです。腕の良い板金修理工場職人さんは必ずこの方法を取ります。

コストの関係で新聞紙でワイパー部分を使うケースもありますが、新聞紙の様な紙はエッジ部分で塗装面に傷が入る可能性があります。大切な資産であるお車を守るのは過剰過ぎて何一つ悪い事はありません。

 

ちなみに、塗装屋さんで安価な場所は新聞紙、高価な場所はマスカー等の塗装面を攻撃しない素材を使います。

 

 

 

 

PRO Ohmiya
元々は皆さんと同じコーティング店を利用する立場でありましたが、盗難に遭いやすい車種の入庫情報を公開されたり、隙間にはコンパウンドべったり(今思えばマスキング不良でした。)また車内はなぜかタバコ臭と嫌な思いをしたものです。車の作業は見えませんが、なるべく画像を公開し自身が思った事、感じたことをお客様目線で公開するようにしております。
コーティング業、中古車納車仕上げの内外装美装等 様々な業者で働きましたが、慣れてくるとマスキングの手を抜く業者の多い事‥。角の色が抜けたり樹脂パーツの干渉、また磨くための必然を理解しない場合は端々が汚く貼られるケースが多く散々な現場を見てきました。しっかりマスキングを行おうとすると時間がかかるので上司から注意が入る職場も正直ございました。カービューティープロ札幌ドーム前ではマスキングをしっかり行う事は良しとされているので(怒られるので)、キワまで安全に攻める事が出来ます。

20年の研磨職人T
YCCS担当イナガキと申します。前職は東京の海運会社コーティング施工部門で勤務。ヤナセ世田谷等で現場リーダを務めておりました。硬い塗装のメルセデスはお手の物!経験台数が違います。マスキングを行うのは当たり前、しっかりと保護を行い大切な愛車を守ります。

inagaki

マスキングの必要性

ポイント

 

保護を行っていない=論外

新聞紙=大切なお車をお預かりしていると言う心に欠ける

 

PRO Ohmiya
たったこれだけの情報ですが、大切なお車をお預かりする上で、何を目的(目先だけの仕上がりか、数年先の痛みを考えてなのか)にしているのかが判る画像かと思います。

マスキングは手間も時間も掛かります。その大切なマスキングを行わないコーティングショップは必然的にマスキングを施工した車の画像をブログで載せることが出来ません。また撮影の場合はあまりのも簡素すぎるものやヘッドライトを無視している場合もありますのでしっかり確認しましょう!

 

 

 

 


【注意喚起】研磨を行う際は、だれが見ても判るように特殊照明は必須です。

 

 

※研磨には様々な光源が必要であり力率の高いものが求められます(後輩諸君へ 明るいだけの高精度LEDは展示用なのでNGです)

 

当店の特殊照明は研磨とコーティングの為に塗装面を見るための光源ですので完成画像はあまりきれいには写りません。

 

PRO ohmiya

力率の高い光源はクオリティーの高い研磨には絶対に必要です。

 

 

 

 

コーティング及び研磨には塗装面をしっかり見るための力率の強い照明が必要不可欠!

※精度の高いLEDは撮影には向きますが、研磨にはあまり芳しくありません。蛍光灯もしかりです。

 

 

お店選びの指針として頂ければと思います。

 

照明

蛍光灯

研磨技術の見極め

 

セラミックプロ9Hとは

セラミックプロ9Hの施工にあたり、資材のご紹介

 

向かって左から

 

ナノプライマー(下地処理剤 旧名ナノポリッシュ)

コーティングの定着剤を使い密着率を上げます。

使用するのはセラミックプロ9H認定施工店のみが使える「ナノプライマー」

 

 

セラミックプロ9H(ベースコート)

疎水性

最高硬度9Hの性能を持ちます。

 

 

トップコート(旧名 セラミックプロライト)

単体でも使えるナノセラミックス配合のコーティング剤。

セラミックプロ9Hのトップコートとして使う事で気持ちの良い撥水を演出

 

特徴

●長期にわたって塗装を保護
●簡単に汚れなどを洗い流せます
●優れた撥水性
●優れた耐候性・耐紫外線性
●高い光沢および色再現性

セラミックプロ9Hは不思議なコーティングで、光沢のないカラーは風合いを変えず、光沢のあるカラーは深みと発色を演じます。

 

 

セラミックプロ9Hイメージ

 

東京オートサロン2019セラミックプロジャパン

クリンテックサービスさんとテスラモデルXを展示されて頂きました!!


向かって左側には通常のガラスコーティングを施工
右側にはセラミックプロ9H 4層コーティングを施工
こちらの車両はお客様の大切なお車なので、ボンネットのみ新品に交換してコーティングデモストレーションを行いました!

セラミックプロ9H動画はこちら 

セラミックプロ9H表面に付着した汚れなどを除去

セラミックプロ9Hは不思議なコーティングで、光沢のないカラーは風合いを変えず、光沢のあるカラーは深みと発色を演じます。

 

ロシア戦闘機用に開発された圧倒的な耐久性を誇る次世代セラミックコーティングです。

 

セラミックプロのコーティング層を塗り重ねすることで、耐擦り性能、耐雨染み性能が向上し鏡面光沢は驚くほどの光沢を実現しました。

 

 

耐薬品性及び紫外線抵抗・アンチグラフィティ(落書き)、スクラッチ傷を減らすことができ他製品とは比較にならない、塗装を保護する常識を覆したセラミックコーティングとなります。





 

メインサイト

セラミックプロジャパン

 

札幌では最近「羊頭を懸けて狗肉を売る如く」セラミックプロ9Hの偽物の発生が確認されております。インターネットで誰でも買えるコーティング剤やソフト99のG-ZOXに紛らわしい名称を付け、また偽物の公的試験データ(盗用)を公表しているため非常に悪質です。コーティングは信頼性のあるものを依頼しましょう。

20年の研磨職人T
中古車業者及びキャンピングカー販売業者様等が世の中に存在しないコーティング詐欺(ネットで買える安価なコーティングにセラミック等の名称)にあっている可能性高いですので、施工依頼される場合は注意が必要です。

 

※よそ様の画像を盗用する悪徳業者が札幌市清田区に確認されます。技術力もなく嘘が多いので注意が必要です。有名であればあるほど、どさくさに紛れて商売する業者も多いので類似商標、公的文章の提出者、日時など詳しく調べられたほうが良いと思います。

 

 

セラミックプロ9Hは認定が必要です。

我々セラミックプロジャパンのPVです。

 

プライドとこだわりが無いからこそ類似商標ですが、こだわりの無い方にはセラミックプロ9Hは難しくて取り扱えません。

施工にあたり環境も大事です。

店舗前および作業場の床が土及び砂利、シャッター開けっ放し、屋外、低温下でのガラスコーティング全て論外です。

 

 

 

詳しくは当店のこだわりもご覧ください


 

北海道でコーティング依頼される時の最重要ポイント「コーティングの焼付処理が必須です。】

 

厳冬期及び気温16度以下における札幌市でのコーティング作業では必須の工程です。

 

 

 

 

この焼付処理は強制乾燥や加熱浸透法など様々な言われ方がありますが基本的に同じ作業です。

 

当店では腕の良い板金修理職人のアドバイスにより、ひと工夫を行っておりますので似て非なるものなのです。せっかくの熱源です有効に生かします。

 

熱を加えて何を行うかで硬度って変わるのですが、ただ単に温めるだけでは硬度はあまり出なく乾燥するだけです。これがレアチャーシューや燻製なら低温熟成で食べ物なら美味しいのでしょうが、車は工業製品ですので低温熟成(あま焼き)はあまり意味がありません。

塗装もコーティングも「どれぐらいの熱を吸収させ、冷やすことが大切で硬度が増します。」

 

行わない理由ではなく行う理由を考えます。

北海道でのコーティング作業では、この処理方法を行っているか否かが施工店選びの目安です。

 

 

コーティングは寒くても出来ます。

照明が無くても磨けます。

ヒーターが無くても出来ます。

 

しかし、定着や硬化、仕上がりを考えると全ての作業には必然性があるのです。

 

そこが簡易施工店なのか専門的ショップショップなのかの目安になります。

専門と言われていても、この機材が無い場合もありますし、関東有名ショップの画像を盗用し、無いにもかかわらず有ると公表している悪徳業者も札幌には存在します。

 

ご利用の際は照明・設備がホームページと乖離があるかの確認が求められます。

 

詳しくはコーティング施工で大切な事をご覧ください。

 

 

 

 

ちなみにZVW30プリウスの場合、税制の為に非常に販売台数が伸びた事がありましたが、その際にあま焼きのお車が大量に出回りました。当店ではあま焼きと思えた塗装面はヒーターで熱処理を行うときもあるんです。

 

またカーボンヒーターには様々な形がありますが、高性能な物は形が変わったり、タイマーがあったりと作業者が楽なだけでどちらかと言うと塗装業者様向けです。 シンプルイズベストです。

 

 

 

 


 

エンジンルームカバーもセラミックプロ9Hを施工しております。

 

 

この手のお車は流通頻度が高いので、のちのち手放されたれ次のオーナーの手に渡っても判るようにしっかりと耐熱ステッカーを貼っております。

 

 

 

レザーシートコーティング

 

 

使用頻度の高い運転席は3回塗り

 

 

 

他は2回塗りです。

 

 

ステアリング

 

センターコンソールソール

 

ドアトリム運転席・助手席も行いました。

 

 

 

 


一定のエージングを行い出庫しました。

 

【注意】コーティング施工時は作業ブース内温度は16度以上、またはパネル温度は24度前後を保つことは北海道で必須です。

 

 

コーティングは塗っておしまいではありません。

熟成時間(深夜)もエアコンにて温度管理します。

 

 

 

 


コロナウイルス対策

アルコールや次亜塩素酸での対策はよく目にしますが、車業界ではディーラーさん以外は意外と浸透していない現実があります。

 

その中で次亜塩素酸はアレルギーの原因になりやすいので注意が必要です。

 

カービューティープロ札幌ドーム前ではPRO液剤【Q-7】を使用しておりますので、同業他社様より対策のアドバンテージがあると自負しております。

 

 

こちら液材を使用し触れる場所、および車内へ噴霧し少しでも予防となるよう考えて実践しております。

 

 

 

 

 

ここで、完成画像と行きたいのですが

画像の紛失および撮り忘れでありません。申し訳ありません。

 

 

 

 

 

お車はすでに出庫しております。詳しくはこちらをご覧ください。当店の考え方です。

 

ここで注釈ですが、ブログ(施工履歴)を掲載するのはブラックボックス化する車業界を少しでも透明化し、お客様との相互理解のつもりで頑張っております。しかし、この記事はリアルタイムではありません。

 

上記、セキュリティーについても記載しておりますが、入庫時のお車を特定させない考え方がある為です。

 

 

次に「入庫予約とお車の保管(時間について)」ですが詳しく記事を書きましたので抜粋致します。

 

 

ご予約のお客様は順番にご案内致します。

 


励みになりますのでポチッとして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 車ブログ 車 洗車・コーティングへ
にほんブログ村


メルセデス・AMG GLC63S

セラミックプロ9H 2レイヤー
セラミックプロ トップコート 1レイヤー

エンブレム除去
ウィンドウウロコ除去、撥水コーティング
メッキモール研磨、コーティング(ウィンドウ、ルーフレール)
下回り防錆塗装(クリア)
レザーシートコーティング
シート、フロントドアトリム、センターコンソール、ステアリング
車内 PRO Q2による抗菌コート

 

十勝よりセラミックプロ9H のご依頼、誠にありがとうございました。


 

セラミックプロ9H施工例

 

メルセデス施工例

 

 

 

セラミックプロ9Hを2層(2レイヤー)、撥水性を強固にするためトップコートを1レイヤー施工させて頂きましたので合計3層コーティングになります。

 

 

セラミックプロ9Hは1レイヤー(1層)毎に硬度と光沢が増して行きます。

 

 

水の流れ方は疎水性ですが、今回はTOPコートを1層追加しましたので気持ちの良い撥水となっております。

 

 

洗車セットを使われますと良い状態が長続きしますので、ご活用いただければ幸いです。

念のためですがマイクロファイバータオルでのシャンプー洗車はご法度です。

 

マイクロファイバータオルはきれいな面を拭くための吸水性の良いタオルです。

かならず洗車用スポンジ「タイプA」をご使い下さい。

 

 

 

 お手入れ

※最近は粗悪な融雪剤が多量に撒かれてボディーへ固着してしまう事例も確認されております。

その場合はアルカリ成分が含まれたシ ャンプーは全く意味がなしません。

1,620円

カービューティープロの専用シャンプーはR-012(撥水タイプ)です。

洗車スポンジは216円で販売しています。

徐々に水垢が付着し水ハジキが悪くなってきたり汚れが目立ってきた場合はメンテナンスをお勧めします。

ご自身で施工される場合はセラミックプロ スポーツもしくはメンテナンス剤 R-115、またはR-511 ウォーターアドヴァンスを使ってください。

詳しくはこちらをご覧下さい。

撥水タイプのコーティングされている方

Ceramic Pro SPORT(セラミックプロ・スポーツ)

¥ 7,344

※こちらの価格には消費税が含まれています。

Ceramic Pro SPORT(セラミックプロ・スポーツ)はCeramic Pro 9Hのメンテナンスコーティングです。

Ceramic Pro 9Hの撥水性能を復活させ、ウォータースポットの防止や除去にも適しています。

また、Ceramic Pro 9Hのセラミック被膜の保護・強化にも効果的で長期間持続させます。


 

Ceramic PRO JAPAN FaceBook