2020/6 日産・GT-R(MY13)世界限定100台のカラー「ミッドナイトパープル」完全2層式ガラスコーティング「SPGコート」施工依頼 全体的に雨染みが多く一旦リセットでのご入庫でした。

 

新車時に5イヤーコートを施工されておりましたが、7年経過し雨染みの多さから一旦リセットでのご入庫でした。

 

雨染みは程度にもよりますがどのコーティングでも固着します。

 

その色が塗装と同色の様な異物感であれば簡単に除去出来ますが、白っぽいシミはあまり環境には合ってないと思います。

 

今回のGT-Rは前者の方でした。

 

7年間塗装面を守ってくれていた事に敬意を表し、しっかりとテコ入れしてMY20を超える輝きを演出します!

 

さてこちらのMY13モデルですが、カラーはミッドナイトパープル

 

R34GT-Rでも限定で2種類 R33GT-Rでもありましたが世界限定100台の希少なカラーです。

 

 

 

カービューティープロ札幌ドーム前では、お客様を尊重し、乗った事ないお車、所持した事の無いお車を知ったように書くことはありません。これは店長が自ら経験したことですが、オーナーより憧れている人や単なる車好きの方がうんちくは詳しいものです。そのうんちくをオーナーに語られたら‥あまり気分は宜しくないのではないでしょうか。なので専門家のインプレッションを貼っておきます。

完売確実!? ミッドナイトパープルのNISSAN GT-R「スペシャルエディション」は世界100台限定で1000万円超え!

お車はすでに出庫しております。詳しくはこちらをご覧ください。当店の考え方です。

励みになりますのでポチッとして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 車ブログ 車 洗車・コーティングへ
にほんブログ村


お知らせ

2019/10より消費税が10%に上がりました。カービューティープロ札幌ドーム前はお客様の実質負担額を抑えるため早くにキャッシュレス登録を済ませております。決済方法は各クレジットカード、楽天ペイ・AUペイ・PAYPAYがありますが、各社還元キャンペーンを行っております。

 

 

出来ることから始めよう!


下記2点は最低の施工環境ですのでご留意頂ければ幸いです。

お盆過ぎの北海道はひと雨ごとに気温が下がっていきます。16度以下ではガラスコーティングの施工はNGです。


 

まずはオプションのヘッドライトへのプロテクションフィルムをご紹介

 

ヘッドライトは黄変、白濁が徐々に発生して来ますが、これには様々な要因があります。

 

紫外線による劣化。
WAXの付着により紫外線を吸収。
コーティング施行に際にマスキングを行わないでハードコートを傷められた。

 

当該車両は7年目ではありますが保管状況が良く、ヘッドライトはまだまだ大丈夫です。

 

大丈夫な今だからこそ飛び石と紫外線対策でプロテクションフィルムなのです。

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ギリギリまで保護させるためにアフターカット
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
プロテクションフィルムについて

 

非常に大切なマスキング処理

マスキングはきちんと仕事をするための心意気でありおもてなしの心です。汚いマスキングの場合は当然ながらしっかり仕事をしようと言う配慮に欠けますので良い仕事は出来ません。

ヘッドライトを確実に保護しているか!

ヘッドライトリペアを行っていて感じる事は、お車に差がある事。新車時のコーティングの際にマスキングを行わずヘッドライトにバフが接触し、ハードコートを攻撃したからこそ年数が経ったときに不自然な傷み方になると確信しております。ヘッドライトに不具合を感じた場合は過去を思い出してみてくださいね。
コーティング施工の際はワイパー部分の保護をしているか、していないかの確認が重要です。

 

ワイパー部分は確実に守るのは常識! その場合は新聞紙の使用はNG。それは紙のエッジの部分で塗装面へ傷の入りを懸念するからです。腕の良い板金修理工場職人さんは必ずこの方法を取ります。

 

 

 

1stポリッシュ(荒い研磨)のためスッキリ見えませんがイメージは伝わるかと思います。

 

洗車傷、雨染み多数でスポットライトがボヤけてます。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

ちなみに使用している光源はホームセンターで売っているような明るいだけのライトでは無く、力率の強い光源です。

 

明るいだけのライトではこのように塗装面を映り込ませることは不可能ですので、無駄な研磨を行い、かつ余 り磨けません。

 

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

研磨作業を依頼される場合のポイント

最低でもこれぐらいの力率の照明を導入していなければ研磨作業は芳しくないです。

 

どなたが見ても塗装面の状態が良く見えるかと思います。

これぐらい見えなければ画像にも映りませんし、どんなに腕が良くても磨き切れませんのです。

ましてや蛍光灯の下で磨くなどとんでもない話です。

傷をスポットライトで撮影し、アフター撮影でスポットライトを消してしまうケースもありますので注意が必要です。

 

非常に大事な【画像での研磨技術の見極め方】

 

蛍光灯下では普通に見えても力率の強い特殊光源下では様々な物が見えます。

蛍光灯下での研磨作業は塗装面が見えませんので過研磨を招き、また研磨作業は時間が掛かります。

 

見えない=時間がかかる=しかし、しっかり磨けない=時間がかかるので工賃は発生する。

この様な図式です。

 

適正な研磨を行うためには良く見える照明(蛍光灯はNG)、しっかりした理論、環境が必要不可欠です。

 

コーティング屋さんでもシャッター開けっ放し、屋外での出張作業など利便性のみで考えられる信じられないケースもあります。

 

【注意】薄暗い施工場所で外光を入れた撮影方法や蛍光灯下ではきれいに見えてあたりまえです。

施工しなくても美しく見えます。

 

蛍光灯のみで研磨を行う、まったく何も考えておられない施工店も多いのでお気を付けください。

 

 

 

今回の研磨も札幌モーターショーセラミックプロ札幌(車の119番)様がフェラーリ、ランボルギーニを仕上げた際に使用された、札幌では当店と2店しか取扱いの無いスペシャルブランドを使用し少々突っ込んだ処理をしておりますので一般コーティング店の鏡面研磨以上に仕上がってます。

東京モーターショー、札幌モーターショーでの施工のためにより良い物、環境に合ったものを使用しますのでイベント施工はある意味技術の集大成と言っても過言ではありません。

 

 

 

コーティング

一般的な多層コートは

ベースコートにガラスコーティング、トップコートにシリコン系やポリマー系(中にはWAXと信じられない施工法)を使用されているものがほとんどです。

 

これはガラスコーティングの弱い部分を補うためとしての工夫ですが、単純に2層と言っても何を使われているかで判断された方が良いと思います。

硬化するか硬化しないか?見分け方は容器です。

コーティング剤について

「羊頭を懸けて狗肉を売る如く」怪しいコーティングが蔓延しております。詳しくは下記をご覧ください。

コーティングは信頼性のあるものを依頼しましょう。

当店のポリシーとしまして、出所がハッキリしているコーティングしか使用しません。これは、食品であれば産地や消費期限など当然の事ですがコーティングは明確な基準が無いためです。

 

札幌市ではセラミックプロ9Hの偽物が悲しい事に確認されております。

 

経歴詐称を行う人間が当店の模倣を行い非常に迷惑をしております。

施工にあたり環境も大事です。

店舗前および作業場の床が土及び砂利、シャッター開けっ放し、屋外、低温下でのガラスコーティング全て論外です。

 

撥水タイプの完全2層式ガラスコーティング「SPGコート TypeH」を施工させて頂きました。

 

SPGコートは、ベースコートに硬質なA液を使います。この1層目は塗装のすき間に浸透しがっちりと食い込み、TOPコートとの結合させるためのアンカー的役割を行います。

 

1層目エージング中

 

 

 

 

 

定着後、2層目(TOPコート)へ柔軟性を持った対すり傷性に優れたガラスコーティング「B液」及び「C液」を使うマルチレイヤータイプのコーティングになります。

 

 

北海道ではコーティングの焼付処理が必須です。

SPGコートは室温の管理を適正に行えば焼付処理を必要としませんが、まだまだ寒い北海道の昨今、熱を入れて悪いことは何一つありません。また厳冬期及び気温16度以下における札幌市でのコーティング作業では必須の工程です。

 

※この様なヒーターをコーティング施工時に使っているか?

※画像は他車両です。

 

行わない理由ではなく行う理由を考えます。

北海道でのコーティング作業では、この処理方法を行っているか否かが施工店選びの目安です。

 

コーティングは寒くても出来ます。

照明が無くても磨けます。

ヒーターが無くても出来ます。

 

しかし、定着や硬化、仕上がりを考えると全ての作業には必然性があるのです。

 

そこが簡易施工店なのか専門的ショップショップなのかの目安になります。

専門と言われていても、この機材が無い場合もあります。

 

詳しくはコーティング施工で大切な事をご覧ください。

 

 

塗装もコーティングも「どれぐらいの熱を吸収させ、冷やすことが大切で硬度が増します。」

 

 

 

一定のエージングを行い出庫しました。

コーティングは塗っておしまいではありません。

熟成時間(深夜)もエアコンにて温度管理します。

※大型の工場では難しい

 

 

 

 

お車はすでに出庫しております。詳しくはこちらをご覧ください。当店の考え方です。

————–

にほんブログ村 車ブログ 車 洗車・コーティングへ
励みになりますのでワンクリック応援よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日産・GT-R(MY13)世界限定100台のカラー「ミッドナイトパープル」

下地処理

研磨:ハードポリッシュ

ディテール洗浄:スタンダード(無料)

コーティング

SPG Cort Type-H(完全2層式ガラスコーティング、強撥水・艶・対すり傷・防汚・耐薬品性)

ヘッドライト:プロテクションフィルム

 


新車時に5イヤーコートを施工されておりましたが、7年経過し雨染みの多さから一旦リセットでのご入庫でした。

 

全体的に見受けられる雨染みと洗車傷を可能な限り除去

 

塗装面を平滑化する事で意匠性を高めます。

 

 

ミッドナイトパープルは見る角度によって黒、紫、グリーン、黄金色に変化するマジョーラカラーですが、しっかり研磨を入れることで強調され大変美しく輝きます。

 

コーティングは完全2層式ガラスコーティング「SPGコート」です。

 

 

最近よく質問がありますので、この場を借りてご説明させて頂きます。

 

本来ならば汚れの付きにくいガラスコーティングですが、油分やポリマー系をトップコートに使う事によって、静電気の発生や油分は油分を呼び寄せる事によって汚れが多くなる傾向になります。

 

 

WAXの場合は親油性、つまり油汚れを引き寄せます。ガラスコーティングは基本的には有機汚れを防ぐ効果がありますが、そちらに有機汚れを引き寄せるWAXの使用は本末転倒です。

では、なぜWAXなのか?

硬化するのに時間がかかるために初期硬化不良の可能性が強い
遠赤外線ヒーターが無い為、硬化できないのでスケール(白い固着物)が目立つ
温度が低い状況での施工

湿度が高い状況での施工

そもそも北海道の気候に合っていない

と考えられます。

 

環境に合わなかったコーティング

 

90年代はワックスの流行った時期ですのでご存じの方も多いかと思いますが、油分のため光沢が良く傷の隠ぺい効果もあります。

 

しかしワックス掛けの翌日ホコリまみれやちょっと走っただけでの汚れ方は親油性ならではです。

 

また、紫外線を吸収してしまう事により塗装面の痛みやヘッドライトの痛みを促進させる場合もあります。

 

※洗車機で良くWAX洗車を行う車はヘッドライトに液体ワックスが付着し黄変・白濁の原因となります。

 

これヘッドライトだけではなく塗装面も痛んでいるんです。

 

日光浴の際にサンオイルを塗って肌を焼くのと同じ意味です。

 

短期的な使用ではコストパフォーマンスに優れるWAXは良いと思いますが長期的に見た場合はあまり使用はするべきでは無いと考えます。

 

もし使われる場合は車庫保管など紫外線の浴びない環境が望ましいです。

 

 

SPGコートはベースに硬質なガラス被膜、TOPコートには柔軟性を持つガラス被膜を施工しますが1+1=2のただ単に2回塗る足し算方式ではありません。

 

ベースの液剤は塗装のに浸潤し、がっちり食い込む事と中間コートを科学的反応により定着させるバインダーとしての役割です。

 

1+1=3にも4にもなる様それぞれに意味と目的があります。

 

 

 

洗車セットを使って頂きますと良い状態が長続きしますので是非ご活用ください。

札幌市豊平区よりご利用誠にありがとうございました。

 

 

 


日産車施工例

 

GT-R施工例

 

限定車施工例

 

SPGコートの施工例

 

カラー別施工例

 

合わせてお読みください。

 

全てが施工の上大事な事ですが、その中で研磨についてピップアップ

 

撥水タイプのお手入れ

キャンペーンのお知らせ

https://pro-sapporo.com/blog/category/notice/campaigns/

——————————————————————

SPGコート(完全2層式ガラスコーティング)

同車種2台目まで単層式コーティングと同額で施工できるチャンスです♪

フェイスブック クーポン 及び口頭でお伝えください。

コーティングの考え方詳しくはこちらご覧ください。

入庫されたお車で気が付いた点

※※※※※※※※※※※※※

セラミックプロ 9H 認定施工店

2019年 東京モーターショー出品車 施工技術協力

2018年 札幌モーターショー出品車 施工技術協力

2017年 東京モーターショー出品車 施工技術協力

2015年 東京モーターショー出品車 施工技術協力店

2014年 札幌モーターショー出品車 施工技術協力店

2013年 東京モーターショー出品車 施工技術協力店  

※※※※※※※※※※※※※

カービューティープロ 札幌ドーム前
〒 062-0051
札幌市豊平区月寒東1条17丁目4番29号

TEL  :011-799-0865

ホームページ

店長ブログ

新店長ブログ

フェイスブック

インスタグラム